戦闘


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


チーム選出

対戦する味方チームを選出する。
このとき取り消しキーを押すと、「デビルアナライズ」が作動して
敵味方のスキルやステータスを確認することができる
(右or左の方向キーで、見たいチーム切り替え)。
戦闘に参加しないチームにも平等にExpやAPが入るので、あくまでも戦闘の相性で選んで良い。

バトル

行動順が来たら方向キーで行動を選択し、同じく方向キーで作用を及ぼしたい相手を選ぶ。
敵味方全員が行動を終えると、そのラウンド終了。改めてチーム選出を行い次ラウンド。
敵味方とも、右か左のお供が生存している場合、中央のリーダーの受けるダメージが軽減される。
リーダーのHPが0になると、お供が行動可能であっても、そのチームは負けとなる。
味方の場合、他に行動可能なチームがあれば、その中から改めてチームを選出してバトル継続。

会話イベント

イベント戦で方向キー以外のキーを押すと、会話イベントが起こる。
味方または敵に有利な効果が発生することも多い。この効果は、1ラウンドのみ有効。
(毎ラウンド効果を受けたければ、毎ラウンド会話イベントを起こさなければならない)。
なお、ザコ戦で会話イベントを起こそうとすると、「それどころではない」と怒られる。

状態異常

名前 説明 備考
凍結 行動キャンセル。攻撃回避不能。
受ける物理攻撃がクリティカルになる
スキル「死神の点呼」で即死
感電 行動キャンセル。攻撃回避不能。
受ける物理攻撃がクリティカルになる
スキル「死神の点呼」で即死
石化 行動キャンセル。攻撃回避不能。
受ける物理攻撃の威力が半減する
スキル「死神の点呼」で即死
衝撃属性の攻撃で、即死
物理属性の攻撃で、時々即死
与える物理攻撃の威力が半減する
ラウンド終了時、最大HPの10%分ダメージを受ける
スキル「死神の点呼」で即死
寄生 ラウンド終了時、最大HPと最大MPの20%分、
敵リーダーに吸収される
スキル「死神の点呼」で即死
麻痺 受ける物理攻撃の威力が50%増加する スキル「死神の点呼」で即死
呪い 与える魔法攻撃の威力が半減する
受ける魔法攻撃の威力が50%増加する
スキル「死神の点呼」で即死
魔封 魔法コマンドスキルを使用できなくなる スキル「死神の点呼」で即死
忘却 物理と魔法のコマンドスキルを使用できなくなる スキル「死神の点呼」で即死

Ex

状態異常アイコンのボックスの右に「Ex」がついたキャラは、
全員の行動終了後、もう一度行動することができる(エクストラターン)。
関連スキル/アイテム 説明
スキル「エクストラワン」 ラウンド開始時、Exが発生
スキル「布陣の極意」 バトル中、発生したExを奪われなくなる
スキル「エクスムーブ」 敵のExを奪う物理攻撃
アイテム「シストルム」 バトル中、チームにExを付与
指輪「リアクトリング」 回避行動に成功するとExが発生する

「シストルム」と「継続のメジャット」の違い

共通点
ラウンド中に再行動できるようにするという点では同じ。
勝利するまでに要するラウンド数を少なく抑えて、獲得ポイントに上昇補正をかけるのに有効。
また、先制スキルはラウンド開始時に発動するので、敵の先制回復スキル等を回避するのにも有効。
相違点
Exは一度しか発生しないので、Exターンでシストルムを使っても効果はない。
継続のメジャットは、使う限り何度でも延長戦に突入できる。

RESULT

獲得したAP、EXP、GOLD、MANAが表示される。
これらは戦闘に参加しなかったチームにも平等に入る。

入手ポイントの補正

  • 得られるポイントは、ラウンド数が少ないほど増加する。
    ザコ戦は1ラウンドで、ボス戦は4ラウンド以内で勝利すると、最も多く入手できる。
  • 得られるポイントは、味方のレベルが敵のレベルより低いほど増加する。
  • Expは、 ここで表示された値がそのままキャラに入るわけではない
    この値に[敵Lv-各々のキャラLv]の値に応じた補正がかかった値が、各々のキャラに入る。
  • スキル「アートマブースタ」「マナコンバータ」は、つけた人数分だけ獲得値が上がる。
    全キャラに「アートマブースタ」をつけておくと、中盤以降、えげつないほどAPがたまり、
    あっという間に全キャラ全スキルツリーコンプできるよ。

レベルアップ

Expが一定値に達したキャラはレベルアップし、各パラメータが上がる。
  • ツカサは、[(上がったLv)×3]分、ポイントが入り、自由に振ることが出来る。
    ポイントは、最大294までためておくことができる。
  • それ以外のキャラは、自動でランダムにパラメータアップ。
    ただし、リーダーごと、悪魔種族ごとに成長の傾向がある。

参考