新エネルギー


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • 新エネルギー庁

太陽光発電
風力発電
太陽熱利用
温度差エネルギー
廃棄物発電
廃棄物熱利用
廃棄物燃料製造
バイオマス発電(*)
バイオマス熱利用(*)
バイオマス燃料製造(*)
雪氷熱利用(*)
クリーンエネルギー自動車
天然ガスコージェネレーション
燃料電池

  • 新エネルギーのメリット
新エネルギーは、CO2の排出が少ないこと等環境へ与える負荷が小さく、資源制限が少ない国産エネルギー、または石油依存度低下に資する石油代替エネルギーとして、エネルギーの安定供給の確保、地球環境問題への対応に資することから、持続可能な経済社会の構築に寄与するとともに、さらに新エネルギーの導入は新規産業・雇用の創出等にも貢献するなど様々な意義を有している。
エネルギーの大部分を海外に依存している日本にとって、国産エネルギーとしてエネルギーの供給 構造の多様化に貢献する。
太陽光発電や風力発電などの自然エネルギーは、無尽蔵で枯渇の心配もなく、地球温暖化の原因となるCO2を増やさない。
クリーンエネルギー自動車等の従来型エネルギーの新利用形態は、燃料として化石燃料を使うが、よりクリーンで効率的な利 用を実現している。
新エネルギーの多くは地域分散型であり、需要地と近接しているため輸送によるエネルギー損失も低く抑えられる。
太陽光発電は、電力需要量の最も多い昼間に多く発電するため、電力負荷平準化(ピークカット効果)に貢献する。




【各新エネルギーの導入状況】
  • 新エネの種類
    • 導入状況
  • 太陽光発電
    • 平成5年度から15年度末までの間に、導入量は約36倍に拡大し、システム価格は約1/5まで低減したものの、発電コストは依然高い。
  • 風力発電
    • 立地条件によっては一定の事業採算性も認められ、導入量は過去3年問で約5倍。経済性、安定性 が課題。
  • 廃棄物発電
    • 地方自治体が中心に導入が進展。施設の立地に係る間題等が課題。 |
  • バイオマス発電
    • 木屑、バガス(さとうきびの絞りかす)、汚泥が中心。近年、食品廃棄物から得られるメタンの利用も見られるが、依然、経済性が課題。

  • 太陽熱利用
    • 近年導入量が減少。経済性が課題。
  • 廃棄物熱利用
    • 熱供給事業による導入事例はあるものの、導入量は低い水準。
  • 温度差エネルギー
    • バイオマス熱利用等 黒液廃材は新エネルギーの相当程度の割合を占める。
  • クリーンエネルギー自動車
    • ハイブリッド自動車、天然ガス自動車については、比較的順調に導入量が増加してきているものの、経済性、性能インフラ整備の面が課題。
  • 天然ガスコージェネレーション
    • 導入量は近年比較的順調に進展してきているが、高効率機器設備は、依然、経済性の面が課題。
  • 燃料電池
    • りん酸形は減少。固体高分子形は実用化普及に向けて内外企業の開発競争が本格化。今後大規模な 導入を期待。
(注)導入量は「4.新たな新エネルギー導入目標」参照
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|