最も気高き刃のイグニス




「私はイグニス。訳あって、人類の守護者を名乗る者だ」





ニトロプラスのPCゲーム『塵骸魔京』のヒロイン。スペルは「ignis」
ネスツ闇の支配者ではない。あっちのスペルは「Igniz」。
もっと早くMUGENで出ていれば某動画でネタになったかもしれない。
CVは三咲里奈女史。 え?どこかで聞いたことがある?聞こえんなぁ~
また、ピンクのポニーテールで弱者を見下す人外の剣士という特徴から某ニート魔法少女侍と間違えられるが初出はこちらが先である。
なお、格ゲー『ニトロ+ロワイヤル』等での名前表記は単に「 イグニス 」であるが、MUGENではあっちとの区別のため彼女の二つ名を付けて「最も気高き刃のイグニス」と表記することが多い。

人類の守護者」を名乗る女性。人類の3つの守護者の1つ、“最も気高き刃”と呼ばれる存在。
かつては強大な魔力を持つ「神」=「悪魔」の1人であり、人間の進化に興味を抱き、絶滅しないようその進化を見届けてきた。
現在はとある事情により魔力は持たないが、武器や罠を自在に操り、魔物たちを巧みに狩っていく。

原作宣伝動画

ニトロ+ロワイヤルにおいて塵骸魔京代表ヒロインとなったが、小説版においては非攻略対象にヒロインの座を譲っている。
まぁ「主人公に想いを寄せる同級生」という王道属性持ちだったので仕方ないね。*1


ニトロ+ロワイヤルにおけるイグニス

ムチムチ感増し

同じく刀剣持ちキャラである石馬戒厳よりも平均リーチがやや短いが、攻撃判定や威力に優れる技を持つ。
「立ち中→立ち強→6+強」という通常技コンボで体力3割近くを奪うことも出来はするが、対して通常技は弱攻撃も含め振りが遅く、それなりの無敵がついた技はゲージ技のみなので接近戦・乱戦はとても苦手。
+ ゲージ技の性能

前歩き速度が後ろ歩き速度の6割程しかない点からも、自分から接近するタイプのキャラではない。
下段設置技「トラバサミ」が刺さらないと高ダメージを狙うことは難しい。
ボタンで性能の変わる複数の飛び道具設置技「トラバサミ」を使い、相手のキャラやプレイヤーのクセを考慮して固めていく上級者向けのキャラ。

初期はやたら速い上途中でジャンプ攻撃の出せるフロントステップによる高速中段でガリガリ押していけたが、
後に前後ステップの発動前に一定のタメ時間が生じるように修正されたため、「暴れられると弱い」特性が強くなった。
フロントステップ強攻撃も攻撃判定の発生前に着地してしまうようになり、ステップ攻撃後の連続技も少なくなった。

前述のフロントステップ、ステップ中に攻撃を出すと、攻撃を当てつつ相手をすり抜ける(画面端でも)という変わった性質がある。
これにより「ステップ着地後の」相手のガード方向を惑わすことが出来る。接近戦が貧弱なのでトラバサミと重ねるか、アクセント程度に。

初期バージョンに限ってだが、横に当たり判定のでかい相手には月牙(貫通版)が10ヒットするためこれを繰り返すだけで一部の相手は封殺できてしまった。
さすがにパッチで上限修正されたがそれでも判定の大きい敵には多段ヒットするためかなりの固め能力を誇る。
月牙ハメ


MUGENにおけるイグニス

MUGENでは如月銃駆氏製作の1体のみが存在する。
原作のハメ技などは使えないように調整されていたり、通常技がチェーンコンボよろしく繋がり
各必殺技も繋がりやすくなっているが攻撃力が落とされる等のアレンジが入っている。
トラバサミで相手を拘束し、果敢に接近戦でコンボを狙うよく攻めるAIを搭載。

また、上記の銃駆氏制作のイグニスを原作風に改変する、AkagiK氏制作のパッチが公開されている。
このパッチを導入するとデフォルトのAIは削除されるものの、
戒厳のAI作者であるst-exupery氏によるAIが公開されている。
なお、こちらのAIは原作風改変版のものであるため、AkagiK氏のパッチを当てた上で使用する必要があるので注意
また、アル・アジフのドット改変パッチを作ったZ.A.I.氏によって、
イグニスのドット改変パッチも公開されている。


「負け犬は這いつくばって…死ね」


出場大会

+ 一覧

出演ストーリー



*1
『塵骸魔京』は当初よりメディア展開に備え、ヒロインが十人以上用意されていた。
実際に使用されたのは最も気高き刃、最も古き祈り、風の後ろを歩むもの、優しい死神の4ルートだが、
他にも吸血姫や人魚女王などのルートが存在する事が本編中でも示唆されていた。
そしてノベライズ『ファンタスティカ・オブ・ナイン』『ライダーズ・オブ・ダークネス』のヒロインとなったのが、
密かに主人公を慕う、生真面目なクラスの学級委員長・牧本美佐絵であった。
ふとした事故で主人公とキスしてしまった事をきっかけに、二人は徐々に恋へ落ちていくのだが……。
実は彼女は、悪の組織ストラスによって非人道的実験の末に生み出された改造人間であった。
組織を離反し、迫り来る寿命に抗いながら彼女が選んだのは「普通の女の子らしく恋をすること」、そして――……

「Who Are You!?」


「ベーオウルフ」


サイボーグ009』へのオマージュ溢れる、「正義の味方」の愛と勇気の戦いは必読である。