使い魔考察/海種/verRE2




ヴィヴィアン(UR)
考察
自身の前方にシールドを展開する。
(展開時間5C)
貯まる時間は3C強

シールドの性質
  • シールドはHP400の弱点なしDEF80で一部を除く特殊の対象とならない。
  • シールドはヴィヴィアンの約1キャラ分離れた前方に位置するようにカード移動や向きの変更に合わせて移動する。
  • シールドの破壊か展開が終了した時点で特殊ゲージがwaitへと移行する。
  • シールドがサマエルの罠に触れると、何故かサマエルの罠が不発となる。

特殊は自身の前にシールドを展開するもの。
シールドといってもアルカナストーンシールドを召喚するわけではなく、連れまわせる防壁を展開する。
シールドは単攻の敵に対して圧倒的な効果を発揮してくれる。
複攻や拡散を防ぐことは難しいが、攻撃の誘発やダメージの分散には使えるため、パーティ全体の被ダメージをいくらか減らす効果はある。
純粋な性能では、高ATK、4速単攻、TゲートにWサーチ、と人獣にも居ないような超前向きスペック。
余計なことを考えず、真正面から漢(おとめ)らしく戦わせた方が活躍が期待できる。

余談
「湖の乙女」といえばアーサー王伝説においてランスロットの育ての親であったり、エクスカリバーをアーサー王に渡したりした女性の呼称である。エレインとなっている資料もあるが、ヴィヴィアンとなっている資料もあり、複数いたと考えられる。
データ

ディーナ・シー(SR)
考察
ゲート封印数に応じて効果が上がる味方複数のATK、DEF、移動速度強化。
ゲート封印数 ATKとDEF増加量 速度増加率 効果時間
0 +7 移動速度+?% 3C
1 +15 移動速度+?%
2 +30 移動速度+?%
3 +40 移動速度+?%

特殊は自身や味方の死滅のリスクなしでATK、DEF、移動速度を一度に上げる事ができる。
しかし、強化条件である敵ゲートの封印を1つもしていない状態だとその効果は雀の涙。
まともな効果を得るためには最低でも1つはゲートを封印する必要がある。
一緒に組む使い魔としては遠距離ゲート封印ができるリヴァイアサン双輪の精華、ゲート封印によって効果が強化されるわだつみが最適だろう。
余談
アイルランド地方の伝承に登場する妖精。様々に姿を変えたり、病気を治したりできる。
王と女王が存在しており、人間のような社会性を持って生活しているらしい。
宴会やパレードが好きで、特にケルト人の祭りであるベルティネ祭とサウィン祭を楽しみにしている。
テキストに、禁忌で「その名を呼ぶこと」とあるが、これは彼女らがその名前を呼ぶと怒って嵐を起こして人間の花嫁や赤ん坊をさらったり、植物を枯れさせてしまうかららしい。
そうさせないためにあえて「良家の方」「善い人」「小さな精霊たち」「おちびさん」などといった遠まわしな呼称を用いらなければならないようだ。なんともめんどくさい妖精。
また、怒らせてしまった場合は牛乳を与えると大人しくなるらしい。
データ

【祝福】テティス(SR)
考察
Lv制単体回復と回復量と同量のHP上限追加。
ライフ回復量(HP上限追加量)
海種 他種
Lv1 100回復 10回復
Lv2 150回復 60回復
Lv3 200回復 110回復
Lv4 250回復 160回復
貯まる時間は7C弱
HP上限の追加は効果対象が死滅するか特殊解除を受けるまで永続。
【祝福】テティスの特殊によるHP上限追加がされていた場合、HP上限追加量は後から使用されたものが適応される。
(Lv4のHP上限追加が付加されている対象にLv1の特殊を使用した場合、HP上限追加はLv1のものに変更される)

拡散のための特殊を携え返ってきた我らの女神が単体回復の特殊技を引っ提げて生まれ変わった。
但し、その回復量はLvが低いうちはあまり高いといえない。しかし、この特殊の真価はHP上限追加にある。
上限追加は永続するに特殊Lvを上げていけば体外の使い魔がHP600を突破する。
ただ、対象が死滅すれば上限追加も消える上に、特殊解除でも消えてしまうので過信は禁物。
純粋な性能ではコスト10にしてガードもちの炎複攻と海種のコスト10の中でも戦闘能力は高い。
故に他の単体回復特殊持ちと同じ運用でも問題はないが、出来れば戦闘にも参加させたいところ。
無論、特殊の性質から親の仇のように狙われることが多いので無理はさせないようにしよう。

余談
前々作を含むと3枚目のテティスだがやはり特殊技は『波紋』…そしてあのExボイス…Jo○oが頭をよぎった人は少なくはない筈。
データ

サーガ(R)
考察
Lv制の敵単体のDEF吸収と吸収対象への自身の通常攻撃範囲の自動調整付与。
DEF吸収量 効果時間
Lv1 DEF30吸収 4C
Lv2 DEF40吸収
Lv3 DEF50吸収
Lv4 DEF60吸収

特殊は単体DEF吸収。相手のDEFを低下させる上に高ATK拡散が当たるように向きを自動で合わせてくれるので、単体落としに最適。
さらにDEF吸収量は%ではなく定数なので防御力の低い傾向にある人獣や魔種には特に効果が高い。
なお、自動調整効果は攻撃方向を操作する特殊効果中だろうが相手が不可視だろうが確実に効果対象を狙う。
しかし、それは特殊効果中は追撃してくる敵から逃げることが困難となることも意味するので戦闘のための特殊として割り切る必要がある。
同じ炎30コスト3速シールド持ちにキャンサーがいるが、あちらに比べてかなり戦闘向きの特殊を持っているので、その辺りを考慮してデッキを考えよう。

余談
北欧神話における詩の女神。オーディンの血族からなるアース神族の中では、オーディンの正妻である女神フリッグに次ぐ第2位の女神とされている。
共通点の多さから、そのフリッグとは同一視されることもあるという。
裏テキストにもあるセックヴァベックは、彼女の住む宮殿の名前で水の底にあるとされている。彼女が海種の所属なのはこの辺りが影響していると思われる。
また、同じく裏テキストに酒関連の話が多いが、これは彼女がセックヴァベックでオーディンと共に毎日のように酒を浴びるように飲んで楽しんだ、という話から来ているのだろう。
データ

オケアノス(R)
考察
自身の残りHPに応じて効果の上がる味方2体へのATK強化と特殊ステルス付加
残りHP ATK増加量 効果時間
HP589以下 ATK+20 2C
HP639以下 ATK+40
HP689以下 ATK+60
HP690以上 ATK+80

効果は自身の残りHPによって変わるのだが、最低でもHP590はないとATK強化としての効果は最低限。
特殊の効果を最大限に生かすには特殊で最大HPを増やせる【祝福】テティス雪の女王が必須となる。
ただ、同時に付加される特殊ステルスが強力なのでATK強化はオマケと割り切って使うのもアリだろう。
なお、3速シールドでもあるので制圧戦でも活躍できる。
VerRe2.1:効果時間が短縮

余談
ギリシア神話のティターン12神の一人であり長兄に当たる。
同じく12神のテテュスと結婚しており、Ver2.5で登場したクロノスとは兄弟。
その名は『外洋』を意味しており、黒海・地中海以外に当たる大いなる海神である。
嫁のテテュスとは三千にも及ぶ娘を産ませた後に、三千にも及ぶ河神の息子を生ませた。
イラストに描かれている彼の隣にいる女性は嫁のテテュスだろうか。
オリンポス神族とティターン神族が争ったティタノマキアでは、娘をいち早くゼウスの下に降伏させている。
なお、間違いやすいが嫁はテ”テュ”ス。LoVにも出ているテ”ティ”スは孫娘にあたる。
データ

ニクサー(R)
考察
対象コストが高いほど効果の強化される敵複数のATKとDEF低下。
対象コスト ATK低下率 DEF低下率 効果時間
コスト30&主人公 ATK-50% DEF-45% 2C
コスト25 ATK-40% DEF-35%
コスト20 ATK-35% DEF-30%
コスト15 ATK-25% DEF-20%
コスト10 ATK-20% DEF-15%

特殊は低コストに対しては効果が期待できないものの、高コスト及び戦闘で必ず参加してくる主人公に対してはかなりの効果を発揮してくれる。
効果範囲も癖がなく使いやすいので他の弱体特殊と組み合わせれば高コストは勿論の事、低コストも脅威ではなくなるだろう。
一方で基本性能は戦闘力が高いとは言い難いので他の使い魔の補助役としての活躍が主となるだろう。

余談
前作のあのイケメン人魚が帰ってきた。
イラストでは貴族調の服を着ているが、やはりゲーム中では半裸・・・・・・
そしてボイスが何故かお姉キャラっぽくなっており(色んな意味で)残念である。
画集:金によれば、RE2のイラストが人を惑わす時の仮初の姿で、Ⅰのイラストが、彼の正体である。
データ

【奏楽】ラクシュミー(R)
考察
ATK低下付のLv制光リャンダメ
ATK ATK低下率 効果時間
Lv1 ATK120 ATK-20% ?C
Lv2 ATK150 ATK-30%
Lv3 ATK180 ATK-40%
Lv4 ATK220 ATK-50%

追加効果付きのため、威力はコストの割に控えめ。
しかし、ATK低下は汎用性が高いので種族に関係なく最低限の効果は発揮してくれる。
特殊Lvを上げていけばダメージとATK低下の両方で頼れる特殊となってくれるだろう。
但し、彼女のみで不死を裁くのは厳しいので他にも光属性の使い魔を用意しておきたい。

余談
今度は全体強化ではなくリャンダメを打つことにしたラクシュミー。セッションが殺生に聞こえるとか聞こえないとか…。
データ

セベク(UC)
考察
任意起爆可能な時限爆弾を設置。
(無属性180ダメージ、設置可能時間10C)

  • 爆弾特性
    1. 特殊使用直後はカットインが発生する代わりに爆弾が設置される。
    2. 爆弾はミニマップを含めて相手にも視認可能。
    3. 爆弾は通常攻撃で破壊可能であり破壊された場合、不発となる。
    4. 爆弾はHP500、DEF50で特殊の対象と成らない。
    5. 爆弾が施設やアルカナに接していた場合、使い魔や主人公が触れていた場合と同様の効果を発揮する。
    6. 設置後10C経過か「READY」の文字が表示されてから再度特殊を使用することで起爆する。
    7. 起爆時に効果範囲にいた敵全てに180の無属性固定ダメージを与える。

海種に罠のような運用ができる特殊技が登場。
絶大な威力を誇るが、それ以上に視認可能にして破壊可能、時間経過で自動起爆という性質のお陰で罠としての運用するの極めて困難。
どちらかといえばオブジェクトとしての性質を利用して施設やアルカナの制圧を妨害することを目的に使用したほうが良いだろう。

余談
古代エジプトの神で豊穣の神。ワニの頭を持つ男性の姿をしているとされる。
古代エジプト王朝では時期によってはかなり熱心に信仰されていたらしく、その時々の王の名前に彼の名が入るほどであった。
河に流されたバラバラにされたオシリス神の体のパーツを拾い集めるのを手伝ったという神話もあり、後の時代にはラーと習合し太陽神として崇拝された。
しかしその一方で、危険な動物であるため嫌われているワニがモチーフとなっているため、地域によっては悪神とされていたらしい。
場所によって拝められたり嫌われたりと色々と大変な神様。
LoV1から数えると3体目のワニ。
データ

【守護】ヤクシニー(UC)
考察
敵サーチ封印中は効果が上がる複数ATK強化。
条件 ATK増加量 効果時間
海種 他種
通常時 ATK+30 ATK+5 2C
敵サーチ封印時 ATK+50 ATK+25

無印ヤクシニーの属性変更バージョン。
海種に過多気味だった光属性から海種にやや足りない炎属性になったありがたい使い魔。
ただし、無印ヤクシニーと比べて脆く単数攻撃であるのでデッキによって無印ヤクシニーとは使い分けていきたい。

余談
子供好き なヤクシニーにフックが言及したようです。
データ

スカイフィッシュ(C)
考察
全属性無敵。
(効果時間2C)

コスト15の大気の精霊のお株を奪う様な使い魔が登場。
ただ、特殊なしでは大気の精霊以上に脆い上にスキルも持たないので完全な戦闘要員と割り切る必要がある。
それでも低コスト故に死滅してもあまり痛手にはならないので誤魔化し要員として優秀な使い魔である。

余談
スカイフィッシュとは、写真や映像にのみ現れるUMA(未確認生物)。
棒のような胴長の肉体に帯状のヒレが三対ついている姿である。
この正体は、写真をとった際にピントを合わせていない距離を飛んでいる虫を捉えてしまったことによる残像という説が有力である。
データ

ニュック(C)
考察
味方複数の移動速度増加。
(移動速度+??%、効果時間2C)

海種念願の移動速度増加持ちが登場。様々なデッキを海種でも低速デッキの機動力の底上げに役立つ。
その汎用性の高さはフルフルが証明しているだろう。
その中でも特に強力な運用法がジョリー・ロジャーを用いた高速アルカナ運送。
アルカナ持ちのいるPTとは思えない速度で移動が可能となる。但し、実行の際には必ずジョリーの特殊を先に使うこと。
問題はニュックが光属性なのでジョリーと組ませた時点でコスト25を光に割くことになる。
更にアルカナ持ちをクローラーにした場合、光35コストを制圧用の使い魔に使ってしまうことになる。
幸い海種には全属性のアルカナ持ちがそろっているので、運送デッキ構築の際はよく考えて。

余談
元ネタは恐らく、北欧の民間伝承に登場する海、湖、川といった水のある場所に生息する怪物ニッカー。
その姿は後ろ向きにひづめがついた巨大な白馬、ハンサムな若者の上半身を持ったケンタウロス型の生物、赤い帽子をかぶった金髪の少年等様々。
基本的に人間に親切だが、馬の姿のとき上に乗ってしまうと乗った人間を水の底へと連れ去ってしまう。
さらに、人間との間で妻を望む個体もいて、それは愛情深い夫になるが裏切られたり軽蔑されたりすると容赦ない報復を行う。
また、鉄がニュックの力を封じることが出来ると信じられており、船の底に鉄のナイフや板を置く慣習もあった。
LoVにおいてニュックが鉄で自分を戒めているのもその伝承からきているのだろう。
データ

テンタクル(C)
考察
Lv制の複数DEF強化
DEF増加量 効果時間
海種 他種
Lv1 DEF+40 DEF+15 3C
Lv2 DEF+50 DEF+25
Lv3 DEF+60 DEF+35
Lv4 DEF+70 DEF+45

特殊はLv制以外に特殊な効果がないシンプルなDEF強化。
そのお陰かDEF増加量の割りに効果時間が長く、単純な殴り合いで使うなら海種のDEF強化持ちの中で一番最適である。
純粋な性能は海種の撃属性最高のATKにコスト10並のDEFを誇り、自身の特殊で補えといわんばかりの性能である。
無論、攻撃に特化しているので種族問わずダメージを与えることが出来るが、何も考えずに前に出すと一瞬で死滅するので特殊を使えない時には素直に後ろに下げておこう。

余談
イカだ!新しいイカだ!前々作のピュトンに喰われたの老水夫の最初に出くわした怪物と組み合わせて蟹に同じくイカ単パーティで出撃も可能になった。しかもこちらは種族もキッチリそろっている…がそれだけである。
データ


考察 *編集が苦手な方はこちらへ情報提供お願いします
名前:
  • やらないか - 阿部高和 2012-02-27 02:55:45
  • テティスの特殊で異種はLv2までしか検証してないけどうp、他微修正 - 名無しさん 2011-09-17 17:17:01
  • テティス異種に1レベやったら10しか上がらなかった - 名無しさん 2011-09-11 23:07:10
  • サーガの考察それを言うなら鉄壁だろwwあの巨乳に絶壁はないわ - 名無しさん 2011-09-11 02:23:41
  • ディーナ修正しておきました。 情報提供感謝です。 - 名無しさん 2011-09-08 22:36:42
  • ディーナ・シーの効果間違ってるな。正しくは7、15、30、40の約3Cなので誰か編集頼む - 名無しさん 2011-09-06 07:23:21
  • オケアノスは対象外になるから素打ちしても号令の完全下位ではない - 名無しさん 2011-08-30 10:31:22
  • テティスのHP上昇はオーバーしなくても増えます - 名無しさん 2011-08-28 14:47:59
  • テンタクルの海種に対する上昇は、レベル順に30、40、50、60でした。 - 名無しさん 2011-08-28 11:05:51
  • オーバーした分だけだったはず - 名無しさん 2011-08-25 20:50:38