韋駄川煉

「ブッこいてんじゃねえぞコラァ!!」


アリスソフトの地域制圧型エロSLG「大番長」及びそれを題材とした格闘ゲーム「BIGBANG BEAT」の登場キャラクター。
某夢魔とは一切無関係。こんなのもいるけどな。
闘京の江怒川区にある750学園所属で、カントウ最大の暴走族「獄煉」の総長でありカントウ最速の走り屋。
族間の抗争で親友の旋風寺北斗を亡くしている。
愛車は5年前に旋風寺北斗と一緒にスクラップから組み立てたZ750。

大番長の県内編は彼の率いる「獄煉」と金剛丸三蔵率いる「戦争寺学園」を相手にするもので、
煉と三蔵どちらを倒すかによってその後のルート分岐が決定する。

暴走族仲間からは「煉クン」と呼ばれているが狼牙にそう呼ばれるのは嫌っている。

原作SLGでは江怒川区を占領した後で闘京に攻め込んできたところを倒し、捕虜にすると勧誘で仲間にできる。
特殊技能「飛べオラ!」は攻撃力が半減する代わりに、低確率でアイテムが入手できる。ぶっちゃけカツアゲ。
本当に低確率なので、正直アイテム入手法としては使えない。むしろ攻撃力半減を活かして敵を捕獲する手加減攻撃としての使い方が主になる。
彼自身はそれなりに強いのだが、煉と実質二者択一のキャラが非常に便利な能力持ちであるためあまりプレイヤーには使われない。
初期の信頼タイプが「反抗」の為、信頼度がすぐ減ってしまうのも使い難い理由の一つ。
(信頼度が減りすぎると離脱してしまうため、何らかのコスト+行動を使って回復しなければならなくなる)
会話1回で、信頼度が一切下がらなくなる信頼タイプ「絆」になる金剛丸三蔵とは非常に大きな差である。
+ 原作で彼と二者択一のキャラ達

とはいえ、彼は複数のキャラに関わる大きなルート分岐を担っているため、戦力的価値とか抜きで結果的に仲間にすることになったりする。
+ 原作ネタバレ

BBBにおける韋駄川煉

担当声優は一文字雷氏。同作では金剛丸三蔵も演じている。ん?
木刀を振り回し色々なものを投げる、リーチと威力に優れたキャラ。
その分動作が遅く、隙が大きく、コンボもあまり得意ではない。
しかし固定ダメージ攻撃や同作品で唯一のコマンド投げ
さらに火炎瓶による異常に高い起き攻め能力や崩し能力の高さなど、
非常に優遇された性能を持ち、
原作の強さランク的には三蔵中西姉妹と並び最強クラスと言われる。
なお、固定ダメージ攻撃およびコマンド投げは
コマンド入力タイミングにより失敗・成功・大成功とダメージが大幅に変動する。
六道烈火ほどリスクリターンが極端ではないが。
エンハンス「地獄送りのヘッドバット」はコマ投げ「GoToHell!!」の威力が上昇する。

+ 技解説

参考動画 原作対戦動画

MUGENにおける韋駄川煉

MUGENでの煉は以下の2人が国内では有名。

  • 我王氏製作
原作でネックだったPゲージ効率が改善された(というかPゲージが存在しない)ので
Pゲージ切れに悩まされることもなく、存分に暴れまわってくれるだろう。
エンハンスは実装されていないが(ただしパチキの基本ダメージ値がデフォルトからエンハンス二回分追加された状態になっている)、
エクステンドチャージは実装されているため最大の200%で「GoToHell!!」を大成功させると通常の二倍、7割近く減る。
と言っても、エクステンドチャージを200%になるまで使うのはあまりに非現実的なのでロマン技の類であろう。
Mk.X氏によるAIも製作されていた。Pゲージ無制限を活かして空き缶や火炎瓶を無制限にばら撒き、ちょっとした弾幕状態を展開して相手を寄せ付けない。だが、現在公開停止。

+ 勝ち台詞に関するちょっとした話

  • ⑨氏製作
原作再現に定評のある⑨氏のキャラらしく、MUGENでの再現が不可能なBストーン関連以外は全て再現されている。
Pゲージも再現されているので、我王氏の煉ほど空き缶をばら撒くことはできず、待ち一辺倒の戦い方は難しくなっている。
反面、エンハンスもしっかり再現されており、三回エンハンスが終了した後の「GoToHell!!」の威力は原作同様に1ゲージで5割弱と凄まじい。
最新版は MUGEN1.1専用 になっているので注意。MUGEN1.0版は2016年12月31日を以て公開終了。

AIパッチはShao氏のものが存在する。
Winmugen時代はWinnie氏、Tizona氏、KELN氏のも存在していたが、それらは現在公開停止。

Winnie氏のAIパッチは導入すると一部のバグが修正される。完成度は15%だとか。氏のAIはハイジャンプから空中バックダッシュによる相手を自分の有利になりやすい位置に誘い出すスタイルで、エンハンスよりもコンボを重視した戦い方をした。
空き缶や屈Mなどで牽制、隙があればコンボを叩き込んでいった。また、踊れ!を絡めた高火力コンボなどを使った。
ちなみにこのコンボ、エンハンスをしていない状態でさえ、相手の体力を9割奪う上、エンハンスしておくと10割を軽く越すダメージをはじき出した。コンボが難しい原作の画面端限定ロマンコンボであった。

Tizona氏のAIパッチは立ち回りとしては待ちのスタイルで、ガードが固くコンボを決めた際には飛べオラ!から安全にエンハンスをとり、逃がすかよ!の追加入力からもエンハンスを危険ながらも狙い、パチキ!で火力を取るスタイル。

KELN氏のAIパッチは頻繁にエンハンスを狙い、GO TO HELL!!をガンガン狙っていくタイプ。また、ディスプレイネームが「Mr.Katsuage」になる。氏のAIにはよくあることであった。
また、AIレベルが高いとmugenのガード使用上特殊な無敵がない限り回避不能バグを用いてパチキ!を決めてきた。
そのため、一部の相手はこれだけで封殺されることもあった。

見た目がほとんど同じなので仕方ないが、動画で「パチキ」と「GO TO HELL!!」を混同している人がいる。見分け方は煉が輝くかどうかである。「GO TO HELL!!」の場合は一瞬溜めた後、煉が輝くが、「パチキ」や失敗にはそれが無い。

三回エンハンスが終了した後のパチキの威力(7:34~) 煉君マジぱねっす!

その他、海外産のJango & The_None氏製、Noctis氏製も存在する。それぞれAIも付属している。後者は1.0専用。
原作再現はあまり意識されていないようだ。
また、DRM氏によって凶以上の性能を持った「煉クン」も公開されている。
カラーごとの性能変化やconfigでの詳細設定があり、動画でも活躍しつつある。


出場大会

+ ...
+ 煉クン

出演ストーリー

+ ...

*1
北斗が死んでも尚全国制覇を諦め切れないでいる煉に対して非協力的でいた為に、
獄煉のメンバーにゆうなが誘拐され(R-18な事を京子にしでかすがすごく痛い逆襲をされている)ゆうなと一緒に獄煉を抜けて狼牙軍団に入るイベントがある。
他にも金剛丸三蔵の妹の彩を誘拐して媚薬漬けにしたり、壊滅後の獄煉メンバーが道を踏み外した挙句狼牙を襲いそれを庇ったシオンが刺されるなどのイベントがある。
(京子、彩のシーンは必須イベント)
しかし煉が直接命令を下したシーンが存在しない、京子や彩の件について報告を受けた描写が存在しない、狼牙との決着後に獄煉の責任は自分一人にあると腹を括る、
そもそも煉が生存して狼牙軍団に協力している場合でもシオン攻略の条件を満たせばシオンのイベントは発生する上、それを煉が知るなどのシナリオ差分さえ存在しない。
それらを踏まえてみれば、上記の事件は獄煉メンバーの独断行動の可能性が高い。