イベント97提出ページ(奇眼藩国 防御)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

作戦

【地形】


 ≪全般≫

  • 残った全部隊で固まり、防御円陣を組んで対処する。
  • 地形地理や自然条件、建築物などを盾や目くらましとして使い、防御・回避を行う
  • 予め攻撃が来る方向を予測しておき、遮蔽になるであろう物を見つけておく。
  • 凹凸のない場所はなるべく避ける。

 ≪豪雪地帯山林≫

  • 周囲の森や林、くぼ地に身を隠す
  • 土や枝、葉っぱをかぶせて偽装する。
  • 枝葉などを使って偽装するときはなるべく自然な模様になるようにする。
  • 森林または雪原の模様をした迷彩服を着る。
  • 皮膚に擬装用のペイントを施したり、どろやすすをつかって迷彩を施す。
  • 木々を遮蔽として身を隠す事が出来る
  • 木々や凹み地に伏せて衝撃を緩和
  • 下生えや木の根、木の洞などに身を隠す事で防御効果が期待できる


【装備】

  • 敵の爆破系攻撃時には、遮蔽物の陰に伏して対衝撃姿勢をとる
  • 「遮蔽物」を積極的に盾や目くらましとして使い、敵に狙われた場合は全力で回避行動をとる
  • 回避行動をとっている味方を援護する形で、側面から援護を行う
  • 対雪装備や対砂装備を施した靴を使用。速やかに、最小限の労力で移動できるようにする。
  • 豪雪地域用に、裏が鮫肌の「歩く」用のスキー板とストックを装備
  • 北国から豪雪用装備を融通してもらい、全部対着用。
  • 迷彩服(服のカラーはリバーシブルで。表白、裏迷彩柄)を着用して地域に応じて着替え、隠蔽性を高める。
  • 飲み水や簡易食料を欠かさないこと


【陣形】

  • 後衛の火力攻撃によって、撹乱・牽制を行い、敵の突進力を弱める。
  • 前衛は、装甲を前面と上面に押し出し、簡易防御陣地を形成する。
  • 防衛線を敵の突撃に合わせて押し上げ、敵の出足を挫く。
  • 衝突する瞬間、わずかに後退し、衝撃を緩和する。
  • 防衛線からリーチの長い武器(槍など)を突出させ、敵の突進を阻む。
  • 移動の符丁等を決めておき、急な順序変更にも対応できるようにしておく。
  • 符丁は各隊で共有し、一度に伝達できる形態を整えておく。


【体術】

 ≪全般≫

  • 各隊は、戦闘前に陣形を組みやすい配置についておく。
  • 陣形構築の際、各部隊は混乱しないように移動順序を決めておく。
  • 相手が攻撃してきた際は体全体を攻撃線からはずすようにして防御する。
  • 遮蔽物や塹壕、地面のへこみなどを利用して直接敵の攻撃をくらわないようにする
  • 防御に使える物は全部使い、伏せの可能不可能に関わらず身を限りなく低くする。
  • 敵の射戦に対して、90度に移動するようにする。
  • 防御するため、しっかりとした足場を立ち回れるようにする
  • 敵に接近して走り回ることで相手の視界から見えなくなり反撃を防ぐ
  • 部隊員と死角を補い合う
  • 力みすぎないよう心がける(動きに柔軟性がなくなるから)
  • 相手の勢いや距離、間合いを意識する
  • 自分にとってベストの間合いで戦うことを意識する
  • 気を抜かず、最後までしっかり防御に集中する
  • 即座に行動できるよう自身の姿勢を意識し、常に維持する
  • 敵の攻撃を回避する時はただ後ろに下がるのではなく斜め前方か後方に移動して回り込みすぐに反撃できるように体勢を整える。
  • 敵の挙動をつぶさに観察し、少しでも不審な動きをすればすぐに回避行動を行う

RP


■RP

  • 木曽池春海@奇眼藩国「馬鹿に………するなあああッ!」
  • プロフェッサーG@奇眼藩国「ぬう!?こしゃくな連中め!!」
  • 水瀬悠@奇眼藩国「そう簡単に、やられるはずないだろう!」
  • プロフェッサーG@奇眼藩国「精霊の加護を持て我らが身を護れ!」
  • 木曽池春海@奇眼藩国「こんなところで終わりはしない! こんなあたしでも、帰りを待ってくれてる人がいるんだ!」
  • 水瀬悠@奇眼藩国「誰一人、やらせはしない。必ず、守りぬくんだ!」
  • プロフェッサーG@奇眼藩国「精霊回路の防護機能は伊達ではないわ!!」
  • 木曽池春海@奇眼藩国「もう、これ以上…これ以上、誰も死なせてたまるかぁーッ!!!」

応援RP

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。