※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

創設

─マジカル部,創設─
そう,あれはある暑い日のことであった・・・。

応援団幹部にノリで立候補した気の合う二人が居た。
若き日のZELととである。

高校に入学してからマジックの相手が居なかったZEL・・・。
とととは何回かマジックのことについて話していた。

話題は主に当時猛威を振るっていた「十手」,過去の脅威の数々・・・。

しかしこの時はまだ二人でマジックをするなど,予想も出来なかった。

場面は冒頭に戻る。ある暑い日のこと。
応援団の練習で学校に居た我々だったが,突然ととがこう言った。

「昼休みに構築済み買ってマジックやろうぜwww」

何たることだ。それに対する答えは勿論こうである。

「良いぜwww」

すぐさま太陽の街にてテーマデッキを買う。
ZELは「グルール猛撃」,ととは「ラクドス流血」を選んだ。

学校に帰り体育館ですぐさまゲームをしてみる。

「もうちょっと火力欲しいなwww」
「狂喜良いなwww厄介者強いwww」

マジックを始めたばかりとは思えぬととのプレイングに,ちょっぴり嬉しいZELであった。

翌日の昼休み・・・。

「北の樹の木霊でアタックwww」
「ちょwww対象にならないwww焼けないwww」

「イゼットのギルド魔道師で時間の把握を8回プレイするぜ!」
「俺手札ゼロお前たくさんwww」

そのゲームを近くで見ている者が数人。
かりなんとかタミフルである。
「お前ら楽しそうだなwww」
「これはちょっと楽しそうですねw」

そしてZELが発した一言はこうだ。
「俺らマジカル部の部長と副部長なwwwこれは部活動なんだぜwww」

数日後,かりなんとかは「オルゾフ法典」,タミフルは「アゾリウス支配」を購入。
入部特典のライフカウンターを3人に授けたZEL。

かくしてマジカル部は誕生したのであった・・・。

この頃からZELは部長と部員以外からも呼ばれるようになり,
担任の先生にも「マジカル部って何?」などと訊かれたりしたものである。


名前:
コメント: