アントラー


ウルトラマン』の第7話「バラージの青い石」に登場した怪獣。別名「磁力怪獣」。一部では「蟻地獄怪獣」とも呼ばれる。
身長は40m、体重2万。武器としてクワガタのような巨大な大アゴや砂煙の他、最大の武器として虹色の磁力光線を放つ。
よく間違われるがクワガタではなくアリジゴクの怪獣である。モチーフにはクワガタも入っているので間違えるのも無理はないが。
名前自体もアリジゴクの英名であるアントライオンから来ている。

+原作ネタバレ
『ウルトラマン』に登場した数ある怪獣の中でも、スペシウム光線が通用しなかった最初の相手として有名。
中近東の伝説の町・バラージにやってきた科学特捜隊に襲い掛かり、ウルトラマンと激突。
ウルトラマンを苦戦させるが、ムラマツキャップの投げたバラージの青い石を受けて絶命した。

その後、実に40年もの間登場する事は無かったが、『ウルトラマンマックス』第11話「バラージの予言」にて再登場を果たした。
初代同様に磁力光線と大あごが武器でバラージの青い石が苦手。
磁力光線にはマクシウムカノンの溜め状態を無効化させる効果も持ち合わせている。
マックスを苦戦させるが、DASHが青い石を通して放ったビームを浴び弱体化、
マクシウムソードで片アゴを切断され、マクシウムカノンで倒された。
古代幻の王国バラージの遺跡から発見された石版には「バラージは謎の生物アントラーに滅ぼされた、
四千年後、アントラーは蘇り自然を破壊する文明を襲うだろう
」と記されており、以前より扱いがスケールアップしている。

『ウルトラギャラクシー大怪獣バトルNEO』にてババルウ星人のレイオニクスが操る怪獣として登場。
ゴモラの必殺技である超振動波も軽く弾く強固な外骨格と、強力な大顎と磁力光線で苦しめた。
レイオニックバーストとなったゴモラに顎を引き千切られるも、「真のレイオニクスバトル」を行っていたためその痛みに
シンクロしたババルウ星人が悶絶し、回収して撤退したため倒されることはなかった。
その後再登場はしなかったが、漫画『大怪獣バトル ウルトラアドベンチャーNEO』にて過去の惑星ハマーに飛ばされた
主人公の操るレッドキングとダメージが癒えないまま戦い、倒されたことが描かれている。

映画『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』では、ウルトラマンベリアル配下の怪獣として登場。
怪獣墓場でバルタン星人ゼットンらと共に初代ウルトラマンを襲ったが、ウルトラアタック光線を受けて倒された。
続編『ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦!ベリアル銀河帝国』でもゴモラ同様、没シーンにその姿が確認された。

『ウルトラマン列伝』39話ではハイパーゼットンが作り出した怪獣兵器として登場。
スフィアと融合したためなのかは不明だが、以前は効かなかったスペシウム光線が効き、そのまま爆死した。

『ウルトラマンギンガ』第9話ではイチノタニ建設の開発本部長、黒木知美がダークライブしたアントラー(SD)が登場。
磁力光線を使ってジャンナインを呼べない状況を作ったり
満足に動くことすら出来ないジャシュライン(SD)相手に終始優勢に立ち回ったりするなどの活躍をした。

映画『劇場版ウルトラマンX きたぞ!われらのウルトラマン』では
閻魔獣ザイゴーグによって生み出された閻魔分身獣・ゴーグアントラーが登場。
背中に翅を持っており、その飛行能力でウルトラマンティガ・スカイタイプと空中戦を展開した。
ランバルト光弾を避けていくが次第に追い詰められ、Xioのスカイマスケッティに翅を攻撃されて墜落。
更にパワータイプティガにパンチで大アゴをへし折られ、ひるんだところにゼペリオン光線を受けて倒された。

『大怪獣ラッシュ ウルトラフロンティア』ではバラージの町に似た廃墟に突如現れラッシュハンターズに襲い掛かった。
磁力光線でハンターの武器や動きを封じた。
なお、回想シーンで別個体が登場するがプラズマソウルの色と箇所が違うのが分かる。

「月刊電撃ホビーマガジン」で連載された小説『Another Genesis』では第2話に登場。
とある砂漠の惑星に棲んでいた個体が、同小説の第1話にて破壊された光の国の破片を取り込んだ事により、
本来の姿の数倍はあるだろう超巨大怪獣に肥大化し、惑星を訪れたウルトラマンと遭遇している。

なお、『ウルトラマン』の劇中ではではアントラーは五千年前にもバラージを襲い、
「ノアの神」と呼ばれるウルトラマンそっくりの巨人に撃退されたということになっているが、
漫画『ウルトラマンSTORY 0』では、「ノアの神」の正体はバラージを訪れたゾフィーだとされている。
一方、近年では「ノアの神」の正体はウルトラマンノアという説が有力になっており、
当のノアがウルトラマンゼロに与えた伝説の装備「ウルティメイトイージス」は当初、「バラージの盾」と呼ばれていた。

+青い石の効力について
なお、アントラーの弱点とされている青い石の効力は各作品でやや異なっており、前述した
初代の「投げつけられて爆発、そのまま絶命」、『マックス』の「石を通して発射されたビームで弱体化」以外には
漫画『ウルトラマン STORY 0』では「神像の首と一体化し、アントラーの硬い攻殻に穴を開ける」、
同じく漫画『ウルトラマン THE FIRST』では「磁力の鎧が剥がれ、スペシウム光線が通用するようになった」、
等といった形で描写されている。
原作で初めてウルトラマンの敗色が濃くなった相手だからか、漫画「超闘士激伝」や「STORY 0」ではゼットンを倒した戦士を同等以上に苦しめている。

磁力光線で飛行機を捕らえて捕食するという生態なのだが、何故地底の怪獣が空を飛ぶ獲物を捕らえるのか、
そもそも飛行機が無い時代はどうやって生きていたのかなど、ツッコミ所満載である。
尤も、『ウルトラギャラクシー大怪獣バトルNEO』ではゴモラの血液中の鉄分を磁力で引き付けたなどしていたし、
空を飛ぶ怪獣が存在するのだからそれらを捕食していたと考えれなくもない。
因みに強い磁力は金属以外にも影響するようになるからそれを応用していたのかも知れない。

何気に1990年のゲーム(ただし、アーケード版専用)にも登場しているが、こちらはそれ程強くなかった。
しかも鳴き声はネロンガの物であり、本来のものが当てられてない。
『大怪獣バトル』でもNEO3弾で初登場。スピードは低めだがアタックとディフェンスは高め。

余談だが、英語でアントラーとは枝角(木の枝の様に先が分かれた角)の事。
転じて(枝角を持つ)牡鹿の事であり、某サッカーチームの名前の由来と言えば分かりやすいだろうか。


MUGENにおけるアントラー

ウルトラ怪獣でお馴染みの這い寄る混沌氏の製作したものとカーベィ氏によって制作されたものがある。
這い寄る混沌氏製版はかなり昔から公開されており、飛び道具無効の性能と高い防御力で凶キャラとして活躍してきた。
カーベィ氏版には特殊な防御性能は無いが、まだβ版ゆえに必殺技等が未搭載で通常技しか搭載されていない。

+這い寄る混沌氏製
2008年1月には公開されていた。アーケード版『ウルトラマン』を元に作成されており、強敵であったTV版にも劣らない程の強さを見せつける。
甲虫だけあってか驚異的な防御力を誇り、余程の攻撃力が高いキャラでなければまともにダメージを与えられない。
バラージの青い石が弱点なのは原作と同じだが、科学特捜隊の援護が得られるウルトラマン以外のキャラは自力で倒すしかない。

攻撃を当てようとしたり距離を離したりすると地中に潜り、相手の真下から奇襲を仕掛けてくる他、カウンターのクリティカル攻撃も持つ。
近距離では砂煙で怯ませた後に大アゴで掴んで投げ飛ばし、中距離ではガード不能の磁力光線を使う。
この磁力光線、ダメージ自体はさほどでもないのだが、その真の恐さは
相手のPOWERゲージを満タン状態からでも一気にゼロにしてしまう」点にある。
ゲジマユ設定にでもしない限りPOWERゲージ溜め~超必パターンは殆ど封じられてしまう。
しかも食らっている間は全く動けないので、タッグ戦ならばアントラーの相方にボコられ放題というオマケが付く。
ちなみに、現在は更新によって原作どおりに喰らっている相手を引き寄せる演出が追加されている。

アーマーとして「飛び道具無効」の能力を備えているため、基本的に打撃か投げを使うしかない。
このアーマーは恐らく、原作での「スペシウム光線が効かない」を再現したものと思われる。

この特性ゆえに、AI同士での勝負ならガッツ星人(デフォAI)やキングジョーすら倒せてしまう。
(ゼットンのファイナルビームが飛び道具だった時期にはゼットンさえ倒せた。
 とはいえ現在はファイナルビームを無効化できないため、勝つ事は難しい)
通常AI殺しの東方系を初めとする弾幕キャラも、こやつを相手にすると完全に「詰み」となる。
しかしながら防御性能の割に攻撃性能が低い上、演出の長い磁力光線を多用するためグダグダな試合になりやすい。

エルクゥにはまず勝てないので一応凶キャラ…かと思いきやジャドーや旧版シラリーなどの狂中位のキャラを倒してしまうあたり、
相性ゲーの側面も大きいがやはり狂クラスのポテンシャルは持っているのだろう。
(現在のシラリーは攻撃判定が飛び道具では無くなっている為、撃破が困難になっている。)

初出の頃はアーケード版の音声を流用していたが、最近になってテレビのリアルタイム音声パッチが搭載され、
よりリアルな鳴き声を発するようになった。

+大会ネタバレ
ウルトラ怪獣全裸王決定戦』に参戦した際には、上述の磁力光線と高い防御力を武器に暴れまわり、
ゼットンと並ぶ本大会の優勝候補と言われたシラリーとの対戦では、あろうことか無調整、自重無しのシラリーに勝利してしまった。
勝因は空爆を回避しながらシラリーに接近でき、アーマー殺しの性質を持つ地底移動攻撃や
アントラーの高い防御力など特性による相性が大きい。
とはいえ、当時他の大会で圧倒的な強さを見せつけていたシラリーを沈めた予想外の大活躍は視聴者に大きなインパクトを与えた。
第一試合

他にも同大会のゴモラとの戦闘では、磁力光線で必殺技を封じられたゴモラが
通常の近接攻撃や投げのみを使用した結果、両者の壮絶な殴り合いとなった。
両者の防御力がほぼ同じだったせいもあり、この勝負はどちらが勝ってもおかしくないような本大会屈指の接戦となった。
3:30頃から

本大会の開催目的である次大会への出場権を得ることこそ出来なかったが、
勝つ場合も2勝1敗が多く一方的にはならず、こうした見応えのある数々の名勝負をしたこともあり、
本大会を最も盛り上げた怪獣であることは間違いない。

MUGEN大怪獣バトル2010』では飛び道具が強力な強豪ガッツ星人に飛び道具無効で圧勝、
相性と凶悪なゲージ技で勝ち上がってきたバラゴンも磁力光線で封殺とこちらでも活躍。
ウルトラマンとの決勝では砂煙と磁力光線による鉄壁でストレート勝ちを見せた。

ちなみに、『ランセレで!全部台無し!大会』にも出場しているのだが、ランセレ運に恵まれず、
見せ場どころか出番すら全く無いという最悪の結果に終わった。
+カーベィ氏製
2015年2月3日に公開された。まだβ版とのことだが通常攻撃は全て揃っているため特に問題はない。
這い寄る混沌氏製のアントラーに比べて一般キャラ寄りの性能をしており、飛び道具が普通に通る・ジャンプとしゃがみが可能である。
また、体色も原作に近い灰色になっている。
這い寄る混沌氏製のとは性能が違うため相手によって使い分けるのがいいだろう。

出場大会

出演ストーリー


その他




添付ファイル