※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【ライトロード】

「ライトロード」と名の付くカードを主体として組まれる、中速のビートダウン・デッキ。
ウィニー要素も含むが長期戦にも強い、攻めにおいては極めて強力なものである。
大会でも上位を占め、【ダムドビート】(シンクロ含む)や【剣闘獣】と並ぶ環境3強の一角である。

部内ではとと涼宮が使用。
  • 大臣夢幻も【ライトロード】要素を含むデッキを使用している。

ととの【ダークロード】

最初は 「ライロは純正が一番安定するし強い」 と言ってオーソドックスなものを使っていたが、
途中からつまらなくなったと【ダムドビート】要素をドッキング。環境の2強を融合した画期的な超デッキである。

事故率こそ上昇したものの、瞬間の爆発力では右に出るものは居ないほどの攻撃的なデッキとなった。

涼宮の【ライトロード】

よっしーさんからパーツを多々(半ば強引に押し付けられて)貰い、
タミフルから《ライトロード・エンジェル ケルビム》を交換してもらった涼宮が満を持して構築。

内容は一般的なものであり、《裁きの龍》も当然投入されている。
《光の召集》や《創世の預言者》によるサルベージも。

  • 《ライトロード・プリースト ジェニス》はライトロードの中で涼宮の(本妻)である。(元本妻は《ライトロード・サモナー ルミナス》)
  • 涼宮がデザイナーズデッキに嵌り始めるきっかけとなったデッキである。

大臣の【ワイトロード】

読んで字の如く【ワイト】+【ライトロード】。
墓地肥やしとしては右に出るものの無い「ライトロード」で各種ワイトを墓地に送る算段。

このデッキ自体は別に珍しいものでも何でも無く、遊戯王Wikiに普通に載っているので特筆すべきことはない。

夢幻【サイダー・ロード】

【サイバー・ダーク】とのハイブリッド・デッキ。当該項目を参照。

関連項目





名前:
コメント: