ヴィゾフニル (C)
人獣 023 名前 ヴィゾフニル
コスト 10 種族 人獣
HP 450 ATK 45
DEF 15 移動速度 4
攻撃対象 単体 攻撃属性
弱点属性 スキル なし
サポートスキル Wレジスト
特殊技 輝く尾羽 分類 弱体
特殊技効果 範囲内の敵全ての攻撃力を一定時間下げる。
さらに、味方のアルカナ残量が少ないほど効果が上がる。
効果範囲 前方・円状
イラストレータ 山宗

DATA
全長 4.8[meter](尾含む) あのやかましい雄鶏を黙らせるにはレーヴァなんたらいう
枝だか杖だかが必要で、それを手に入れるにはあの雄鶏の
尾羽が必要なんだとよ。

なんだよ、この謎かけ。ただの嫌がらせじゃねえかよ。
趣味 120[kg]
最高速度 70[km/h](滑空時)
縄張り 世界樹の頂き
寿命 世界の終わりまで
好きなもの ミミズ

考察
10コス唯一の光属性かつ4速と採用率は高め。
サポートスキルのWレジストも優秀。不死戦以外でも控えのプロとして働いてくれる。
特殊技は条件付範囲ATK低下
(自軍のアルカナストーンゲージが少ないほど効果が上がる:アルカナストーンゲージ満タン、2/3、1/3、ぎりぎり:ATK-20%、-30%、-40%、-50%、2C)
アルカナが1:1になった時にチェシャ猫と合わせると敵パーティーのATKが全部10以下というシュールな光景が見られる。
ちなみにチェシャ猫の特殊は同時間で常に-40%。基本はチェシャ猫を採用していこう。

余談
ヴィゾフニルは世界樹ユグドラシルの頂点にいる光輝く雄鶏で、神々を眠りから覚まし悪霊たちを追い払う鬨の声を放つ。
「レーヴァなんたら」とは北欧神話に登場するレーヴァテインのこと。
テキストと同様の謎かけが神話にも登場している。