自由貿易と保護貿易


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

自由貿易体制というのは、輸出入の障壁がない(もしくは低い)体制のことを言います。輸出入の障壁というのは、主に関税や数量規制などです。

自由貿易主義者がなぜ貿易を自由にすべきと主張するかというと、世界の国々が各々の得意分野に特化してモノを生産しそれを貿易した方が生産性が上がり、結果として国民生活の向上をもたらすと考えるからです。一方、この対極にある保護主義は、自由貿易体制は優勝劣敗を鮮明にし、富の偏在をもたらすとしてこれを批判しています。

意外に知られていませんが、日本は工業製品に関しては関税障壁が低く、この意味においては開放された市場といえます。しかし農産品の関税が概して非常に高いことや特殊な商慣行などにより外国製品が市場に入りにくいことから、閉鎖的な市場とみなされることが多いようです。