メフィラス星人


「私は暴力が嫌いでね」


『ウルトラマン』の第33話「禁じられた言葉」に登場した悪質宇宙人。
自称「宇宙の紳士」と名乗る通り、暴力的な行為を嫌うというウルトラシリーズに登場する宇宙人の中でもかなり変わった存在。
IQは10000以上という数値だが『ウルトラセブン』に登場したチブル星人には劣るようだ。
初代及びメビウス、ウルトラギャラクシーにおける担当声優は、星一徹や(ビーストじゃない方の)メガトロンでおなじみの加藤精三氏。
初代、2代目、知将
ウルトラ兄弟物語、アーマードメフィラス

+詳細な原作設定
劇中では、バルタン星人、ケムール人、ザラブ星人を配下として出現させて自分の実力を誇示したり、
「地球人の心への挑戦」として、地球人の代表として選んだ少年に「地球をあなたにあげます、と言え」と、
様々な誘惑をしたりして迫った(勿論、全て拒否されるが)。
しかし、いざウルトラマンと戦闘となれば腕から発するグリップビームやペアハンド光線で八つ裂き光輪を撃ち落とし、
空中戦では圧勝、格闘戦では互角という非常に高い能力を有している。
しかし、最後は「宇宙人同士が争っても無意味だ」と戦いを止め、前述の「心への挑戦」に失敗した件もあり、負けを認めて自ら去っていった
(ただ、「私はまた来るぞ」と言い残す辺り、地球侵略を諦めた訳ではないらしい)。

数々の異星人を配下にしているという設定、ウルトラマンと互角に戦ったという実績
(しかも活動時間に制限がない為、戦いが続いていたらウルトラマンに勝っていただろうとよく言われる)、
更に自らの敗北を潔く認める理知的な物腰から、ウルトラマンのライバルとしてバルタン星人ではなく彼を挙げたり、
作中で倒されていないことからゼットンよりも強いのでは、という説を唱えるファンも多い。

+それ以降の特撮作品のメフィラス星人

「フッフッ、卑怯もラッキョウもあるものか!
 俺はこのマンダリン草で、世界中の子供を虚弱児童にしてやるのだ!」

メフィラス星人はこの後『ウルトラマンタロウ』第27話「出た!メフィラス星人だ!」でも登場するが、
自動販売機に怪植物を仕込んで子供達を襲わせるというグリコ○永の犯人並みの行動をしていたり、
その卑劣な行いを責められると「卑怯もラッキョウもあるものか」という迷言を残したりと、
侵略者ではあるものの暴力嫌いだった初代と同じ種族とは思えないほど違っている
(元々のプロットでは違う宇宙人が出るはずが、話題作りという理由の為に無理矢理登場させられたらしい)。
ちなみに彼は初代の弟に当たるらしい。
初代と二代目とのドラマはこちら
なんかどこぞの天帝とそのみたいだなあ
現在はミリオン出版より刊行された『決戦!ウルトラ兄弟』に収録されている。

なお、内山まもるの漫画版『ウルトラマンタロウ』では、子供を操ってZAT壊滅を狙ったり、超能力を使ったりと、
TV版と比べて、比較的初代のイメージに近い知的な侵略者として描かれている。
他には映画『ウルトラマン物語』にて、上記の初代と2代目が同じ個体という設定で登場している。

その後は『ウルトラマンメビウス』第47話「メフィラスの遊戯」に登場。
ウルトラ一族の宿敵である暗黒宇宙大皇帝・エンペラ星人配下の暗黒四天王の知将。劇中最後に登場した四天王。
外見・性格は初代とほぼ同じだが、こちらは敬語を話す。
自身の円盤に搭載された「キリアン・リプレイサー」という装置から特殊な波動を放射して、
メビウスの仲間達や他の人間たちの記憶を操作することでメフィラスを味方、メビウスを敵だと思い込ませ、
自分は手を汚さず人間たちの手によってメビウスを倒させようとした。
そのせいでGUYSの仲間たちがミライ=メビウスに銃を向けるのは勿論、
リュウのメモリーディスプレイに描かれているファイヤーシンボルや一般市民の服がメフィラスカラー(黒)になっていたり、
更には子ども達がメフィラス星人のソフビ人形でメビウスのソフビ人形をフルボッコにするという光景まで見られるように。
+シュールすぎる光景

ミライの精神を徹底的に追い詰めるも、ミライの必死の呼びかけによりGUYSの記憶が復活。
業を煮やして直接攻撃に出たため、GUYS、メビウス、初代ウルトラマンを相手取り激闘を繰り広げるも、
事前にウルトラマンと結んでいた「互いに直接手を出さない」という約束を先に破ったことを指摘され負けを認める。
暗黒四天王の敗因が地球人とウルトラ戦士の強固な絆にあることを悟り、再び挑むことを告げながら撤退した。
+しかし
地球を去る途中、親玉であるエンペラ星人によって粛清されてしまう。合掌。
ストーリー、演出、中の人と明確に初代を意識したキャラクターではあるが設定上は別人。
円谷プロ公式サイトが2008年のエイプリルフールで公開したネタによると、こちらも初代の弟らしい。
なにしろ初代メフィラス星人当人のカキコなのだから信じざるを得ないだろう。

データカードダスの『大怪獣バトル ULTRAMONSTERS NEO』ではゲームオリジナルキャラとして、
鎧を着た、まるで後述の漫画『ウルトラマン超闘士激伝』に出てくるような格好の「アーマードメフィラス」が登場した
(ちなみに2009年に復刊された『超闘士激伝』の単行本には、激伝風のアーマードメフィラスのイラストが描かれている)。
第2弾のウルトラレアカードであり、ハイスペックを誇る。
ゲーム登場後も『ウルトラマンフェスティバル2008ライブステージ』などで活躍。

大怪獣バトルの特撮版『ウルトラギャラクシー』第2シーズンにもレイオニクスバトラー(怪獣使い)として登場。
テンペラー星人に敗北し、レイオニクスの資格を失い彷徨っていた時、
エンペラ星人の鎧「アーマードダークネス」の剣「ダークネスブロード」を見つけ、手に取った瞬間「アーマードメフィラス」になった。
剣に導かれ、他のレイオニクスやテンペラー星人を直接倒しながらアーマードダークネスの許に辿り着き、その封印を解くが…。
+ネタバレ注意
目覚めたアーマードダークネスに攻撃されて退場した。
別人とは言え、主だけではなくその鎧にまで手を下されるとは… エンペラ星人はメフィラスに恨みでもあるのか。

しかし殺された訳ではなかったらしく、
物語終盤に全ての元凶であるレイブラッド星人に操られた状態で巨大化アーマードメフィラスとして登場。
最後の試練として主人公レイの前に立ちはだかり、ゴモラ、ミクラスと死闘を繰り広げた後倒された。
敗北した時に鎧の呪縛から解放され正気を取り戻し、自身がレイブラッド星人に利用されたことを悟ると、
レイブラッド星人のエネルギーフィールドに捕らえられた主人公達の元へ赴き、
エネルギーフィールドを破壊、「借りは返した」と言って人知れず去っていった。

雑誌展開及びOV『ウルトラマンメビウス外伝 ゴーストリバース』では、暗黒四天王の知将メフィラスがアーマードメフィラスとなって復活。
鎧の魔力で蘇らせた他の暗黒四天王と共にエンペラ星人復活を目論み、ウルトラ兄弟と激突した。
……のだが、鎧の呪縛の影響か、生前に比べて変にテンションが高くなっており(これは他の四天王もそうだが)、
やたらカマっぽい仕草をしたり、人質を使ったりするなど、前述の二代目を思わせるような卑怯&小悪党っぷりまで見せるように。
そして最後には、皇帝復活装置「ゴーストリバース」にエンペラ星人の怨念を吸収した「ギガバトルナイザー」を笑いながら挿入していた所、
ウルトラマンヒカリに後ろから光線で撃たれ、呆気なく死亡した。どうしてこうなった。

ウルトラゼロファイト第二部「輝きのゼロ」では、「魔導のスライ」と名乗る別個体が登場。声は 安元洋貴 氏が担当。
ダークネスファイブの中では貴重な知性派であり、彼らのリーダー格。本編では解説やナレーションも務めたこともあるなど彼らの中では出番も多い。
正月に放送された回では何と番組の最後にプレゼンターを務めた。
禍々しい背景で春の海をBGMにしたり、「我々ダークネスファイブのフィギュアを十名のお友達にプレゼント」と言ったり、
その光景は色々とシュールであった。
ピグモンを人質に取るなど卑怯な手も平気で使い、紳士的な態度とは裏腹に実は二代目の方の系譜であり、
「卑怯もラッキョウもありませんよ」 という例の台詞もバッチリ言ってのけた。
しかも、ダークネスファイブが(というかスライが)自身の元ネタを紹介する回では、
堂々と二代目メフィラス星人を紹介し、例の台詞のシーンでも恥じたり罵倒したりするどころか、
「この言葉はメフィラス紳士の証!」とむしろ誇らしげな態度 を見せ、仲間達を困惑させていた。
そんな感じで悪役でしかも卑怯者なのだが、どちらかというと「憎めない愉快な奴」といった印象が強い。
まぁ、ゼロファイト終了後のダークネスファイブは皆大体そんな感じなのだが……。
ベリアルが主要キャラとして登場する『ウルトラマンジード』では劇中では未登場。
ベリアルの回想から前日檀である戦争「オメガ・アーマゲドン」には参戦したことが確定したにも関わらず、ベリアルの危機に駆けつけないことや、
ベリアルが部下のストルム星人を駒として冷酷に扱うなど、ゼロファイトの時から考えられない行動に出たことから、
「オメガ・アーマゲドンで戦死したのでは?」とファンの間で言われていたが、
坂本監督の著書で他のダークネスファイブ共々明確に戦死していたことが公言された。

『ウルトラマンオーブ』では、惑星侵略連合のリーダーを努めるメフィラス星人ノストラが登場。こちらもCVは安元氏。
白いマントを羽織り、配下からは「ドン・ノストラ」と呼び慕われているなど、マフィアのボスのような存在である。
本拠地としている円盤を隠した森に開発の手が入り、組織が露見しそうになるのをきっかけに
本作のライバルキャラであるジャグラスジャグラーと共闘することになるが、
ジャグラーからは地球人の心に挑戦するその侵略手段を「昔ながらのやり方」と、遠回しに古臭いと揶揄されてしまう。
どこで入手したのかウルトラマンベリアルのウルトラフュージョンカードを所持しており、
これを餌にジャグラーの持つ魔王獣カードを狙って罠にはめるが、死んだと見せかけ攻撃をかわしていたジャグラーの刀を受け、
オーブと交戦することなく(下手をすると存在を知られることすらなく)退場してしまった。

+ゲーム作品でのメフィラス星人
SFC版のゲームにも登場し、多くのプレイヤーを苦しめた。未だに記憶に残っている人も多いだろう。
PS2の『ウルトラマンFighting Evolution Rebirth』にも登場。
ジェロニモンによる怪獣復活や、バルタン星人による怪獣改造を裏で指揮していた。
また、ウルトラマンコスモスが浄化したはずのカオスヘッダーをコントロール下に置いており、
キリエロイドとワロガに寄生させて強化したり、ウルトラマンをコピーした「カオスロイド」を作ったりもしている。
最終的には自身がカオスヘッダーと融合して「ネオカオスダークネス」となり、そこから完全体の「ネオカオスダークネスII」へ進化する。
劇中の描写から初代と同一人物と思われるが、人間の心に挑んだ以前と違って怪獣軍団による破壊が主な作戦となっている。
ただし、ウルトラ兄弟が地球に来た隙にカオスロイドを光の国に派遣していたり、
カオスヘッダーを無力化できるウルトラマンコスモスを異次元に閉じ込めたりしていることから、頭脳的であることに変わりはない。
自身との融合でカオスダークネスを強化しており、メフィラス自身の悪意でフルムーンレクトによる浄化を防いだり、
完全体のネオカオスダークネスIIになった際には、以前のカオスダークネスが月面下の戦闘で大ダメージを受け、
一時撤退を余儀なくされたコズミューム光線も受け付けなくするなど、コスモス対策に抜かりは無い。
最終的には、ウルトラ戦士達の光を得たフルムーンレクトによりカオスヘッダーが浄化された為に元の姿に戻り、
再び挑戦しに来ることを言い残して去っていった。

+漫画やその他作品でのメフィラス星人
漫画では主要キャラとして印象的な活躍を見せた『ウルトラマン超闘士激伝』のメフィラス大魔王や、
『ウルトラ忍法帖』の冥府羅州烈風斎(めふぃらすれっぷうさい)のおかげで知っているという人もいるはず。
尤も、後者はギャグ漫画のため、ケムールやササヒラーをはじめとする部下を思いやる優しい上司だったり、
何度打ち負かされても懲りない等、性格は原典と比べてかなり変わっており、
凶悪な第三勢力が現れた際は、ウルトラ忍者達と共闘することもあった。
前者にはOVA版も存在しているのだが、こちらでは 檜山修之氏 が声を担当しており、
比較的落ち着いた口調の演技である。

内山まもる氏による長編漫画『かがやけ ウルトラ兄弟』では怪獣軍団の黒幕として登場。
ウルトラ兄弟そっくりのヒーロー、ウルトラキング(地球上では人間の青年)に変身し、ウルトラ兄弟と共闘。
地球の子供たちの信頼を得たが、その真意は油断させた所でタロウを抹殺することだった。
ギリギリの所で計画を防がれ、正体を現して怪獣軍団を招集、ウルトラ兄弟と激突する。
この作品は2010年に復刊ドットコムより発売された『ウルトラコレクションボックス ザ・内山まもる』に収録されている。
『かがやけ ウルトラ兄弟』紹介は14:28~17:01

また、『ウルトラマン』放送当時の楳図かずお氏によるコミカライズ版では、原作での作戦がより拡大解釈され、
フジアキコ隊員の巨大化を継続させたまま、自分が彼女の偽物に成り代わり本物を怪獣扱いしたり、
マモル少年に真実を言おうと試みる度に事件を起こすように脅したり、原作では姿を現しただけだった宇宙人達が、
実際に街中で暴れ回ってウルトラマンと激突するなど、より悪質さが増している。

ウルトラ怪獣達を萌え少女化する企画「ウルトラ怪獣擬人化計画」の漫画『ウルトラ怪獣擬人化計画feat.POP Comic code』では、
初代メフィラス星人が主人公に抜擢。
ウルトラマンに敗れた怪獣達が 女子高生化した状態で送られる 謎の世界で、怪獣墓場学園の生徒として暮らすことになってしまう。
天然なエレキングに振り回されたり、メトロン星人のオタ芸に付き合う羽目になったりと苦労もしているが、なんだかんだで学生生活を満喫中。
一方で「ウルトラ兄弟分析部」を作ってエレキングやテンペラー星人と日々侵略計画を練るなど、地球侵略を諦めたわけではない。
2代目のことはあまり快く思っていないらしく、初対面のテンペラー星人との口喧嘩でダジャレ宇宙人呼ばわりされた際には激怒している。

「2代目のことは言うなーっ 2代目はちょっとコミカル路線だったから仕方ねーだろ!!!」
「それなら私だってそのコミカル路線の被害者だー!!!」

同じく「ウルトラ怪獣擬人化計画」の一企画である日常系4コマ漫画『ウルトラ怪獣擬人化計画 ギャラクシー☆デイズ』にも、
初代モチーフと二代目モチーフの姉妹で登場している。

みちのくプロレスにおいては、ザ・グレート・サスケらと宇宙大戦争なるものを展開し、2008年頃から出演している。
また、CSフジテレビONEで放送されている『ウルトラ怪獣散歩』という旅番組では司会を担当し、日本各地を様々な怪獣や宇宙人と共に旅している。

初代と三代目のイメージから、極めて紳士的な大物と考えられがちだが、実際の所そういう訳でも無く、
自分の策が上手く行かないとすぐに苛立つ短気な様子が見られる。
事実、初代は「地球を渡せ」という要求をつっぱね続けたサトル少年に「はやく渡すと言うんだ!」「ほざくな!」と怒鳴っていたし、
三代目は記憶を取り戻しかけたGUYSクルーに対しても、同じように「攻撃しろ!」「この馬鹿共!」と怒りを隠そうともしていない。
ただ、どちらの場合も策が失敗に終われば自分の敗北を認めている為、
そこは何時まで経っても自分の負けを認めないヤプール人や、他の宇宙人達とは一線を画している。

余談だが、円谷プロのエイプリルフール企画によると彼はニコ厨でもあるらしい。
本人が言ってるのだから間違いない。


MUGENにおけるメフィラス星人

+這い寄る混沌氏製作
  • 這い寄る混沌氏製作
MUGENにおいて初めて製作されたメフィラス星人で、作者はウルトラ怪獣勢作でお馴染みの這い寄る混沌氏。
公開当初はアントラーと同じくAIが搭載されていなかったが、その半年後に高性能なAIが搭載された。

攻撃をバク転かワープで回避し、相手を真っ黒にして硬直させるガード不能の超能力(劇中でも使用)や、
出が早いグリップビーム(上段、中段、下段の三種類がある)を主に使い、
距離を離すとジャンプした後に相手の頭上にワープして奇襲を仕掛け、
地面を爆発させて牽制など、隙が無い上に確実な攻撃を次々と繰り出して来る。

また、相手がダウンすると「私は暴力が嫌いでね」とか、
「よそう。宇宙人同士が戦っても仕様が無い」と喋る挑発をすることがある。
暴力ふるってるやん!とか宇宙人じゃねーよ!とかツッコんではいけない。
ちなみにこの時攻撃してもバク転で避けられる。
また、相手を投げては拾い(左右に置くように見える)続ける投げループでごっそり削ってくるが、
この時の絵面はなんともシュールである。
更に、上空に逃げた相手に対しては追尾性能を持つ光球を発射してくる。

火力、体力、防御力といった面でゼットンシラリーキングジョー
ジェロニモンといった面子には見劣りする為、エルクゥなどの狂キャラなら比較的楽に倒せることが多い。
とはいえゲーニッツジャスティスなどを度々圧倒する程強く、
並の上位~強の中位程度のキャラではまず手も足も出ずに翻弄されてしまうこと請け合いである。
狂キャラが出ない、もしくは極一部しか出ないチーム戦では、間違い無く大将格を張れる器である。

最新版では台詞が増加された他AIも強化されており、時にはキングジョーすら倒せるほどにまでなった。
ウルトラマンとの特殊イントロまで搭載され、ファン感涙の仕上がりとなっている。
4分前後より

+なだげつ氏製作
  • なだげつ氏製作
現在は氏のOneDriveからデータが消えており、残念ながら入手不可。
スプライトはWSソフト『ウルトラマン 光の国の使者』のもの(ゾフィーのスプライト元と同じ)。
こちらは通常の格ゲーキャラと戦うことを想定されているため這い寄る混沌氏のものに比べ、性能はかなり抑え気味。
とはいえ動作中無敵で姿も消えるワープから裏表投げの3択をローリスクに迫ることができ、
対AIはともかく、人間の目には捉えられない攻めが展開可能。
音声はメビウス47話の音声が主に使われており、
超必殺技「グリップビーム」の見た目は『メビウス』版に近くなっている。
あと、イントロと完全敗北専用の演出が結構長い。
AIは搭載されていない。


「ほざくなっ!」

出場大会

更新停止中
凍結大会

出演ストーリー