※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

WAZATEN理論

広義には、彼特有の様々な画期的なプレイングや構築技術全般を指す。
狭義には「複数枚の火力を1体のクリーチャーに撃ち込み、破壊する」こと。

WAZATENの画期的な超プレイを見たかりなんとかが名付けた。

また最近では、某戯王にて《重力解除》+《邪悪なるバリア-ダークフォース-》等のコンボも用いるがそれもこの一種と言えるだろう。

  • 《炎の印章》が場に出ているときによく行われる。
    マナや手札を(その瞬間は)消費していないので、あたかもアドバンテージを失っていないかのような錯覚を起こす為である。
  • 2〜3段構えで構成されるため、最後の止めをカウンターや軽減により回避されるとひどいディスアドバンテージである。
    1撃目が完全に無駄撃ちになってしまうのである。
  • 多くの部員に愛されている理論。
  • 多くの部員はこの理論を使用しない。

関連項目



名前:
コメント: