※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

幸一「ん…」

バッ!

幸一「今何時だ!?」

時計を見ると時間は5時20分

幸一「良かった…もう少し寝ようかな」

幸一「・・・」

ここで寝ては最低でもレンの所には間に合わないだろうな

しかし…物凄い眠気だ…

意識に逆らって体は睡眠を取ろうとする

幸一「ぐぐぐ…」

1,2発顔にビンタをしてみる

多少の痛さはあるが神経が起きていないせいもあるのかそれほどの刺激とはならなかった

頑張れ…幸一…

まるでゾンビの様に床を擦りながら下の洗面台へ下りる

バシャバシャ

由紀「あれ、幸ちゃんおはよう」

幸一「…おはよ~」

由紀「まだ寝ていても大丈夫よ」

幸一「いや…ちょっと早く行かなきゃいけないんだ」

由紀「ご飯作ろうか?」

幸一「…いいや、すぐ出るから」

由紀「そう、気をつけてね」

幸一「ああ…」

由紀消える

顔を洗ったせいか意識をはっきりと認識できるようになった

移動 自室

幸一「うし、スケジュール表も持ったな」

忘れ物が無いかどうかの確認をすると家を出た

フェード

移動 道

幸一「ふ~、この時間だと外は気温も低いし風が吹いてて気持いいな」

よく考えてみたらこの時間からバスって走ってるのか?

まぁいいや、とりあえず行こう

フェード

移動 バス内

ガタガタ…

この心地よい揺れが一度目覚めさせた眠気を再び呼び戻す

幸一「何とかバスはあったけど…これは眠くなる…」


フェード

運転手「着きましたよ」

幸一「え?!あ!スイマセン」

バスを降りると病院へ向かう

時間は…7時27分か、まだ1時間近くあるな

ちなみに予鈴は8時30分だ

ここから学校までは今のバスで30分前後で着く

ここも着慣れたもんだな

ガー

病院内にはいると真っ先に藤田さんが見えた

向こうも気がついたらしく軽く手を振るとこっちへ来る

藤田「おはよう幸一君、お迎えかな」

幸一「はい、昨日電話で寝坊するから迎えにきてって」

藤田「あらら~幸一君の家からだとここまで結構時間かかるのにね」

藤田「レンちゃん部屋にいると思うから」

幸一「ありがとうございます」

藤田「もう~幸一君てマメなのね」

幸一「は?」

藤田「良いの良いの、行って」

藤田消える

フェード

移動 レンの部屋

前回はここで開けてあんな事になったんだ、今回はじっくりいこう

コンコン

幸一「レン~おはよう、ちゃんと迎えに来たよ」




アレ…

中からはまったく返事が無く人がいる気配すらしない

幸一「レン?」


呼びなおしてみるがそれでも反応は無い

仕方ない開けてみるか

ガラッ

幸一「おはよ…」

レン「すぅ…すぅ…」

そこにはベッドの上ですやすやと寝息を立てているレンの姿があった

幸一「…寝てるし」

これは起こすべきだろう、いや起こさないとマズイよな時間的に

幸一「レン、起きて」

布団を取ると女の子独特匂いがした

パジャマは白で特に可愛さとかは無い、多分病院の物だろう

幸一「レン!」

レン「ん…ん~」

ゆっくりノビをする、どうやら目覚めたみたいだ

幸一「ねぇもうあんまり時間無いよ」

レン「…ん」

レン「!?」

バッ!

幸一「おわっ!」

レン「何で幸一が居るの!?」

幸一「だってレンが言ったんじゃないか、迎えに来いって」

レン「…そうだっけ」

どうやら自分が言った記憶は無いのか…

だとするとオレがここに居るのは予想外だよな

レン「…変なことしなかったよね」

幸一「し、してないって!それより時間…ほら」

時計は7時48分を指していた

レン「!?」

幸一「だから…」

バシッ!

幸一「ぐあ!」

物凄いスピードで枕が顔面を直撃する

レン「外にいてよ、着替えられないでしょ」

幸一「ご、ごめん」

はうようにして外のイスに座った

幸一「痛って~、オレ朝からボッコボコだな」

藤田「やっほ~」

幸一「藤田さん聞いてくださいよ~」

藤田「どうしたの」

幸一「レンの奴寝てたんですよ」

藤田「あれ、さっき起こしたのになぁ」

幸一「てことは二度寝か…なんて羨ましい」

藤田「ふふっ頑張ってね幸一君」

そう笑顔で微笑む藤田さんはまさに白き天使と呼べるほど綺麗だった

幸一「藤田さん…あの」

藤田「何~?」

幸一「質問しても良いですか」

藤田「レンちゃんの事?」

幸一「いえ…藤田さんのことです」

藤田「私?何だろう、別にいいよ」

幸一「答えにくかったら良いですけど」

幸一「藤田さんて彼氏とか…いるんですか?」

藤田「え?!わ、私?」

幸一「朝からスイマセン…何となく気になったので」

まったくオレは何て答えにくい質問を朝っぱらからしてるんだよ

藤田「…幸一君はどっちだと思う」

幸一「え~と…分かんないですけど、もしいるなら羨ましいなって」

幸一「藤田さんて綺麗だし明るいし優しいし、なんに対しても前向きそうで…」

藤田「やだ~それ褒めすぎだよ、嬉しいけど」

藤田「彼氏はいないよ、幸一君なってくれるの?」

幸一「い、いや…その」

藤田「あははウソウソ、ついからかっちゃった」

幸一「…」

藤田「でもその言葉を言う相手はちょっと違うんじゃないかな~」

幸一「え…」

藤田「私、これから回らなきゃいけないから」

幸一「はい、頑張ってください」

藤田「ありがとね、ちなみにレンちゃんはここを7時55分のバスに乗ってるよ」

手を振ると藤田さんは奥に消えていった

7時55分か…ってもう7時53分じゃないか?!

幸一「レン!まだ?」

レン「黙って待て」

幸一「…はい」



まいったな~遅刻しちゃうよ

ガラッ

レン「…お待たせ」

幸一「急ごう!もう8時過ぎちゃってるから」

レン「8時4分のバスに乗ればギリギリ間に合うから大丈夫」

レンは小さなあくびをしながらバス停に歩く

フェード

プシュ~

レン「間に合った…」

幸一「う、うん」

聖華病院から泉学園までは1本で通っているため何処かで遅れる心配はない

プシュ~

バスは学校へ向かいゆっくり動く

幸一「眠い?」

レン「…うん」

レン「着いたら起こして」

幸一「え?!ずるいよ、オレだって眠いのに」

まるで聞く耳を持たずレンはオレにもたれかかる

幸一「あ…」

数分と経たずしてレンから寝息が聞こえる

正直ドキドキしてまるで眠気は吹き飛んでしまった

シャンプーの匂いなのかな、甘い香りが鼻に入る

出会って結構になるがこれほど近くで彼女を見るのは初めてだ

綺麗な金髪、整った顔立ち、甘い吐息…

自分の腕に微かに当たる胸の感触に神経を集中させる

…気になる

す、少し位触ってもバレないよな…

寝てるんだもんな、無防備すぎるよ…大丈夫…

レンの胸へ手が伸びる

…何考えてるんだ!

自分の事ばっかり、もしここで手を出して彼女の心を傷つけてみろ

トッシーの言ったとおりレンにはオレしかいないんだ

信頼してるからこそ、これだけ無防備になるんだ

一度出した手を止める

そう決意するとさっきまでの気持がスッっと引いていく

幸一「…ごめんね、レン」

そうなんだ…オレがこんなに浮ついちゃ駄目だ

フェード

移動 教室

幸一「何とか間に合った」

峯岸「おっは~って今日は2人で登校か」

レン「…さっき下で会っただけ」

峯岸「ふ~ん」

キンコンカンコン

予鈴だ…本当にギリギリだったけど

フェード

放課後 教室

幸一「ふ~終わった…」

レン「早く行こうよ」

幸一「え、うん。ちょッとまって」

幸一「随分積極的じゃん」

レン「楽しみにしてるのは君だけじゃないんだよ」

峯岸「そういう事だぜぃ!」

レン「よく言うよ、さっきまでは寝てたくせに」

峯岸「アレ…ばれてた?」

幸一「うん…おもいっきり」

フェード

移動 ガレージ

東「オス」

並木「こんにちは~」

幸一「ごめん、待たせたね」

東「いや、オレ達も今来た所だ」

レン「それじゃ話し合い…しよ」

幸一「うん」

峯岸「そんじゃまず部長を決めないとな」

レン「幸一でいいじゃん」

幸一「え?!オレ…」

並木「私も賛成です」

東「いいぜ」

峯岸「おっし!決まりだな」

幸一「本当にオレでいいのかな…レンや東君の方が全然上手いのに」

東「あんまり関係無いんじゃねーか」

並木「一番この部を作る事に情熱を注いだ方がなるべきですよ」

峯岸「つーことだ」

幸一「…うん、頑張るよ」

峯岸「ほんじゃ部長、進行よろしく」

東「お前、仕切るの好きだろ」

峯岸「大好き!」

並木「ウフフ」

幸一「そうだね、部の名前から決めていこうか」

東「部の名前か…そうだな」

東「何か候補はあるのか」

幸一「オレが考えたのは「飛人」かな」

峯岸「何か渋いな…」

並木「「フライトオブスワン」なんてどうですか?白鳥の群れという意味ですけど」

峯岸「霧ちゃんや並木っちはそれでいいけど、オレらはな…」

東「お前は何か良い名前あるのか」

峯岸「よく言ってくれた!今とっておきのやつを思いついたぜ!」

峯岸「その名も「ブッ飛部」!」


峯岸「…あれ」

幸一「…」

峯岸「はいはい却下ね、いいよ、いいですよ」

レン「意外と良いかもしれないよ」

幸一「え…」

東「確かにそんな名前付けてくる部なんていないだろうしな」

東「どうせなら思い切った名前の方が面白いかもしれないぜ」

予想外の答えだった

レンはともかく東君まで賛成なんて

幸一「並木さんはどう…かな」

並木「私も良いですよ」

幸一「・・・」

峯岸「マジ?」

レン「決定、ブッ飛部」

幸一「これから夏の公式大会を目指すんだけど」

東「桜井、もう大会参加は締め切られてるぞ」

幸一「え?!」

正確には確認してないけどまだ募集期間だったはず

東「今年は何時もの年より多くのチームが参加してるから早く開催されるんだ」

峯岸「大会でれないのか?」

レン「私は別にそういうのには興味無いからいいけど」

並木「どうしましょうか」

幸一「…ごめん」

東「これで終わりじゃないんだから気にすんなよ」

峯岸「じゃさ、オレの機体を作ってくれよ」

幸一「そうは言っても1から作るって大変なんだぞ」

たいした物じゃなくたって飛行機を1機作るのは並大抵の事じゃない

レン「つくろうよ、皆で」

東「まぁやる事も無くなったわけだしな」

峯岸「おっしゃー!スーパートッシー01号」

レン「…なにそれ」

峯岸「名前だよ」

東「変な名前を考えさせたら右に敵無しだな」

幸一「部の目標は秋に行われる大会に参加する、それまではトッシーの機体を作る。それでいい?」

レン「うん、分かりやすくて良い」

並木「楽しみですね」

東「ベースになる機体を考えないとな」

幸一「今度ジョンソンの所に行ってみよう」

東「ジョンソン?外人か」

幸一「いや、まぁ…日本人だけど。あだ名みたいなものだよ」

東「ふーん」

幸一「ジャンク屋をやってるんだ、古いけど色々機体のベースもあるよ」

並木「今度の日曜日にでも行って見ましょう」

幸一「皆はそれで良い?」

レン「特に予定は無いけど」

並木「私も大丈夫です」

東「まぁ空けておくわ」

峯岸「試合があるんだが…」

東「休めよ、お前の機体を作るんだから」

峯岸「お、おう…」

フェード

気がつけば空はうっすら夕闇に包まれていた

幸一「今日はこの辺にしておこうか」

並木「いよいよ明日からは動き出すわけですね~部長」

幸一「そ、そうだね」

部長か…何か全然ピンとこないな

幸一「別に今まで通りでいいよ」

峯岸「そうそう、気にしないで」

東「お前が言うなよ」

並木「それではお疲れ様でした、帰りますね」

峯岸「オレも帰るわ、じゃーな」

東「桜井、明日はちょっと出れないわ」

幸一「分かった、じゃあね」

3人消える

レン「幸一は帰らないの?」

幸一「オレはガレージを整理するよ」

レン「この前東君達が片付けてくれたじゃん」

幸一「うん、でももう1機置くなら今の広さじゃ厳しいもん」

レン「そっか…」

レン「…」

レン「私も手伝おうか?」

幸一「バス無くなっちゃうからもう帰りな」

レン「…」

幸一「それに寝不足なんだし、ゆっくり休んだ方がいいよ」

レン「もう大丈夫」

何だろう、帰りたくないのかな

幸一「どうしたのレン」

レン「イヤ…別に」

幸一「何かあるなら言ってよ、レンだって前にハッキリしなさいって言ってただろ」

レン「手伝いたいの…」

幸一「ん~それじゃ藤田さんにちゃんと連絡しておいてよ、病院まではミラーで送っていくから」

レン「うん、分かった」

フェード

幸一「ふぅ…かなり綺麗にはなったけどこれじゃとてももう1機なんて置けないや」

どうしたものかな…元々1機で丁度なんだから無理があるのは当然だ

レン「なら一途の事ガレージを大きくしたら良いじゃん」

幸一「…その手があったか」

レン「小林さんに相談してみれば?」

幸一「トッシーの機体の下調べもしたいし、レン明日は空いてる」

レン「特に用事は無いよ」

幸一「明日の放課後行ってみようと思うんだけど」

レン「皆はどうするの?」

幸一「ここ最近ずっと動いてきたんだし明日は休みでも良いんじゃないかな」

レン「そうだね、沙羅には私がメールしておくよ」

幸一「オレはトッシーに連絡する」

レン「えっと…沙羅のアドレスは…」

ふと見ると携帯電話には以前にあげたクリスタルチップが付けてあった

幸一「そのチップ…」

レン「ふふっ良いでしょ」

レンは自慢げにチップを揺らす

幸一「あ?!もうこんな時間じゃないか」

時計は既に9時近くになっていた

幸一「まずいな、急いで送るよ」

レン「別に平気だよ、後は寝るだけだし」

幸一「夜ご飯は?」

レン「もうとっくに終わってるよ、病院なんだし」

そうか…確かに病院の食事は規則正しい

幸一「おなか減らないの」

レン「減るよ」

幸一「…ご飯食べに行く?」

レン「連れて行ってくれるの」

幸一「仕方ないじゃん」

レン「幸一のおごり?」

幸一「ワリカンだよ!」

レン「ちぇ」

フェード

移動 商店街

結局ここぐらいしか見つからなかったな

何時もトッシーと来るラーメン屋

まぁ美味しいから文句は無いけど

幸一「ラーメンでも良いかな」

レン「いいよ」

オレとレンは奥にある座敷に座るとメニューをみる

幸一「ここ、よくトッシーと来るんだ」

レン「そうなんだ、それじゃお勧めは?」

幸一「うんと…一番上にある背油とんこつラーメン」

レン「…何か重そうだな」

幸一「意外といけるよ」

レン「私下のアッサリ味噌ラーメンにする」

幸一「あ、それ美味しくないからやめたほうが良いって」

レン「いいの」

幸一「知らないぞ…スイマセン」

店員「はい、ご注文ですか」

幸一「背油とんこつラーメン1つとアッサリ味噌ラーメン1つお願いします」

店員「かしこまりました」

フェード

店員「背油とんこつとアッサリ味噌です」

幸一「どうも」

幸一「こっちが味噌だよ」

レン「ありがと」

ハシを取るとスープを飲む

この味、特別目立つわけじゃないんだけどやっぱり美味い

レンも普通に食べてる…やっぱり味覚が違うのかな

幸一「レン、ちょっとこっちも食べてみる?」

レン「…少しだけ」

そう言うとレンはスープを飲み麺を食べる

って…間接キスじゃんか!?

レン「…」

ゴト

無言で彼女は自分のラーメンとオレのラーメンを交換した

幸一「え…何してるの?」

レン「…こっちがいい」

幸一「はぁ?!だってさっき重いって」

レン「交換してよ」

何だよ、やっぱり美味いんじゃないか

駄目だって言ったってどうせ聞かないしな…

幸一「あ~ぁオレこの薄いラーメン食べるのかよ」

フェード

移動 商店街

幸一「どう?満足してもらえましたか」

レン「フッ…まぁまぁかな」

っていう事は満足してくれたんだな

最近レンの性格が分かってきた気がする

幸一「やべっ!もう11時じゃん」

レン「本当だ」

幸一「急いで送るよ」

レン「別に慌てないでもいいよ」

幸一「こんな時間に病院入れるのかな…」

レン「入れなかったら幸一の家に泊めてもらう」

幸一「え?!」

マ、マジかよ…やっぱり泊まるって事は同じベッドで

レン「スケベ…」

幸一「うっ…何ですぐそう決め付けるんだよ」

レン「スケベそうな顔してた」

ぐ…否定できない…

レン「大丈夫、今日は瞳さんが夜勤だから問題ないよ」

幸一「そうか、それならいいんだけど」

レン「残念だったね幸一君」

幸一「別に普通だし…普通だよ」

レン「ふ~ん」

幸一「早く行こう」

何だか心を見透かされてるみたいで落ち着かない

レン「歩くの早いよ」

フェード

移動 聖華病院

何とか12時前には着いたけど…

幸一「やばいな…こんなに遅くなるなんて」

レン「気にしなくていいよ」

幸一「それじゃ又明日ね」

レン「幸一」

幸一「ん…」

レン「…おやすみ」

幸一「おやすみ」

レン消える

幸一「ふぅ…これから帰って風呂入って…はぁ寝るの何時だよ」

フェード

翌朝遅刻した事は必然だった
|