※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

マインド・アドバンテージ (Mind Advantage)

マジカル部に数多く存在するアドバンテージの1つであり、それらの派生元。
故に多くの意味を持つが、広義には「精神面での優位性」を意味する。

以下に代表的な「マインド・アドバンテージで負けている」ケースと例を記す。

1.勝敗に直結するほど圧倒的に状況が負けていて、戦闘意欲を完全に削がれている。

例:
  • 4/4の苗木を40体場に出された。
  • 相手がついに《ミューズの囁き》を1マナでバイバックし始めた。

2.勝敗に直結はしないものの、衝撃的或いは屈辱的な一手を受ける。

例:
  • 5/1二段攻撃の《哀悼のスラル》に殴られる。
  • 初手で《テレパシー》を張られる。

3.ゲーム内容ははそうでもないが、精神面でのみ優位に立たれている。

例:
  • 《ギャサンの略奪者》が場に出ている状態で『宇宙刑事ギャバン』をBGMとして流される。
  • 対戦相手がととだ。

関連項目





名前:
コメント: