レッドアリーマー



「ギャギ! ギャギャ!」

CAPCOMのアクションゲーム『魔界村』シリーズでおなじみの赤い悪魔
一部のファンからは名前をもじって「有馬さん」とも呼ばれる。
『魔界村』におけるザ・初心者キラー。2面と大魔王しか登場しない7面以外の全ての面で登場し、
1周クリアだけで最低でも11匹のレッドアリーマーと戦わなければならない。*1
プレイヤーの攻撃動作に瞬時に反応、投擲武器よりも速い動きで射線を外すという、全盛期SNK真っ青のアルゴリズムを持つ。
ザコながら早いスピードで空を飛びまわって攻撃をことごとく避わし、不規則な動きから体当たりを仕掛けたり炎を吐き、
無視をしようとしてもどこまでも追いかけてくるため、そのザコとは思えない強さで幾百のアーサー血祭りにあげてきた強敵。
なお、動き出してから一定時間放置するとブチギレて体の色が白くなり、さらに凶暴化するのだが、あまり知られていない。
ゲーム自体の凄まじい難易度もあり、彼が出るステージ1の中間地点で詰まり、クリアを諦めるユーザーも少なくない。
続編の『大魔界村』では「レッドアリーマー・キング」、『超魔界村』では「レッドアリーマー・エース」というそれぞれ上級のアリーマーが登場する。
さらに、GBAへアレンジ移植された『超魔界村R』では一族の王「レッドアリーマー・ジョーカー」が登場し、ボスキャラクターに昇格。
ジョーカーは巨体にもかかわらず、残り体力が減ると他のアリーマー同様素早く攻撃をかわし、プレイヤーを驚かせた。

+ 魔界村外伝シリーズ

このように『魔界村』『大魔界村』『超魔界村』とシリーズ通してアーサーを苦しめた強敵であるが、
いずれの作品もパターンと対処法を覚えてしまえばやられることはなくなり、文字通り無傷で倒せてしまうようになる。
最初あれほど苦労したアリーマーをあっさり対処できるようになるのは、自分の上達が実感できる非常に気持ちのよい瞬間である。
そしてこれは魔界村というゲーム全体に通じることであり、魔界村の優れたゲーム性と人気を象徴しているキャラクターであると言える。

格闘ゲームのキャラクターとしては『SNK VS. CAPCOM SVC CHAOS』にて、アテナと対をなす隠しボスとして出演。
人語を話せないことから、上級のレッドアリーマーではないようだ。
性能としては、「ゾンビ」や「ウッディピック」などの『魔界村』住人を飛び道具として呼び出し、
自分自身も多段ヒットする火球や下段判定の「プチデビル」をばら撒き相手を固めて、
『魔界村』の動きを再現したガード不能の変則的な突進技「ヘルハンター」でガードを崩すなど、遠距離戦が得意。
さらにボスのため火力もそれなりに高かったりと、まさに隠しボスな性能をしている。
肩を怒らせる歩き方も原作再現だが、なぜかしゃがみモーションはない。普通に胡座かいてたくせに。
弾幕ボスのため接近戦はそこまで強くないので、倒す際はとにかく近づこう。
なお、レッドアリーマーに負けた相手は、ダンを除いて醜い魔物や妖怪にされてしまう。ひどい
女の子動物にされるほうがなんぼかマシである。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm3707918

「ゴギャゴ!」(お似合いだ!)



2011年には『ULTIMATE MARVEL VS. CAPCOM 3』にて、再び格闘ゲームへの参戦を果たしている。

+ UMVC3での性能

+ これ以上やったらゲーム嫌いになるよ…

MUGENにおけるレッドアリーマー

  • H"氏制作 SVC仕様
動画で主に見かけるのはこちら。
残念ながら、現在は代理公開していたURA(Re:)氏のOneDriveのアカウントが凍結されたため入手不可。
モードセレクト機能が搭載されており、特殊システムなし、KOFモード、SVCモードが選択できる。
標準でAIも搭載されているが、できる限りウッディピックを呼ぼうとせず、なぜか隙の多い欽ちゃんキックを多用するため、
残念ながら原作のような圧倒的な強さは無い。
弾幕の密度が薄く、機動力も並で、MUGENでは彼以上に弾幕を張るキャラクターや動きの速い相手も多いことから、あまり活躍できていなかった。

しかし、おまけの人氏によるAIが公開され状況は一変。
隙あらば弾幕を張り、KOF・SVCモードでは近付かれても前・後転で逃げるため、凶ランクの強さ。
特に空中飛び道具の「プチデビル」は下段のためAI殺しで、近距離ではアリーマーが着地する前に当たり“空中下段”が成立し、
AIにとっては事実上ガード不能(しゃがみガード優先のAIでも相手が空中にいれば立ちガードする)。
もちろん、遠距離でも立ちガード優先のAIは無防備に食らってしまう。
そのためガードの固い相手に強く、相性次第ではモヒカン氏AIトキマスターギース・ナテルオ氏AIジャスティスなど狂下位勢に勝つことも。
当然普通の大会には出せない強さなので、ガン攻めAIや無敵移動技などで弾幕に対抗できる相手と戦わせるようにしたい。
特殊システムOFFなら前・後転ができなくなり、いくらか弱体化する。

また、声を上記のナムカプ版レッドアリーマー・ジョーカーにするボイスパッチもニコロダで公開されていたが、ニコロダが閉鎖して入手不可能になった。

  • Acey氏、TiagoFrossard氏、The Great Matsutzu氏制作 MVC仕様
Infinity MUGEN TEAMにて公開されている。
魔物弾幕こそ張らないものの飛行や様々な巨大なブレスを吐いたり、『デモンズ・ブレイゾン』のように変身して体当たりする超必殺を使い、SVC版とはほぼ別キャラクターになっている。
AIは搭載されていない。


H"氏のレッドアリーマーには『SVC』でおなじみの「妖怪KO」が搭載されており、
キャラクターのsffの登録番号5960に妖怪化したキャラクターのスプライトを載せ、レッドアリーマーのcnsにキャラクター名を登録すれば対応してくれる。
ミッドナイトブリスなどに比べるとその手間から対応しているキャラクターはかなり少ないが、
オリジナルキャラクター制作者によってはお遊び要素として搭載している場合もある。
今後キャラクター制作を考えている人は、この機会に試してみるのも面白いだろう。


彼のライバルである『魔界村』主人公のアーサーも作られてMUGEN入りしている。
当然ながら原作のように相手の攻撃一発で鎧が脱げたりはしない。

ニコニコでは上記のエピソードもあり『課長の宿敵』(もしくはライバル・トラウマ・天敵など)と呼ばれることがある。
トラウマ枠はこの他にもドラゴン系の敵や『忍者竜剣伝』の鳥(雑魚キャラ)等も挙げられ、後者に関してはゲーム後半で「魔界村の比じゃない、出てくる敵がみんなレッドアリーマーや!」と発言している。


出場大会


削除済み

出演ストーリー

+ ...

*1 アリーマーが動き出す前の瞬殺テクやスクロールアウトなどを使うと、ガチで戦う数は5匹まで減らすことができる。
ただし、2周目以降は瞬殺パターンが通用しなくなるため、戦闘回数は増える。

*2 なお、復活当初は普通のレッドアリーマーの姿であるため、単なる低級魔族と思われて
そこらの貧弱一般魔族にタメ口をきかれたりもするが、「時」の紋章を奪還することでかつての威容を取り戻し、
それまでタメ口をきいていた魔族も思わず命乞いするようになる。
時の紋章の力で往年の姿を取り戻したとみるか、そもそもかつて“赤き魔物”として魔界全土に恐れられたのは
時の紋章でパワーアップした後の姿だったのか。結構悩む演出である。