ロール

「世界の平和は、私が守るわ!」

ロックマン』シリーズのヒロイン。
DRN(ドクターライトナンバー)の2番機で、ロックマンの妹にあたる他、ブルースにとっても妹機にあたる。
(『ロックマンロックマン』等、一部の作品ではロールは彼のことを知らないが。)
金髪ポニーテールに緑のリボンがチャームポイントで家事全般が得意。心優しく、夢は病院を建てて人々を救うこと。
一見人間そっくりに見えるが、よく見ると下半身の形状が人間離れしており、
特に生足状態のFC時代の公式イラストなどを見ると膝から下が先端に行くほど太くなるのが分かる。
(人間キャラはこう言う描かれ方をされていないので、絵柄がこういうタッチなわけではない)
CVは出る度に変わり、ドラマCD『ロックマン危機一髪』では平松晶子
『ロックマン8』及び『ロックマン バトル&チェイス』ではリリスブリジット等を演じた小西寛子で、アイスマンも演じている。
『スーパーアドベンチャー ロックマン』では吉田小南美、『ロックマンロックマン』では二宮圭美。
MVC』では藤野かほる、ロックと二役。『タツノコVSカプコン』では 五十嵐裕美。
アニメ版(日本製)ではこおろぎさとみ
声の多彩さで言えばロックマン以上である。

ロックマン6』まではまったくと言っていいほどクローズアップされていなかったのだが、
『ロックマン7』ではOPデモで現場に向かうロックマンを心配して付いていったり、
特殊武器入手時に挿入されるデモシーンでランダムに登場したりと、それまでとは違う活躍(?)を見せる。
そして『ロックマン8』によって劇的な変化を遂げる。具体的に言うと服装が変わり容姿が大人びて性格が社交的で明るくなった。
その可愛さは多くのプレイヤーをロリの道へひきずりこんだとかこんでいないとか。
ワシは後ろを向いておるよ。ありがとう博士!
その後、ロックマンDASHシリーズではロックをうっかり轢き殺すメカに強い幼馴染に、
ロックマンエグゼシリーズではロックマンの恋人になっている。
まあエグゼシリーズでは両者とも人間じゃないけどね
アニメ版MEGAMAN? あれはないわ。
ヤンデレ化=アイリス
(クリックで拡大)

ちなみに、『ロックマン2』には登場しておらず、『1』と『3』もエンディングのみの出演だった。
後の携帯版『1』では、オールクリアする事でロールでの本編プレイが出来るようになっている。
特殊武器を一切使えない代わり、武器エネルギーを消費してチャージショットが撃てる。
PSPの『ロックマンロックマン』でもDLコンテンツキャラとして登場するが、何故か武器はバスターじゃなくて


ライト「ほ…ほんとに行くのか?ロール?」

+ お前らのお姉ちゃんは不死身だ!!
+ エグゼシリーズのロール


格闘ゲームでは『MARVEL VS. CAPCOM』より登場し、おおよそ『MARVEL vs CAPCOM2』の方が話題として挙がる。
体が小さいので当たり判定が小さく、二段ジャンプが出来るなど空中制御の性能がいいのが強みだが、
リーチが無く、攻撃力も無く、コブンアダマンチウムを失ったウルヴァリン豪鬼と並んで防御力も無く、と胸も無い無いづくし。
作内でのキャラ性能は最下位と言って間違いない。
上記を含めた細かい性能については、下記にまとめておく。

+ ロールちゃんの性能

撃つたびに付けたり外したりするロールバスターは、ロックバスターの試作型かもしれない。ちなみに溜められない。
マヴカプのロールは『ロックマン7』以前や『8』と一線を画し、いろいろはっちゃけた性格になっている。
ハイパーロール中のおっ■いミサイルとかマフィアも真っ青な花束爆弾とかやりすぎな気がしないでもない。
また、技モーションやジャンプの頂点などいたるところでパンチラするのもポイント。

『タツノコVSCAPCOM』ではロックを差し置いて出場。
代わりに『ロックマンDASH』のロックが出ているので、恐らくダブルロックマンにならないための配慮だろう。
こちらはPSP版仕様の箒持ちロールで、背が低いまま強攻撃でのリーチを獲得。
箒でぶん殴って相手をダウンさせた後が本領で、モップでのダウン追い討ちでダメージとゲージをモリモリ稼ぎ、
一度転ばしたら逃がさずにまた転ばせる、という地上&低空戦特化キャラ。エリアル関連の性能が悪いのがそれに拍車をかけている。
また、隙あらば「ロールひとやすみ」で回復を狙えるため、タイムアップ狙いの長期戦なら圧倒的優位に立てる。
さらに体が小さく(リュウの2分の1ほど)、コンボが非常に当て難い長所もある。
なお、新たに入ったバケツで水をぶっかける飛び道具は、かつてのロールバスターより性能がいい。水以下の火砲って一体…。
しかし、平均以下の体力と異常なまでに低い攻撃力が足を引っ張りまくりランク的には下位から数えたほうが高い。
特にパートナーが倒されるとワンチャンで攻撃が刺さってもまったく減らせないので断然不利になる…と言うか単体では最下位かもしれない。
しかも彼女だけ空中喰らい時の浮きが高い仕様になっているおかげで、多くのキャラが限定永久を持っていると言う致命的欠点が痛い。
画面端で永久を喰らって浮かされる姿はなんとも悲しいものがある…。

だが、これでも『MVC2』よりは遥かにまともに戦えるようになっており、そこまで使われないわけでもない。闘劇にも出場してるし。
なお、テッカマンのエンディングではテッカマンの援護のためにゴールドライタンにしがみついたまま宇宙までやってくる。
更にテッカマンばりにペガスに搭乗してテックランサーをぶん投げるなどやりたい放題である…もう兄を超えたのではないだろうか?
ちなみに、専用BGMも「風よ伝えて… '08」として復活した。もちろんボーカル付きだ。ヒャッハー!


MUGENにおけるロールちゃん

いくつか存在するが、特に有名なのは伊吹川氏及び、kong氏のロールだろう。

  • 伊吹川氏製作・アレンジ仕様
FC版ロックマン1~6の各種ボスの技を使えるアレンジ仕様。
一部の技は使用するのにゲージを消費する。

使用する特殊武器
1・スーパーアーム
2・タイムストッパー
2・アトミックファイヤー
3・タップスピン
5・チャージキック
5・スタークラッシュ
5・クリスタルアイ
6・ナイトクラッシャー
……4のボスの武器は入れ忘れたらしいが、所持出来る武器は八つまでなので致し方なし。
sffファイル(画像データ)を見ると、マグネットミサイルも使う予定だったようだ。

タイムストッパーも装備しているが、原作とは違って発動中に攻撃も可能。
まぁ、ただ止めるだけでは意味が無いので当然と言えば当然か。
先駆者と違い発動中は攻撃力が上がるため、タッグ戦でゲージ量の多いキャラと組めば10割コンボも夢ではない。
UJI氏がAI、柊・竹・梅氏がブリスをそれぞれ担当している。
他にも、声が『バトル&チェイス』仕様になるボイスパッチとフォルダ用のアイコンも公開中。

ブリスにはみすずちん某音ゲーの見習い天使のコスプレ等、没になったものを含めて数種類ある。
+ ブリスに関するちょっとした惨劇

  • kong氏製作・MVC2仕様
概ね原作再現ではあるが差異も多い、まぁいつも通りのkong氏キャラである。
地上・空中問わず全ての通常技がキャンセル・空キャンセル可能で、攻撃力も全体的に底上げされているため
原作と比べればかなり真っ当に戦えると思われる。
ただし、何故かハイパーコンボ全般の削りが無くなっている。
いつもの三段階AIの他、君麻呂氏が外部AIを公開している。こちらはリーフシールドを装備して特攻する戦法を行う。
また、永久コンボ(使用有無を設定可能)も搭載されており、今後の活躍が期待される。
ビートプレーン中に攻撃するなよ! 絶対するなよ!

  • hsiehtm氏製作・MVC仕様
基本的に原作再現。
AIも4段階にレベル調整可能なものが最初から搭載されている。

  • アリ氏製作・D4ロール
アリ氏による2014年のエイプリルフール限定公開キャラ。
イントロでいきなりパンツ一丁になるという誰得な出オチ感が凄まじい。
クリオキネシス(パイロキネシス?)ぽいロールバスターをやたらと連発してくる。
ストライカーでリーフシールドを張るキモいロックマンも召喚する。
作者による簡易AIを搭載しており、意外と強いのでナメてかかると痛い目を見るかも。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm23233351

出場大会

シングル
タッグ
チーム
その他
更新停止中

出演ストーリー


プレイヤー操作