※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ハイランダー戦(highlanders battle)

4月某日深夜―
突然夢幻の口から発せられた言葉は
「ハイランダー作ろうか」
その言葉に少なからず動揺したに違いないと読んだ夢幻の勘は外れた。
「いいだろう」
その返事は男らしく、且つ堂々とした声だった。
無論、部長である。
その場にWAZATEN氏もおり参加もといとばっちりを受けることになった。

「じゃあ環境はヴィンテージで」
この考えなしな言葉がその場の全員を凍らせた。
きっと内心は、
「何言ってるんだこいつ。カード何種類あるかわかってないだろう」
とか思ってたに違いない。
10分ほどで自分の考えなしな発言を後悔する夢幻。
「まだ6枚しかピックできてねーよ、、、」
そう、MTGが長年積み上げてきた膨大な量のカードプールに苦しめられるのだ。
そうこういってる間に1時間ほどが経ち
「できた」
と第一声をあげたのは部長
流石にプレイ暦が長いだけあって脳内カードプールが膨大であったことからの1抜けである。

その15分後―
主催者である夢幻も完成。
wisdomguildを駆使し、知る限りの強力カードを詰め込んだが故の完成速度であった。
完成直後「風呂入ってくるわ」などと言い出し、全くもって良く言えば自由悪く言えば自分勝手な人間である。

WAZATEN氏の完成を待たず対戦に移る部長夢幻

部長VS夢幻
互いにMOXと土地を置きつつマナを固めていく。
夢幻は速度重視。緑の軽量を携えて青の優秀なドローソースで補助するデッキだ。
一方部長はコンボ重視。ゆったりとした回転から長期戦にもつれ込むと危険だとオーラが語る。
大体3ターンが過ぎた頃、夢幻の手札が空になった。
場には《野生の雑種犬》。
部長がアクティブプレイヤー。
「《Timetwister》をプレイ」
夢幻はこの恩恵をありがたく受け取りさらに速度を高める。
着々とライフを削り決着がつく。
2戦目も同じような流れ。

WAZATENVS夢幻
常に2枚のMOXと1~2枚の土地を引く夢幻。通常対戦でもこれくらい回らないかと内心凹む。
WAZATEN氏先攻。2ターン目に厳かなモノリスを出す。彼のデッキにはMOXが入ってないのだろうか、全く出てこない。
夢幻は着々と土地を安定させ《水晶の採石場》を出し《適者生存》で《野生の雑種犬》を《スリヴァーの女王》に変換する。
ここでwazaten氏の画期的な超プレイングが発動される。
暗黒の儀式をプレイ。、、、、、、あ。《厳かなモノリス》を3回タップしてアンタップしてエンド。」
これには驚かされた。なんというディスアドバンテージだろう。
女王の手下がわんさか出てきて終了。
2戦目はWAZATEN氏の華麗なる引きで1ターン先攻からの《砕かれた夢》が炸裂する。
夢幻の手札から出てくる2枚のMOX。かろうじて夢は繋がった
返しのターン《Time Walk》からの追加ターンで《知識の渇望》とルートワラで夢を砕かれたのは結果的にwazaten氏になることになった。
安定したルートワラのアタック力のみで凌いだのであった。

ハイランダーメタをとったのは夢幻。何故か皆コンボ的な低速を組んできた所に初速の有るデッキを叩き込んだ分がありすぎる勝利であった。