イベント97提出ページ(奇眼藩国 精霊攻撃)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Ev97・精霊攻撃

作戦

【体術】
  • 身体の力を抜き、常に敵の動作に対処できるようにする。
  • 敵が背後につかないよう、移動には細心の注意を払う。
  • 囲まれないよう、常に退路を確保し、相互に支援を行えるようにする。
  • 細かく正確な挙動を心がけ、疲労を最小限に抑える。
  • 大振りな動作は極力避ける。
  • 呼吸は常に整え、精神状態を安定させると共に、疲労を抑える。
  • 攻撃は全身を使って行い、少ない力で大きな威力を発揮させる。
  • 動作は常に、前後の予備動作を意識して行い、隙を作らないようにする。
  • 常に敵の側面ないし背後を取るように動き、有利な状況で攻撃する。
  • 素手での攻撃は、基本牽制として行い、敵の動きを止める手段として用いる。
  • 感覚器官(眼など)、呼吸器などを打ち据え、効果的に動きを止める。
  • ストロークの大きい攻撃は避け、的確に急所を狙う。
  • 攻撃を集中し相手の陣形を崩す。
  • 動きの鈍い敵や装甲の固い敵には一斉攻撃で大打撃を狙う。
  • 動きを止めず、相手に狙いを絞らせない。
  • 直線的でない動きで相手を惑わし、攻撃のタイミングを図らせない。
  • 対象の危険度から優先順位を選定、順番に撃破する。
  • 敵の背後や上の位置をポジショニングして攻撃する。
  • 連携できない敵から優先的に攻撃を行う。
  • 不規則に動くよう操作することにより、敵に動きの予測をさせにくくする。
  • 空からの一撃離脱戦法を取る。
  • 高速での移動を行いながらの攻撃をし、慣性力を攻撃力に加える。
  • 雲や日光などを利用し、敵が確認しにくい方向から攻撃を行う。
  • 敵の配置の薄い部分に集中して攻撃する。
  • 死角を見せた敵を優先的に叩く。
  • 相手の勢いを意識する。
  • 即座に行動できるよう自身の姿勢を意識し、常に維持する。

【陣形】
  • 攻撃のときは全員がタイミングを合わせ一斉に攻撃を開始、その後攻撃が途切れぬように絶え間なくして敵に反撃のタイミングを与えないように努める。万が一反撃を受けたときにできるだけ被害が少なくなるようにこちらの体を敵にさらしすぎることのないよう気をつける。
  • 攻撃時にできるだけ敵の背後や側面へと回りこむように部隊を展開し、敵に対する包囲を完成させておく。
  • 攻撃中でも背後への警戒を忘れずに。
  • 分散移動することで敵の照準を絞りにくくする。
  • 方位角の変化に敵の照準が追い付かないうちに集中攻撃でしとめる。
  • 召喚した精霊との連携を考え、精霊使いは一定の距離を保つようにポジショニングする

【白兵】
  • 連続攻撃ではなく、一撃離脱を行う。打撃を与えたあとは全力で敵と距離をおく。

【近距離】
  • 常に相互支援体制を敷き、狙った敵を確実に撃破する。
  • 死角を見せた敵を優先的に叩く。
  • 頑強な敵に対しては、火力を集中させ、確実に撃破する。

【中距離】
  • 複数の攻撃を組み合わせ、回避を困難にする。
  • おのおのの連携を緊密に行い、確実に敵を撃破する。

【詠唱戦】
  • 詠唱の邪魔をされない様に敵とはある程度の距離をおく。
  • 魔法陣を描くのに必要な場所を確保する。
  • 敵の集中している箇所に広範囲攻撃を行う。
  • 地形の性質等を調べ上げ、優位性のある魔法を使用する。
  • 敵をよく観察して弱点となるような魔法を使用する。
  • 突出した敵に集中して攻撃する。
  • 場合によっては敵本体を狙うのではなく、地面や壁、天井等を破壊してその落盤により敵の多数にダメージを与えられる様に謀る。
  • トラップとして発動するような魔方陣を用いる。

《精霊攻撃》

《地》・局地的に地すべりや地震を起こし、雪崩に敵を巻き込む
   ・岩の雨を敵に降らせる。
《風》・上空から真空波や竜巻で攻撃。

《炎》・炎で攻撃。機械人形には効果的と思われる。
   ・炎を燃えやすい地形に一点に集中し、上昇気流を発生させ、炎の竜巻を起こす。

《水》・敵の上方の地層の水を溶かし、雪崩を起こす。
   ・水を敵にぶつける。気温が低いので敵は凍結、または凍傷を負う。

《統合》:炎:風:上昇気流と炎で炎の竜巻を発生させ、風で誘導。敵を襲う。
    :水:風:雨を降らせて敵を濡らし、猛吹雪をぶつける。体感温度は急激に下がるため、敵を瞬時に凍結させる。
    :炎:水:水に炎をあわせる事で、水蒸気爆発を起こし、敵を吹き飛ばす



SS


■精霊達の攻撃

銃器が力を失い、機械が鼓動を止める大地、レムーリア。
幻想<おとぎばなし>の中にしか存在しえないようなこの地を舞台に、今激しい戦火が上がっていた。

その戦場のただ中に響く連なり響く声があった。
人の声もあれば、人ならざるものの声も、ある。
いくつもいくつもの声が重なって響き渡っているのだ。


はたしてそれは、戦士たちが苦痛に上げる悲鳴なのか?

――否。
彼の声に戦火が生み出す苦痛の色はあれど、そこに痛みを訴え揺らぐ意思など感じられない。

ならば、戦士たちがままならぬ戦いを嘆く声なのか?

――否、否!
彼の声には悔いも悩みを抱えても尚譲れない誇りがあり、そこに退く意志など感じられない。


――戦火の中で、両手の塞がった戦士たちが上げる声はいつだって一つ、決まっている!

それは歌だ。

例えその手を銃器から、操縦桿から離し、精霊と共に戦うようになろうとその歌を忘れるものはいない。
人ならざる精霊だろうと、戦う者たちの叫ぶ声ならば、それは歌だ。
彼らは歌を、知っている。
日々の中で、そして戦場の中で唄う歌を知っているのだ!

自ら戦う戦士たちの歌、誇り高き戦士達の詠唱<いのり>。
命を賭して戦う者たちが、精霊<とも>に呼びかける咆哮。

――精霊使いと精霊の、交響楽曲。

青い輝きを宿した者たちが、その手を一斉に振り上げる。
自らの友たる精霊に、敵を撃ってくれ、と声を振り絞る!


/*/

■RP

プロフェッサーG@奇眼藩国「『風の精霊よ、疾く疾く来たりて彼の敵を討て』」
水瀬悠@奇眼藩国「お願いだ、精霊よ!」
プロフェッサーG@奇眼藩国「ふはははははは!!行け行け我らの精霊軍団!!」
水瀬悠@奇眼藩国「思いっきり――ぶっ飛ばしてくれ!」
木曽池春海@奇眼藩国「応えてくれ――精霊たち、我らが友よ!」

/*/

そして歌が終幕を迎え、精霊の力が敵目掛けて炸裂する――!

その力を、いくつもの声に後押しされながら。
声援の加護を受けながら、戦場の交響楽曲は貫き走る。

/*/
(文:水瀬悠)

応援・RP

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。
添付ファイル