※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

クソブルーJunJun

その名のごとく青単色のデッキ。
構築エキスパンションは
6版 マスカレイド・サイクルとアーティファクト・サイクル
デッキ構成は《枯渇》《リシャーダの港》《ミシュラのらせん》をメインにしたタップランドデッキ。
地の毒》が非常に強力なカードとなる。
タップ効力のカードが無いときは《対抗呪文》等の有名なカウンタースペルで対応。
なぜかドローカードは入っていない。

  • この構成は夢幻(書記)の友人「ゴブリンの彼」のデッキを夢幻自身が手を加えたデッキである。
  • ゴブリンの彼」のデッキは元々はカウンター量が多く、ドローソースが多めのデッキであった。
  • 全能なる者アルカニス》や《連絡》等のエキスパンションを超えたカードがたまに見られる。
  • 部長のスーサイドブラックのデッキの役目。MTG初参入の友人を出迎えるためのデッキ。
  • 彼の性格をそのまま表した陰湿で根性の悪いデッキタイプだ。
  • 余談だが、JunJunとは彼の本名の一部からとられている。
最終構築
クリーチャ4
4 濃霧の層
インスタント23
4 渦巻く知識
4 対抗呪文
3 記憶の欠落
4 再考
4 魔力消沈
4 枯渇
エンチャント4
4 地の毒
アーティファクト7
4 絡み付く鉄線
3 ミシュラのらせん
土地
22 島
サイドボード
4 送還
4 憔悴
4 大慌ての捜索
3 転換

Junブルー領域


まだ引かないで
そのデッキの一枚目
「gg」なんて幾らなんでも早い
囁いて
アップキープの開始時に
寝るLandがあるのならば

てってってててんててってててん

60の我の束(デッキ)に
埋もれてるカードよりも
yourhands私は気にするの

どうすればマナが出るのか
寝転んだこのLands
打消れずにプレイできるのか

枯渇、地の毒
喰らいつづけても
ダメージの少なさで
ggできない

まだ終えないで
そのターンの終了時
血迷い人の苦い躊躇い
引いてもいい
この土地立てたまま
通る自信があるのならば

LibraryOutなんて
信じてるわけじゃない 

名前:
コメント: