ショーン



「やった・・・・ついにやった!
               俺・・・・全米一になったッ!
  これで師匠に追いつけたぜ・・・・
               ・・・・ああ、夢みたいだ・・・・」
*1
「押忍!宜しくお願いしますっ!」

III1st・III2nd
ニューヨークの街角に道着を着た一人の少年が落ち着きなく立っている。
どうやら人を待っているらしい。
「ケン師匠はどこまで行ったんだろう……、奥さんへのプレゼントだからって、買い物にしては遅いなぁ。こっちは道着を着てこんなところで立ちん坊じゃ、ケンカ売ってくれって言ってるようなもんだぜ」

「早くファイトがはじまんねぇかな……」
建物一つ離れた路地でそうつぶやく男がいた。ホットドッグを片手に、こっそりと様子をうかがうケンだった。
III3rd
ショーンもいよいよ格闘選手権に出場する事になった。
だが師匠のケンは厳しく言い放つ。
「お前の今の実力じゃ恥をかくだけだ」
大会予選まであとわずか。
なんとしても、ケンを唸らせる「自分だけの型(スタイル)」を会得しなければ!

キャラクター設定

ストリートファイターIII』に登場するキャラクター。『1st』より登場。
フルネームはショーン・マツダ(日本名は「松田ショーン」)。日系ブラジル人三世の青年。
『ストV』で姉・ララの存在が明かされ、苦手なもの(≒人物)に彼女の存在が挙げられている。一方の姉は弟 ♡♡ である。

『ストIII』の時代では全米格闘チャンプとなっているケンに憧れを抱き、彼の元へ無理矢理おしかけて弟子入りした
当初は弟子を持つことに気が進まなかったケンであったが、熱意が伝わったのか、後に熱心にショーンを指導するようになる。
『1st』、『2nd IMPACT』では半ば投げ遣りなケンからの修行をこなすべく切磋琢磨している姿が描かれている。
『3rd STRIKE』では全米格闘王選手権に出場する為に、自分だけのオリジナルスタイルを会得しようとストリートファイトに赴く。

担当声優は『1st』『2nd IMPACT』では『ジョジョの奇妙な冒険』のDIO役、『北斗の拳』のレイ役で知られる千葉一伸氏。
『3rd STRIKE』では岩田光央氏。
『V』でも使用キャラではないもののデモ画面で音声があり、 藤村 村瀬歩氏が担当している。

いつ頃に弟子入りしたかについては不明であったが、『ストIV』においてケンの「弟子はもう受け付けていない」という旨の勝利台詞がある為、
『ストIV』の時代には既に押し掛けていたと考えられる。
波動の力も伝授してもらっているようで、まだ完全に使いこなせてはいないが、ある程度実戦で使用出来るレベルではある。
その他見よう見まねで覚えたリュウやケンの格闘術と、祖父から伝授された柔術をミックスさせたスタイルで戦う。

趣味はケンカとストリートバスケ。世紀末ではない普通のスポーツね、一応。
投げたボールをブロッキングするボーナスゲームでは、ボールの投げ役としても登場する。


キャラクター性能

矢吹真吾のような弟子キャラで、ダンのように意図的に弱く設計されている……はずなのだが、
高いゲージ回収能力と隙のない必殺技のお陰で、『2nd IMPACT』までは強キャラの一人に数えられていた。
初代では強トルネードの気絶蓄積値が異常に高く、さらに通常技キャンセルでコンボに組み込めたため、ジャンプからの基本連続技で(相手キャラにもよるが) 9割 スタンゲージを溜められた。
『2nd IMPACT』では「トルネード」含め、当てて有利になる技が多く、更に発生0Fの高速突進SA「ハイパートルネード」が最大2本ストックであった。
またショーンのみ後ろに下がりながら通常技を出すと何故か空振り二回分ゲージが溜まる(1stでもあったので多分)仕様があり、
他のキャラがしこしこ1本ゲージを溜める中ショーンはハァッ!とアッパーするだけで2本ゲージが溜まる異次元さを発揮、
そもそもそのアッパー(大P)も他の胴着キャラと違いショーンだけ遠距離技がないため適当に振り放題、
例を出すとアレックスの大足を発生大体3Fで先端から潰す意味不明な判定の強さを常時振りまくことに。
他の技もリュウケンより大概強く、牽制メインで押していき、中~近距離で通常技当たったらすぐハイトル
と言うより、何か技当たったらその後に「ハイパートルネード」が付いてくるという恐怖の存在になっていた。
ちなみに恐らく最もひどいのがリープアタック(中段、発生一桁F)と下段の択。
2ndは22+ボタンでリープなので出るまでリープか分からず、発生もほぼ同じというか発生一桁の中段とか見えるはずが・・・。
勿論当たればハイトルで体力5割が消し飛びます。


いくら何でも師匠を余裕で食ってしまえる性能はマズいと感じたのか、『3rd STRIKE』では理不尽なほどの弱体化がなされることになった。
例を挙げていくと、
  • ヒット・ガード・ミスを問わず反確の「トルネード」(EXなら不利で済むが1FSA持ちのユリアンヒューゴーには封印せざるを得ない
  • 「ハイパートルネード」は0フレ技ではなくなり弱体化。それでも全体的に俯瞰すれば強力なままだが、最大ゲージストックが1本に
  • 「ドラゴンスマッシュ」の弱体化(両手で攻撃したら弱くなってしまった…)
  • 通常技はどれも他の胴着キャラの劣化性能へ
等々…、その結果何をやってもケンの劣化と言われ、トゥエルヴと2弱を争うほどまでに落ちぶれてしまった。
一応ジャンプ力などの機動力の面ではケンに勝っているが、流石にそれだけでは前述の性能差を補えない。
今や『3rd STRIKE』ランク評価(2012年現在のアルカ調べ)は並んでいたはずのトゥエルヴにすら突き放され、
圧倒的に1弱独走している救いはないんですか!?

「ハドウバースト! うぉーっ!」
参考動画

その為か、どうしても『1st』『2nd IMPACT』時代の千葉一伸氏演じる通称『千葉ショーン』は強キャラ、
『3rd STRIKE』での岩田光央氏演じる通称『岩田ショーン』は弱キャラという変な概念がこびり付いてしまっており、
特に前者はDIOレイジェダ・ドーマ鑑恭介など強キャラ系を演じていることもあり、余計に拍車をかけているともいえる。
また挙句の果てに『3rd STRIKE』でショーンが弱くなったのは「中の人がDIO様じゃなくなってしまった」からとか「中身が変わってしまった」から等と皮肉られる始末。
そんなに声補正が凄いのか!?
KUSANAGIもそこまでではないがそれなりに強いキャラなのに…、というかジェダや恭介は弱い時代もあったのに。(´・ω・`)ショーン
最近では名前繋がりの時事ネタで「詐称がバレた」等と言われる始末。(´・ω・`)ショーン
しかし悲惨なキャラの代名詞としてたびたびトゥエルヴの名前が挙がるのに対し、ショーンはあまり話題に上らない。
トゥエルヴにおける山崎氏ほどの著名なプレイヤーも存在しない。
また闘劇08本戦でも、トゥエルヴはなんと2人もいるのにショーンは1人もいなかった。
まぁ08年は誰かさんもいなかったのだが、 過去1度も出場したことがない のはショーンだけである。
やはり同じ意図的に狙って作られた弱キャラであっても、特徴的な性能を有するトゥエルヴとコンパチの劣化キャラでは扱いが違うのか。
逆に言えば、ダンと違いもし次回作が存在するなら、また浮かび上がる可能性も多分にあるという事ではあるのだが。
(`・ω・´)ショーン
この顔文字が使われるのはいつになることか…。
そんなショーンが活躍する動画


MUGENにおけるショーン

+ 原作再現系

+ アレンジ系

その他、SVCの胴着キャラを改変したと思われるSNK風ドットのショーン、
ストZERO風ドットショーン、雷を纏ったダークショーン等が存在している。
かつての栄光を取り戻せるか!?





  「俺はダンじゃないっ!ダンって呼ぶなあっ!」 *2

…とここまで色々とショーンの不遇さ、性能面の弱さを上げてきたが、実際の所MUGENにおいては
相手やシステムの相性で他の格ゲーキャラを喰える性能に化ける事もある。
実際、原作では最弱キャラであっても、このMUGENでは同じく原作では最強キャラを余裕で
喰ってしまえるキャラへと変貌する事はよくある事でもある。
ショーンの場合も、もしかするとこのMUGENでは相性による優位性が今後、発見される…かもしれない。

+ 大会ネタバレ

出場大会

シングル
タッグ
チーム
その他
削除済み
更新停止中

出演ストーリー



*1
夢でした。


*2
海外版『1st』及び『2nd IMPACT』の勝利台詞より。
そういえば「断空脚」と「トルネード」は似ているような。
性能は段違いだけど、断空脚もサガットがパクるぐらい強いし。

余談だが、ダンさくらも『ストIV』に登場した。
まあこちらの方は時代的に『ZERO』、『ストII』に近いし…、と思ったらまことダッドリーいぶきが『スパIV』に参戦してしまい、
『スパIV AE』にはユンヤンも参戦。もはや(´・ω・`)を通り越して(´;ω;`)
マツダ式柔術オンリーで戦うショーンが見たかったという声もちらほらと挙がっているので、次回作こそはと願いたいところである。
…と思っていたら、そのポジションは姉のララに持ってかれてしまった。ショーン(´;ω;`)