※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

カードの俗称/某戯王

部内で使用されている某戯王のカードの俗称。

DUALIS、ダッシャー

→《D-HERO ダッシュガイ》
外見が酷似している為。
  • ダッシャー(Dasher)は同カードの英語名。

SOFTBANK、お父さん、オトン

→《ライトロード・ハンター ライコウ》
見た目から。

WANE(ワネ)

→《ハネクリボー》
マジカル部的発音による《ハネクリボー》。
  • 同部では、他にも「ハモン」→「ワモン」等の「H」の発音が「W」になってしまう事例が報告されている。

Weekend Knight、週末

→《終末の騎士》
「週末の騎士」と言う誤変換から夢幻が「土日」と呼んでいたが浸透せず、Weekend Knightで定着した。

浅井さん

→《D.D.アサイラント》
名前から。

(アゴ)、アゴ・ドラゴン

→《ハウンド・ドラゴン》《フェルグラント・ドラゴン》
見た目から。
  • 使用率の差から、専ら前者を指すことが多い。

アレ

→《邪神イレイザー》
邪神の中で最も扱いにくく敬遠されることから。

エディ

→《トラゴエディア》
MONOによる命名。語呂の良さや打ち易さから定着した。

「エディこれイラストどうにかならないのかな」
「ひどいよな」
「どれ俺が描いてみよう」
「蟹からオッサン生えとる」
「おっさんには棘や角も生えてるんだ」
「こんな感じか」

オカン

→《グリズリーマザー》
名前から。
  • 《ヴォルカニック・クイーン》をこう呼ぶこともある。

ガープ先生

→《軍神ガープ》
トークンを抉り殺すことに定評がある。劣勢だと役に立ちにくいややオーバーキル気味のカード。
  • よっしーが愛用している。

カビ

→《疫病ウイルス ブラックダスト》
WAZATENのデッキアバター。
  • 黎明期の決闘で《マシュマロン》に装備された際に、 「カビの生えたマシュマロ」 と表現されたことが発端であるとされている。
  • 既知外列伝に於ける「カビ夫」とは無関係である。

換気扇

→《エア・サーキュレーター》
かりなんとか御用達の手札回転要員。相手に直接攻撃に等しいダメージを与えさせるのはご愛嬌。

ギガ=チャン

→《ギガンテス》
【地属性】の優秀なアタッカー。最初期に、何故かWAZATENのデッキに入っていた。
  • 夢幻により《死者蘇生》で釣られた。
  • 《魔導ギガサイバー》は「ギガ様」。

ギャーボー

→《聖なるバリア-ミラーフォース-》
部長V.S.かりなんとかの動画を見た夢幻が「これギャーボーって言ってるよな」にて。
  • 派生系に「バーボー」がある。
    また、《邪悪なるバリア-ダーク・フォース-》はWAZATENにより「ボーバー」と名づけられた。

キャリー

→《ゾンビキャリア》
名前より。
  • またもMONOによる命名。
    彼はアメリカンな略称を考えるのが得意である。

腐りつきムー目ラン

→《鎖付きブーメラン》
WAZATENの誤変換のあまりの酷さにネタにされている。
  • 彼は6枚持っていると云われている。

クソ虫

→《ニードル・ワーム》
大臣御用達【デッキ破壊】のキーカード。部長によるあまりにストレートな蔑称。
  • 《針虫の巣窟》は「クソ虫の巣」。

黒岩さん

→《黒曜岩竜》
タミフルが皆から集めて回ったカード。《サイバー・ドラゴン》に戦闘破壊されない優秀な守備力を持つ。
  • 後述の「白石さん」とは対になる気がしなくもない。

ジャンク真紅

→《ジャンク・シンクロン》
名前から。また韻を踏んでいたりして語呂がよい。
  • 某なのだわで紅いあれとは無関係である。

伝説の白石さん

→《伝説の白石》
「生協の白石さん」的な意味で。

羽根が生える

→《オネスト》の効果
よく《ライトロード・ウォリアー ガロス》や《未来サムライ》に羽根が生える。

バロス

→《神獣王バルバロス》
裏切りに定評のあるととのフェイバリットカード。その強さから、皮肉を込めてこう呼ばれる。
  • 値段の単位として「バロス」が用いられることがある。
    1バロス=日本円にして3,000円程度。

人喰いババア

→《執念深き老魔術師》
効果が《人喰い虫》と酷似しているため。

ミスド

→《ミストデーモン》
名前の響きから。
  • 某ドーナツチェーン店との関係は不明。





名前:
コメント:
添付ファイル