ボーナスくん

個人データ
名前 BONUS KUN
コピー 熱血格闘野郎
出身 遠い宇宙のサンドバッ
身長 167cm
体重 77kg
性別
年齢 不明
好き 修行
嫌い 負けること、昆虫
趣味 修行
家族構成 たくさんいるらしい
コンプレックス 格闘家として体格に恵まれなかったこと
性格 ひたむき
今回の闘いの目的 修行
宝物 ある格闘家からもらった赤いハチマキ

「もっと……もっと強い奴にあいにいく!」

「オレは格闘技を極めし者…お前ごときでは1兆年早かったようだな…」


ギャラクシーファイト』及びその続編?の『わくわく7』に登場したキャラクター。
ていうか『ギャラクシーファイト』から唯一続投で出演している凄い奴。
どちらのゲームでもボーナスステージに登場し、見た目は赤い鉢巻をした顔がついてるサンドバッグ

言動とか、技とか、勝利ポーズとか、BGMとか、どこからどう見ても俺より強い奴に会いに行く人のパロディ。
それだけでは飽き足らず、ブラックカラーはハチマキに「」と書いてあったりする。仮に続編が出ていたら瞬獄殺も見せてくれたに違いない。
なお、ハチマキをくれた「ある格闘家」とはギャラクシーファイトの隠しボス・ローウェのことだが
こいつはこいつで「定職に就かないままジジイになったリュウ」とでもいうべきパロディキャラである。
勝利ゼリフも「もっと……もっと強い奴にあいにいく!」「オレは格闘技を極めし者…お前ごときでは1兆年早かったようだな…」
とどこかで聞いたようなものだったり、「弱い!絶対に弱い!」と黄金バット風に罵るなどワルノリが目立つ。

外見上他のキャラにまるたんぼーだのでんちゅうおばけだの呼ばれているが、おそらくサンドバック星人はみんなこの形なのだろう。
手足が無いという生まれつきのハンデを持ちながら、それでも真の格闘家を目指すとは、まさに熱血格闘野郎というコピーにふさわしい。
嫌いな物に昆虫とあるが、もしかしたら虫食いに遭ったりするのかもしれない。
ロルフなどは以前出会ったことがあるようで、敗北時には「腕をあげたな、ボーナスくん。」と爽やかに応えている。
カズマフェルデン・クライスがボーナスくんを名指しで呼ぶ様はなかなかシュール。
フェルデンに負けると「しょせんお前はボーナスくんなのだ」となんだかよくわからないが酷いことを言われる。
ちなみに上記のプロフィールは『わくわく7』時のものだが、『ギャラクシーファイト』での身長と体重は160.5cm、70kgだった。
サンドバッグの癖に成長しているが、これが生命体としての成長なのか、それとも中身を詰めたのかは定かではない。

ちなみに嬉野明彦氏による小説版わくわく7では、登場キャラで唯一登場していない。


原作での性能

『ギャラクシーファイト』では必殺技が1つだけ、通常技の性能も微妙でガードが出来ないという
まさしくサンドバッグだった。

…のだが、『わくわく7』ではものすごく強くなっている。
硬襲啖(こうしゅうたん)は射程は短いが連発でき画面に3発まで撃てたり、
暴棒堅(ぼうぼうけん)は対空がいまいちなこのゲームの中でそれなりな性能を誇る対空技であり、
渦巻暴風脚(うずまきぼうふうきゃく)は当てて反確だったり弱だと連続ヒットしないとか微妙な性能の突進技も持っていたりと
なんと3種の神器を揃えている波動昇龍タイプのキャラクター。サンドバッグの癖に!
(ちなみにWP版は連結硬襲啖(れんけつこうしゅうたん)、暴棒滅波(ぼうぼうめっぱ)、突風渦巻暴風脚(とっぷううずまきぼうふうきゃく)、とこれもどっかで聞いたようなネーミングに…)
さらに『ギャラファイ』では出来なかった立ちガードも可能に! 中身を硬化しているのだろうか…?
ボーナスステージ扱いのキャラなため負けてもゲームオーバーにはならないが、
ボーナスステージだからとお互い7ゲージ溜まった状態から始まるので、負けることも珍しくない。
(なお、わくわく7のゲージは最大7本なのだが、ゲージ=所持しているわくわくボールの数なので1面では1本しか無く、面クリアごとに増えていく。
  4面以降の対戦相手のゲージを考えると各色2個ずつ計14個のわくわくボールがある事になってしまうが。
 例外が対戦時(7)と7,8面(同キャラ対戦とラスボス。7より増えない。)とボーナスくん(7個なうえ満タンからスタート))
AIも他のCOMより明らかに優秀で、ひょっとするとラスボスより強いんじゃないか、という噂もちらほらある。
お前のようなサンドバッグがあるか!
しかし実際に使ってみると リーチ・火力が無い、投げが無い、しゃがめない(しゃがみ攻撃・下段ガードがない)
とハンデが強すぎるので、前作から超強化されたと言えど、対人戦ではやっぱりまともに戦えない。
(手も足も出ないサンドバッグなので体型上どうしようもない話なのだが)
まぁ強いと言うのは暴れAIだからなので、たとえCPUでもゲージが切れたり一度守勢に回ると弱いのと言うのが事実である。


MUGENにおけるボーナスくん

クセの強いキャラが多すぎるMUGENでは
残念ながらわくわく7ほどの活躍はできていない模様。

  • MASA@DAS氏製作 ギャラクシーファイト版
WinMUGEN版とMUGEN1.1版の両方を公開していたが、現在は2017年2月のJ:COMのWebSpace終了によるサイト消滅で入手不可。
tokume氏がWinMUGEN版用AIを製作していた(現在代理公開すらされていない)。

  • bad darkness氏製作 わくわく7版
iswebライト終了に伴うサイト消滅後、AZAMI氏のサイトで代理公開されていた。
2012年5月21日のiswebベーシック終了でAZAMI氏サイトも閉鎖されたため、現在は入手不可。
パオパオ氏がMediaFireにて代理公開している。
tokume氏(現在代理公開すらされていない)、コケココ氏(2012年4月HP閉鎖)のAIが存在していた。


tokume氏製AIの参考動画

ギャラクシーファイトチーム・わくわく7チームにそれぞれ参加し、まさかの直接対決を繰り広げた。


出場大会

シングル
タッグ
チーム
その他
削除済み
更新停止
凍結

出演ストーリー