※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

プレイング

カードゲームに於ける「構築」「人間力」と並ぶ3大要素の1つ。
デッキ・カードをいかに巧く使うかである。

初心者と経験者の最たる違いはここにある。
逆にカードゲーム経験者でなくとも将棋や麻雀で培ったノウハウを活かし、初心者にして異様なプレイングを見せる者も稀にいる。

部内でのプレイングも人それぞれであるが、大きく3タイプに分けられる。

定石(パターン)

型に嵌ったプレイングで最良の手を打ち、自ら流れを作り出すタイプ。
この手の人間は使用するデッキもオーソドックスなものが多い。
必然的にカードに多くを頼ることになる。

安定した展開が望め、制圧力もそこそこだが一旦事故ると建て直しが効きづらい。
また、先を読まれる分「精神分析型」に弱い。

一方で、自らの流れを崩されにくく「空気操作型」に強い。

定石型の部員



空気操作(ムード・コントロール)

試合の流れを自分に有利なように仕向けるタイプ。
相手の動きに柔軟に対応し、かつ自らの流れに少しずつ誘って相手のバランスを崩す。

構築は長期戦を視野に入れたものが多い。

流れを作る前に攻め込まれるので速攻に弱い。
また流れを変えづらい「定石型」にも弱い。

反面、作った流れを読まれにくく「精神分析型」に強い。

空気操作型の部員



精神分析(マインド・トレス)

相手の動きを見ながら試合全体の流れを読み、それに沿ったプレイングで的確に相手を叩く。
所謂「盤面の外の闘い」であり、将棋や麻雀に通ずるものがある。
相手の疑心暗鬼につけ込みミスを誘う。もはやカードゲームをやっていない。

流れを重視するため突発的な展開に弱く、鬼手に弱い。
また動き、思考を読みづらい「空気操作型」にも弱い。

逆に動きが見え見えの「定石型」には有利に闘える。

精神分析型の部員

その他

タミフルはこの全てに当てはまらない。
鬼手を連発して流れを破り、「精神分析型」を打ち砕く。
相手に流されず、常に自らの流れを持ち「空気操作型」に翻弄されない。
そして「定石型」を越える爆発力を持つ。

ととはこれを「変態」と名づけた。勿論いい意味で。

関連項目



名前:
コメント: