※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

光に包まれていた。
春の陽だまりのような・・・
このまま眠り続けたい。

突然、落ちる感覚に襲われた。
必死に手足をジタバタさせる。
下腹をなにかに掴まれるリアルな感覚。
このままでは地面に激突する。
痛い。怖い。恐怖で思考が止まる。
無闇にもがき続ける。

(嫌だ!死にたくない。)

次の瞬間、目前に真っ青な空が現れた。
まだ、状況が理解できない。

心臓の鼓動が耳に響いている。

手足は硬直している。

体中汗だくだ。

どうやら、夢を見ていたのだと気付く。
だんだん筋肉の緊張が緩んできたので、周りを見渡してみる。
四方は林しか見えない。今いるところだけ木々がないようだ。
水の流れる音が聞こえる。どうやらここは川原らしい。
自分は大きめの平らな石に寝ているらしい。

(・・・ここはどこだ?)

記憶がない。思い出せない。

「ま、思い出せないなら仕方ない。それより汗を流すか。」

かなりいい加減というか、能天気な性格しい。
側の川で顔を洗う。冷たくて気持ちがいい。
顔を拭こうと、自分を見て初めて自分の格好に気付いた。

(・・・スーツ???)

どうやら自分の意思で眠った訳でも、ここへ来たわけでもないことに漸く気付いた。
再び自分の記憶に集中してみる。

(だめだ。思いだせん。)

あっさり考えるのを諦めた。そうとういい加減な性格らしい。

(さて、なにからするべきか・・・)