C イェグ

最終更新日時 2019年04月03日 (水) 23時22分02秒

基本情報

名前 イェグ
種族 不死
ジョブ ディフェンダー
召喚コスト 40
セフィラ -
タイプ ナイトゴーント
HP 450
ATK 70
DEF 70
PSY 60
武装
血晶武装
アーツ
CV 松岡禎丞
対象称号 私は虚空へ落ちる
<異形なる暗黒の神々>に関係する使い魔を使って50回勝利する。

アビリティ

状態 ボーナス アビリティ
召喚 なし なし
武装 なし なし
血晶武装 ATK+30
DEF+50
ティコティコ
自身が戦場にいる間、自ユニットのアルティメットレイドの効果時間が延びる。
ただし、アルティメットレイド効果中の自ユニットが死滅すると、自身も死滅する。

パラメーター

状態 HP ATK DEF PSY 備考
召喚 450 70 70 60
武装 500 100 100 80
血晶武装 550 170 190 110

修正情報

+修正履歴
修正履歴
Ver4.204(2018.10.31)にて、上方修正
武装ボーナス 血晶武装時防御力:+30→+50
Ver4.015(2018.05.31)にて、上方修正
ティコティコ レイド効果時間:約1.3倍→約1.5倍

DATA・フレーバーテキスト

+Ver4.1
Ver4.1
Ver4.1
No 不死:1-011
全長 2[meter]
重量 ………(じっと顔を見つめている)
思考 人間には計り知れない
特技 くすぐり
ノーデンス
立場 ナイトゴーントの長
イラストレーター Tomatika
フレーバーテキスト(カード裏面)
……何?俺 使う気?
フレーバーテキスト(LoV4.net)
夢を見た。

かねてから望んでいた異界へと行く夢だ。

眼下に雄大なインクアノクの大山脈が見える。目的地はきっとすぐ近くだ。

眼下――つまり私は空を飛んでいた。もちろん私に翼が生えて飛んでいるわけではない。翼が生え、腕を縛られた黒い人のような怪物が、私の肩を足で掴み運んでくれていた。

やっと来られた異界の景観に感動ひとしおであるものの、その感動を分かち合う者がいないというのがどうにも寂しく、私は怪物に話しかけた。

「やぁ、長い時間運んでもらってすまないね」

「…………」

「“あれ”はもうすぐかな?」

「…………」

怪物は無言で私の顔をじっと見るばかりで、言葉を発してはくれなかった。もしかすると、私の言葉がわからないのかもしれない。いや、そう考える方が自然というものか。

それもで私は話すのを止めず、怪物を見上げとりとめも無い話を延々を続けていたが、彼は眠そうな目でうんうんと頷くだけで、やはり一言も言葉を発してはくれなかった。

一抹の寂しさはあったものの、こうして運んでもらえているだけでも感謝しなければならないのだろう。

気持ちを新たに再び下を見下ろすと、いつの間にか巨大な山の頂に近づきつつあった。山頂付近になにやら巨大な『塔』が見える。

“目的地”なのか?――私は腹の底から込みあがる熱を感じ、体を震わせて高揚した。

「あれが……夢にまで見たカダ――」

「……うっ……」

「あはは、やった! やっとこられた!!」

「うふふ……」

怪物が声を漏らしていた。

「どうしたのかな……?」

「ふ……うふふふふ……うふはははははは!!」

私の夢が叶ったことを喜んでくれているのだろうか? 私にも、自然と笑みがこぼれる。

「あ、あははは!」

「うははははははは!!!」

ここまであれ程頑なに黙っていたのに、こんなに喜んでくれるとは、存外気のいい怪物なのかもしれない。

「は、はははははは、あははは!!」

「うは! うはははは! ぎゃーーーーははははは!」

高揚のあまりか、笑いが止まらなかった。いや、止まらない。本当に――笑いが止まらない……!

みると、いつの間にか怪物の腕を封じていたゴム皮のベルトのようなものが解け、怪物は私を“くすぐって”いた。

「あは! あはははは! な……何をしている!?」

先程まで異様に高ぶって笑っていた怪物は、すぅっと表情を鎮めて、

「……ティコティコ」

と言った。

「ティ……? あはははは! うは! あははははははははは!!!」

とても愉快で気持ちが良い。血が沸騰したかのような高揚と共に、笑い声が喉が裂けるかと思うほどにあふれ出してくる。このままでは、内臓が口から飛び出しそうだ。

気が遠く、薄くなっていき、視界が暗くなる。昇っているような、落ちているような不思議な感覚につつまれ、何かにすがるように怪物をみると――じっとこっちらを見つめていた。

「……あんた面白かったよ……ノーデンス様に合わせてやるね」

笑いが、止まらない。

脳内を大量の分泌物が満たしていく感覚――こうして、世界を超えるのか――私は、何を目指していた――カダス――深淵が、近い。


どうか、楽しい夢でありますように。
+Ver4.2
Ver4.2
Ver4.2
No 不死:2-019
全長 2.0[meter]
重量 ………(眠そうにしている)
思考 人間には計り知れない
主な生息域 ドリームランドのングラネク山
たまに雇われる ニャルラトホテプ
見ると虐めたくなる シャンタク鳥
イラストレーター Tomatika
フレーバーテキスト(カード裏面)
……何?俺 使う気?
フレーバーテキスト(LoV4.net)
はい……はい……めんどくせ……いえ、こっちの話っす……。

………………(じっと相手の顔を見る)。

………………(じっと地面を見る)。

…………眠ぃ…………。

あ……はい……どうでもいいっす……。

………………(もぞもぞと革帯から覗かせた手をじっと見る)。

………………ニャル? ………………くっせ。

………はい、長(おさ)っす………………ナイトゴーントの………。

………………(つま先を左右に揺らす)。

………………………………(それをじっと見る)。

……うっせ………………。

……うぜ………………。

…………黙れよ、ナイトゴーントども…………黙ってっか…………。

…………オレ長よ?

………………………………(鼻の頭が痒そうにしている)。

………………………………(何かに気付いたような顔をしている)。

………………………………(相手の鼻をじっと見ている)。

…………辛い?

……………………甘い?

うる…………ふっ……なにそれ? なにその鼻の形………。

あ…あは……あははは! ぎゃはははは!!! すげぇ!! イケてんなぁそれ!!!!

気に入った!! 気に入ったよ、あんた!!! なぁ! ティコティコしようぜええええええ!

………………あ…………………。

………………………………(突然全てに興味を失ったように、ダルそうな目をしている)。

………………とまぁ、世界?………ってのはオレにとってそんな感じっす。

…………眠ぃ…………。


~『ナイトゴーント』に同盟を持ちかけた際のひとコマより~

セリフ一覧

+通常版/Ver4.1、Ver4.2
通常版/Ver4.1、Ver4.2
召喚
武装
召喚 ……何?俺 使う気?
武装 チッ…ねぇ 邪魔
通常攻撃 壊れちゃえ
タワー制圧 ふあぁ……あ、やべケツ痒ぃ…
ストーン破壊
死滅 あ これ死んだわ
血晶武装 血晶武装 アァァ…イクわ これスッッゲェイケルわ!
通常攻撃 ギャッハハハハハハ!!
タワー制圧 ティコティコだよぉ! くすぐってやんな ナイトゴーント共ぉおお!!
ストーン破壊 ギャハハハ!痛ぇのかよぉ!嬉しい方がいいだろ〜!?
死滅 アハハハハハハッ!!アハハハハハマージくすぐってえわ!!
サポート Ver4.1 お前誰だっけ…?
Ver4.2 ティコティコしようぜぇ!!
+EVR
EVR
召喚
武装
召喚 こんちは〜…イェグ・ハっす……なんか用すか?
武装 あぁ、ナイトゴーントの長やってるっす
通常攻撃 だりぃ…
タワー制圧
ストーン破壊 ノーデンス様ー、これでいいっすかー?
死滅 はい死んだー
血晶武装 血晶武装 はははは……ナイトゴーントの長やってるっすわぁ!
通常攻撃 はい!一緒に笑って!ギャハハハハ!
タワー制圧 オレは長なんだ…なんだっていいだろうが…!
ストーン破壊 オレは好きなことをやる……!1万時間笑い続けるか、10万時間寝続ける…
死滅 んぎゃっ! とりあえず寝るわ…。…ふああぁ…。
サポート 長なので!

考察

血晶武装するとATKが170でDEFが190と40コストディフェンダーの中では高めの数値で、下手な50コストよりもスペックが高い。
不死の40コストディフェンダーには他にSR申公豹がいるが、あちらはスロウアタックを当て続けないとスペックが低いままなので、
あまり殴り合いで操作量を増やしたくない場合はこちらの方が安定するかも。

血晶武装アビリティは、自身が場にいるとレイド効果時間が約1.5倍に延びるというもの。

イェグ自身にレイドをかけるのならどのタイミングでもこの血晶武装アビリティが腐ることは無いが、
イェグが血晶武装する前に、他の使い魔でレイドを使用してしまうと、アビリティに全く意味がなくなってしまう。
緊急避難的にアルティメットレイドが試合序盤で使用されることは割と多いが、イェグ使用時にはそれは避けたい戦法となる。
イェグを使う場合は、レイドなしでタワー戦をある程度こなせるようなデッキ構成と、慎重なタワー戦が求められるだろう。
また、レイド時間を延ばしたところで、ジョブ相性が悪かったりカウンターでレイドを使われれば結局ものの数秒で沈められてしまう。

一方、イェグが血晶武装した後ならば、血晶武装までもっていけてない使い魔をアルティメットレイドで無理やり強化して使っても、イェグのアビリティが活きてくる。
とくに高コストアタッカーなら殴り合いを避けつつ延長されたレイド効果時間を最大限生かして動き回れる。

キャラクター説明

クトゥルー神話に登場する怪物「ナイトゴーント」のリーダー。イェグ・ハとも。
ナイトゴーントとは旧神ノーデンスに仕える使い魔達で、長い手足とコウモリの羽根を持つ。
上位存在の命令を受けて行動し、敵や獲物には強力なくすぐり攻撃を行う。
字面はふざけているようだが侮るなかれ。彼らのくすぐりは文字通り「死ぬ」程笑わせられるし、魂を深淵へと引きずり込む精神攻撃でもある。

部下であるナイトゴーントは過去作で登場済み。上司であるイェグも彼らと同じように身体を拘束し口元に轡を嵌められた姿をしている。
だが血晶武装後は拘束具と轡をキャストオフ。巨大な翼をはためかせアグレッシブに飛び回る。
セリフも口数が少ないダウナーな性格から大声で笑い続けるハイテンションな性格へと変わる。

担当声優の松岡 禎丞氏はゲストキャラのトルフィンも担当。
過去作では同じくゲストキャラであるベルを担当していた。


+編集用コメント *編集が苦手な方はこちらへ情報提供お願いします
名前:
コメント:
  • 余りにも当Wikiやゲームから逸脱した無関係な雑談や、誹謗中傷めいた暴言、ページに関係ないコメントはおやめ下さい。
  • wikiは不特定多数の人が利用する場です。プレイヤーの個人名や所属ギルドなどを書き込む行為は慎んで頂きますようお願いします。
  • 個人的な日記として使用するのも控えて下さい。
+コメント *雑談や使用方法などの相談にご利用下さい
  • 70コスがレベル3レイドした時の時間が
    30カウントから39カウントでした -- 名無しさん (2018-01-03 15:57:14)
名前:
コメント: