※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

UNO(ウノ)

既知外列伝に感銘を受けたタミフルによって持ち込まれた世界的に有名なカードゲーム。

ルールは一般的なものに準拠。
加えて2種類の特別ルールを採用し、既知外度を加速させている。

  • 〜したらペナルティとして2ドロー
「笑ったら2ドロー」でほぼ固定。

加えて最下位になった人はもう一つルールを考え、上のルールと同時に適用する。
以下実際に行われたルールの一例。

  • 紳士的かつ脅迫的に、尚且つ冷静さも失わずにプレイ
  • ルー大柴ライクなトークをキープしつつプレイ
  • しりとりをしながらプレイ

ルールを破った場合も2ドロー。


以下過去の名プレイハイライトを紹介。

「ですぅを語尾につけて喋りながらプレイ」
普段から「ですぅ」を連発している部長が軽快にカードを捨てていくのに対し、急に静かになったタミフル。
なぜなら元来生真面目通っている彼はそういうトークに弱いのだ。
周囲も控え目に「ですぅ」をコールしていきゲームが進行していく。刹那、空気が変わった。

気まずそうな顔でタミフルがプレイしたカードは「ワイルド」。当然「色の変更をコール」しなければならない。
さてどうする…周囲に緊張が走る中、ついにタミフルが重い口を開いた。


「黄色…ですぅ」


一瞬の沈黙のあと、そのギャップに耐えられなくなった全員から神の怒り、いやネビニラルの円盤並の爆笑が巻きおこったのであった。2ドロー。

「ロボットっぽく喋りながらプレイ」
…突然、かりなんとかが何かを閃いたような顔をした。
次の瞬間、吹き出しそうになりつつも必殺の呪文の詠唱を始めた。

「おいしい にくじゃがを つくりまs全滅した(本人含む)。
爆笑は暫く尾を引き山札はガンガンなくなっていくのであった。

関連項目



名前:
コメント: