神崎十三

流派: 我流
武器: 金棒「金剛羅漢」
生年月日: 天保8年6月17日
年齢: 26歳(一幕)、27歳(二幕)
身長: 6尺6寸
体重: 30貫目
目的: あかりのお供
宝物: 三味線
趣向: 食べ歩き・ミュージック
利き腕: 右
好き: 団子
嫌い: 勉学
キャッチコピー: 陽気な羅漢 -Big Heart-

「がっはっはっ! また勝ってしもうた!!」

月華の剣士』「一幕」「二幕」に登場するキャラクター。
ハヤト戦え…の御先祖様ではない。魔界神とも関係ない。
一条あかりの家に居候している大男。
六尺六寸の巨体の持ち主で、その体に見合った巨大な金棒を武器として振り回す。
あかりの病弱な姉、ひかりに惚れ込んでいる。
声は『月華』時代はタイソン大屋氏、パチスロ版では鷲塚役の小西克幸氏が担当している。

陽気で大食らい、かなりのお調子者であかりには頭が上がらない。
その性格のため、「二幕」のエンディングではふざけ過ぎてあかりにこっぴどく怒られることとなる。
実は3枚目を演じているだけで、頭はかなり切れる。
……という設定になってはいるが、ゲーム中でそれらしい描写はほぼ皆無。
……すごい演技力だ、という事にでもしておこう。うん。
因みに小説版やCDドラマでは、この設定がしっかり活かされているのでご安心を。

+ NEOGEO BATTLE COLISEUM』では…

ちなみに彼のビジュアルや喋り方は『アストロ球団』の峠球四郎にそっくりである。
技が妙に野球っぽいのもそのせいか… ドラマ版では坊主頭で土佐弁だった?そこまで知るかいな
あかりに頭が上がらない辺り、明智兄弟の弟・球八も入っているかもしれない(こっちも小柄な兄の球七に頭が上がらない)。

見た目どおりのパワーファイターで、金棒を使った攻撃はかなり強力。リーチも長い。
地面を揺らして相手を転ばせる「ユラシ」(昇華可能)などもけん制に使える。
超奥義「大胆不敵(略)驚愕火山弾」や、潜在奥義「超激烈呆然(略)仰天大噴火」なども非常に強力。
困ったことにNPC戦序盤に出てくるのにキャラ性能が高い事から、初心者を自重せず狩っていく姿も…

投げ技も豊富で派生もかなりするため、月華の投げキャラの一人。「二幕」では投げの種類や派生がかなり増えた。
主な投げは相手を掴んで空高く投げる「ぶんナゲ」(「一幕」では富嶽)、
相手を地面に投げる対空投げ「たたきツケ」(「二幕」より)の二つ。
ぶんナゲ後は相手を思いっきり打つ、「かットバシ」→「すットバシ」or「ふットバシ」or 超奥義「ほうむラン!」に派生する。
うまく繋げれば大ダメージとなるが、六道烈火のようにタイミングが必要なため適当に出すとミスしてしまう。
「かットバシ」や「ほうむラン!」はジャストミートしたときの威力は凄まじいが、
ジャストミートできるタイミングは僅か2、3フレーム程度しかなく、それ以外だと当たっても低威力で、
狙いすぎると空振りになり、反撃を受けてしまうというリスクもはらんでいる。
なお、「ふっトバシ」はタイミングにかかわらずダメージは一定だが、「かっトバシ」より当てにくくてろくに使えない

たたきツケ後は相手を滅多打ちにする「ぼこナグリ」or 相手を潰す「すりツブシ」に派生。
さらにぼこナグリ後は、超奥義「刮目!」→潜在奥義「超激慟じゃィ!」と派生し相手の体力をごっそり奪うことが出来る。
(このルートは一幕の潜在奥義「刮目!超激慟」のモーションを再現したものとなっている)
おまけにこの「超激慟じゃィ!」は潜在奥義が使える条件でなくても出せてしまうバグがあり( 剣質すら無関係 )、しかも力より 技の時の方が高威力 になる。わけがわからないよ
ただし、「ぼこナグリ」「すりツブシ」ともに投げぬけが可能であり、
AIが相手の時は投げ抜けを入力しないことを考慮して、AI用に自動投げ抜けが発生するシステムもIldanaf氏が搭載している。
なお、「ブンナゲ」からの「たたきツケ」の派生も可。

また、ジャン・ピエールセル結蘭に次ぐ前タメコマンドの頭突き技「岩クダキ」など癖の強い技も揃っている。
特に「岩クダキ」は剣質により性能が変わる技で、力ではやや発生が遅いがガード不能、
技・極ではガード可能な代わりに発生が早く、追加で連続入力技の「鉄アタマ」に繋げられる。
ただし「鉄アタマ」は最後の3段目が繋がらず(代わりにガード不能ではあるが)、2段目で止めても不利な困った技だったりする。


MUGENにおける神崎十三

MUGENではにゃんころ氏製作のものをベースに、Ildanaf氏が10種におよぶ各種投げコンボの搭載、
剣質や昇華などのシステム、AI搭載など、音声と画像以外ほぼ全面に改修されたものが作られており、
御名方守矢鷲塚慶一郎と同じく、強力化したマスター版もある。
このマスター版には、鷲塚の『誠』、守矢の『月』、楓の『龍』に該当する隠し剣質『漢』が搭載されている。
ヤフーブリーフケースのサービス終了に伴い入手不可だったが2014年に氏のサイトにて他の月華キャラと共に再公開された。

再公開時のブログによると、十三の B style が完成しているらしい記述があるが、
現状では旧作の再公開以外は行う予定はないとの事。
果たして、公開される日はくるのだろうか。

2016年4月に通常版、マスター版ともに大幅に更新された。
通常技や必殺技の性能の見直しや、未搭載であった技の追加などが行なわれた。

ゲージタイプも、3ゲージ制のゲージタイプAだけでなく、原作風のゲージタイプBも使いやすいように更新されている。
また、マスター版に関してはゲージやライフの自動増加設定について増加率などの微調整も可能となった。

AI面でも大きく変化しており、新技の搭載による新しい立ち回りを行なうようになっただけでなく、
弾き率や弾き精度管理の設定法方が変化され、弾きの反応速度も設定可能になった。
ガードキャンセル率も弾きとは別に設定可能に。
AI自動起動の設定も追加されている。

また、以前から設定可能であった「かットバシ」や「ほうむラン!」のジャストミート率や、
「ぼこナグリ」「すりツブシ」からの自動投げ抜け率を設定する投げコンボ精度に加えて、
固め投げを立ち回りに組み込むようにする頻度や精度の設定や、
「超激慟じゃィ!」バグの使用を行なうスイッチなども搭載されている。

さらにマスター版には、隠し必殺技が搭載されており、
cns内のスイッチで 秘密の3桁の数字 を入力することで開放される。

「ぶんナゲ」中にYボタン4連打で構えモーションに入り、構え中にAボタンを連打することで威力が上昇する。
20連打で体力の半分、30連打で体力の3/4を奪い、32連打で即死技となるなど強力だが、
連打数が33に達すると、逆に自分が即死する。
連打数が「33-4」となるため致し方なし。

演出やコマンド入力方法も含め、極めて阪神ネタとしての要素が強い。
「なんでや!阪神かんけいないやろ!」


出場大会

シングル
タッグ
チーム
その他
更新停止中
削除済み
凍結
【マスター十三】
削除済み

出演ストーリー