※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

昔、この世界は巨人が支配していた。
人は食料若しくは奴隷として巨人に飼われていた。

あるとき、一人の英雄が現れた。
彼は人々を率い、巨人達に戦いを挑んだ。
力で圧倒的に勝る巨人を高度な戦術で次々と倒していった。
やがて世界のほとんどの巨人が人によって駆逐された。

それから人は文化を持ち、社会を構成した。
数百年後、人は大陸全土に散らばりそれぞれ独自の文化を発展させていた。

何故、如何にしてたった一人の英雄の出現のみで巨人に打ち勝つことができたかは、一切伝えられていない。ただ、巨人に勝った事実のみ伝えられた。


この大陸は北部に険しい山脈が有り、その北側は未だ未開の地だった。
今彼らが居るのはこの山脈の東の麓、人里離れた森の奥だった。

「ここから川沿いに2~3日下ると村がある。一番近い都市はそこから南に一月ほど行ったところにある。まず、村まで行って暫く滞在しこの世界の人に慣れ、文化や風習を学ぶと良い。」

シムルグは大雑把にこの世界について話すと、あとは自分で調べろと言わんばかりに今後の予定を決め始めた。

「まあ、服と最低限の旅支度は整えてやろう。あとは自らの力で道を切り開くがよい。」

「ちょっと待ってくれ。途中で獣に襲われたらそれまでなのか?こんな鬱蒼としたところだ、獣くらいいるだろう?」

「獣に襲われたらそれまでじゃ。と、言いたいところじゃが、さすがにそれは酷じゃのお。後で特製のお守りをやろう。」

「お守り?神頼みの運次第って訳か・・・。」
(死ぬな・・・オレ)

「安心せい!ここでのワシは神じゃ。事故にでも遭わん限り殺されはせん。」

(神ねぇ。ま、今は信じるしかないか。)
シムルグしか頼るもののない今、例え騙されているとしても従っておくしかない。少なくともここで一人で生きていく自信がないルースだった。

先ほどからウズヌルが大鍋で作っていた〝何か〟から美味しそうな匂いが漂ってきた。山菜と木の実で作ったスープだった。
ルースは遠慮なくご馳走になりながら、思いつく限りのことを聞いた。



外はいつのまにか夜の帳が降りていた。