※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【剣闘獣】

「剣闘獣」と名の付くカードで構築される、ビート・コントロールのデザイナーズデッキ。
GLAS発売当初はサポートもそこそこであまり目立たなかったが、その後のエキスパンションで壊れカードが続出。一躍トーナメントレベルのデッキとなった。
今では【ダムドビート】【ライトロード】と並ぶ環境3強の一角である。

部内での使用者は多く、部長涼宮そして大臣が該当する。
  • 部内での使用者が多いということは、即ちミラーマッチも多くなるということである。
    不毛なまでの《剣闘獣ガイザレス》の撃ち合いは、タミフル「血で血を洗う…ならぬガイザレスでガイザレスを洗う戦いだな」 と揶揄された。
  • 部員の懐的に《E・HERO プリズマー》は無かったことにされている。

部長の【剣闘獣-鳥獣・シンクロ軸】

通常の【剣闘獣】に《霞の谷の戦士》を投入し、シンクロを導入したもの。
鳥獣族が増えたことを活かして《ゴッドバードアタック》も採用されている。

安定性は純正に比べ若干劣るものの、《スターダスト・ドラゴン》等が使用可能となるので高い制圧力を誇る。
  • 世界大会チャンプをリスペクトし、サイドには《剣闘獣アンダル》が。
    意気揚々と《ライトロード・ウォリアー ガロス》に攻撃を仕掛けたら羽根が生えた。
  • 彼は《剣闘獣ラクエル》を持っておらず、墓地と相手フィールド上が空の場合持ってくる剣闘獣が居ない。
    「《剣闘獣ダリウス》をリクルート!効果不発!」 も日常茶飯事である。

涼宮の【剣闘獣】

オーソドックスな仕様。特筆すべきことは無い。

大臣の【グラディアルハーピィシムルグ】

当初は一般的なものを使用したり【パーミッション】軸にしたりしていたが、
後に【ハーピィ】【ダーク・シムルグ】とガッシンクロスさせる。

ただでさえ強力なラッシュをかけられる【剣闘獣】に【ハーピィ】の伏せ除去が加わり、攻めに関しては他の【剣闘獣】で右に出るものは居ない。

しかし彼自身のアレなプレイング、更にギミックを詰め込みすぎたが為の事故などが加わりこれといって戦果を残すことは無かった。

関連項目







名前:
コメント: