※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

青黒緑エクスリヴァー(UBG Xliver)


MWS導入後かりなんとかが初めて構築した、「現実的に組めない豪華なデッキ」。
以下にリストをMWSらしく英語名のまま記した。決してめんどくさいからではない。


クリーチャー(29)
 3 Screeching Sliver
 4 Mindrash Sliver
 4 Gemhide Sliver
 4 Darkheart Sliver
 4 Shadow Sliver
 4 Basal Sliver
 4 Dormant Sliver
 2 Might Sliver
呪文(10)
 4 Remand
 3 Cancel
 2 Consume Spirit
 1 Squall Line
土地(21)
 2 Llanowar Wastes
 3 Underground River
 3 Yavimaya Coast
 4 Overgrown Tomb
 4 Watery Grave
 3 Dimir Aqueduct
 1 Golgari Rot Farm
 1 Urborg, Tomb of Yawgmoth

…その実体は《宝革スリヴァー》《基底スリヴァー》から発生する豊富なマナから
X火力をぶちこむというもうお前マジックやめちまえ的なデッキである。

説明するまでもないが約半数を占めるスリヴァー、ラスゴとか打たれたら淋しいのでカウンター、
そしてとち狂った枚数のダメージランド(おしい)という非常にシンプルな内容。
回し方はスリヴァーをひたすら並べ、Xが足りないと困るのでちょっとだけ殴り(この時2桁程並んでいても殴り殺してはいけない)、
そして最後にX火力で華麗に締めるというこれまた単純なものである。

  • ディスアドバンテージ?何それ食えんの?
  • 土地の配分がさっぱりわからなかったため基本土地が0枚となっている。バウンスランドも入れすぎなくらい入っている。
  • スリヴァーがたくさんいるので並べやすいが、頻繁にオールスリヴァーマリガン(かっこいい)したため半数以下まで減らした。
  • 部長《滅び》に対応して全てのスリヴァーを生け贄にささげ回避、全力で《突風線》をうちこむというプレイングを見せた。こういう時に限ってカウンターなかったりするよね。実はX火力が通ったのもこれっきりである。ちなみに引き分けにすらならず、地上からやってきた12/12の《死を食うもの》においしくいただかれた。
  • その翌日フリーで対戦していたところ、11/11、14/14、17/17の《墓トロール》*2、《スヴォグトース》においしくいただかれ、以後変なトラウマになった。
  • 結局最後まで一度も成功しないまま使うのを放棄したのだが、ささいなことであるとされた。


名前:
コメント: