「劉鳳」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

劉鳳」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 &font(30,b,i,blue){「毒虫がっ!」}
 
 
 **原作でのキャラクター
 サンライズ製作のTVアニメ『スクライド』及びその派生作品に登場するキャラクター。CVは[[緑>ウイングガンダム]][[川>リオン・マグナス]][[光>ユウキ]]氏。
 本作におけるもう一人の主人公とも呼べる存在。
 
 物語開始時の年齢は17歳。対アルター用特殊部隊『HOLY(ホーリー)』のA級隊員であり、実働部隊の事実上のリーダーを務める。
 
 ロストグラウンドを実質的に支配していた名家・劉家の出身。
 ヒロインの一人である桐生水守とは幼馴染の関係にある。
 水守の回想によれば少年時代はごく普通の明るく優しい性格だった。
 しかし、数年前に謎のアルター能力者により母を殺害されてしまい、憎しみからアルター能力を発現する。
 それ以後何かに取り憑かれたかのように『正義』・『規律』を重んじるようになり、アルター犯罪者狩りを続けていた。
 
 ページ冒頭の台詞に代表されるように、アルター能力を悪用するものを徹底的に憎悪し軽蔑し尽している。
 自らが悪とみなしたものには容赦しない主義であり、これは物語中盤で記憶喪失に陥った際も変わらなかった。
 
 主人公の[[カズマ>カズマ(スクライド)]]も出会った当初は数あるアルター犯罪者の一人としか見なしておらず、圧倒的な実力差から歯牙にもかけなかったが、
 幾度となく出会い衝突していく中でその成長を認め、宿敵としてその名を刻み込む。
 全編通して主人公のライバルなのだが、物語後半では敵と見定めた相手が一致し、一時的な共闘関係を築いたりもした。
 最終話で自身とロストグラウンドに纏わる問題に片を付けた後、
 「やり残したこと」としてカズマと一世一代の漢の喧嘩に臨む。
 
 #region(アルター能力・絶影)
-&font(30,b,i,blue){「毒虫がっ!」}
 数年前の事件で母と一緒に死亡した愛犬・絶影の亡骸を再構成して創り出した自立型のアルター。
 「影すら絶える」俊敏な動きと精密な動作を併せ持つ。
 真正面からの力押しが主体なカズマとは対照的に変幻自在な動きで相手を翻弄するのが得意。
 形態が上がるごとにスピードと精密性は増すが、一方で劉鳳本体にかかる負荷も強くなる。
 ちなみに絶影の元の姿はOPで確認できる。
 -第一形態
 小柄な少年のような姿をしたアルター。
 強大な力を抑え込むために拘束着を全身に纏い腕を常に組んでいる。要するに舐めプ状態(劉鳳にかかる負担を抑えるためでもある)。
 しかしその強さは破格であり、カズマに出会うまで全てのアルター犯罪者をこの形態で捕まえてきた。
 戦闘時はと呼ばれる後頭部から生えた2本の伸縮自在な触手を用いる。
 -第2形態(真・絶影)
 自立型。力を解放した絶影の本来の姿。大型化し、脚部は尻尾に変形している。短時間なら飛行することも可能。
 これにより、劉鳳本体がアルターに乗って戦うことも出来るようになった。
 第一形態を上回る速度の移動が可能になっているが、その分力の消耗も激しいという欠点もある。
 
 両脇に「剛なる右拳・伏龍」「剛なる左拳・臥龍」というドリル型のミサイルが装備されいる。
 また、前形態時の触手は「柔らかなる拳・烈迅」として引き続き使用可能であり、最終決戦では鞭を螺旋状に束ねドリルとして使った。
 
 -最終形態
 全てを捨て、純粋に勝利のみを求めた劉鳳が絶影と融合した姿。
 それまでの白と紫を基調としたデザインとは打って変わって薄暗い色彩になっているが、一部装甲には前形態の面影を残している。
 ほぼ無制限に空中移動ができるようになり、これまでとは比較にならないスピードを持つ。
 戦闘時は両肩のパーツを腕に装備する。右の剣が攻撃用で左の剣が防御用。
 作中では回転させることで左の剣も攻撃に使っている他、
 射出して自由自在に操ったり、超広範囲に衝撃波を放ったりとその汎用性は高い。
 #endregion
 
 クールで正義や秩序を重んじる性格からカズマとは対照的に見えるが
 彼の正義とは世間一般のモラルとは別に己の信念に基づいて相手の善悪を判断し処断するというある意味[[独善とも取れる>キム・カッファン]]代物であり、周りを考えず自分の道を突き進むカズマと実際の所そう変わるものではない。
 また、根っこは熱く燃え滾る精神の持ち主であり、大切な人を奪われるなどの不条理に直面した際にはカズマ以上の激情を見せる。
 要するに本質的には似た者同士であり、作中でもカズマにたびたびそのことを指摘されている。
 
 ちなみに彼に惚れたヒロインは二人いるが、一人は非業の死に見舞われ、もう一人は劉鳳の方が彼女の下を去ることで成就しないまま終わっている。この辺りもカズマと共通。
 
 物語ラストの数年後の描写では、髪を伸ばし、放浪しながら本土側のアルター使いと戦っている姿を見せた。
 ----
 **MUGENにおける劉鳳
 #image(ryuhou1.gif)
 |&nicovideo(sm33317233)|&nicovideo(sm33584803)|
 |&nicovideo(sm34016037)|&nicovideo(sm34378517)|
 2018年12月26日にlow氏によって手描きドットの劉鳳が公開された。
 アニメの名シーンの数々が再現されておりクオリティは高い。
 同氏製作のカズマとは特殊イントロの他、後述する一撃必殺技の相殺が可能であり、最終話の殴り合いをMUGENで再現できる。
 
 #image(zetuei1.gif)
 初期状態では中国拳法による徒手空拳で戦う通常時と『絶影』の第一形態をスタンドのように扱って攻撃するアルター発動時の二種類を使い分けて戦う。
 アルター発動時にプレイヤーが操作できるのは絶影であり劉鳳は自律的に動く。
 いったん変身するとパワーゲージが常時減少していき、0になると強制解除される。パワーが残っている内は手動で解除可能。
 瞬間的にアルターを構成して攻撃する事ができるため、奇襲にも利用可能。
 絶影は鞭を使った必殺技のリーチに優れる反面、動きが鈍く近距離戦はやや苦手。
 また喰らい判定は絶影・劉鳳のどちらにも存在する。
 ゲージの量によって基礎攻撃力が変化する。
 
 #image(width=210,zetuei2.gif)
 バースト使用済み状態時に真・絶影に変身させる事が出来る。
 パワーゲージ減少は第一形態と同一。
 変身前とは打って変わって高速移動が可能になり、常時無敵状態で攻撃を受けると自動的に相手の後ろに回り込める。
 反面劉鳳本体はガー不の上被ダメージが2倍になり、強制解除後に一時行動不能になるというリスクがある。
 #image(ryuhou2.gif)	
 一撃必殺技は絶影と融合した最終形態による攻撃。
 パワーが1でもあれば変身出来るが、劉鳳の状態(硬直時、喰らい時など)によっては発動できない。
 見栄えは良いがガード可能であり、実戦で決めるのは厳しい。
 
 デフォルトでAIが搭載されている。
 
+&font(20,b,i,blue){「秩序無き行いはただの暴力!暴力は悪以外の何ものでもない!俺はその悪を憎む!」}
 ***出場大会
 #list_by_tagsearch_cache([大会],[劉鳳],sort=hiduke,100)
 #co(){
 ''更新停止中''
 #list_by_tagsearch_cache([更新停止中大会],[劉鳳],sort=hiduke,100)
 ''凍結''
 #list_by_tagsearch_cache([凍結大会],[劉鳳],sort=hiduke,100)
 }
 
 //***出演ストーリー
 ----
 //タグ管理用スペース(タグを変更した時は内容をこちらにコピペ上書きしてください。)
 //|cv:緑川光|,ライバル,超能力者