キングジョー

グワシ…グワシ…ワン・ツー・スリー・フォー……


1968年放映の『ウルトラセブン』14・15話「ウルトラ警備隊西へ(前編・後編)」に登場した怪獣で、ペダン星人のスーパーロボット
別名は「宇宙ロボット」。身長55m、体重4万8000t。

地球の観測ロケットを侵略の準備と誤解したペダン星人によって送り込まれ
神戸で行われる世界防衛会議に向かう要人を乗せた潜水艦を破壊した後、会議が開かれる六甲山の防衛センターに出現した。
普段は4つのパーツに分離しており、戦闘の際はそれらが合体して巨大ロボとなる。
武器として頭部から破壊光線の他、全身にバリヤーを張り巡らしている。
ウルトラセブンのあらゆる攻撃を跳ね返す強靭な装甲を持ち、エメリウム光線はおろかアイスラッガーでも傷一つ付けられなかった。

ウルトラシリーズ初の本格的なロボット(ロボットという設定なら『ウルトラQ』のガラモンのほうが先だが
ガラモンは見た目は生身の生物とそれほど変わらないので巨大ロボットという印象は弱い)。
そして合体ロボットの元祖・本家・本元とも言われる存在であり、当時から圧倒的な存在感を視聴者に見せ付けた。
つまり、このロボットがいなければ今の合体ロボットは無かったかもしれないのである。
そのインパクトの強さから、ウルトラ怪獣ながらバンダイの『超合金魂』シリーズでも合体ギミックを再現されている。
宇宙龍ナースの立場?さぁ。もっともあっちは変形ロボだが。

+ 原作ネタバレ

その他、エイプリルフール企画に定評のある円谷プロの2009年のエイプリルフール企画
『カネゴンの78ちゃんねるまとめブログ』では、AAの3ゲットロボが元ネタの3ゲットジョーが登場しており、
元ネタと同様に自動で3ゲットしてくれるすごいやつとして活躍していた。

|-| ・▽・|-|
ヽ|□ □|ノ ガシャーン
 | __|    ガシャーン
   | |
3ゲットジョーだよ
自動で3ゲットしてくれるすごいやつだよ

+ 2010年のエイプリルフールでは…


MUGENにおけるキングジョー

+ 這い寄る混沌氏制作・SFC仕様
+ なげだつ氏制作・3ゲットジョー

出場大会

【キングジョー】
更新停止中
【3ゲットジョー】

出演ストーリー


【3ゲットジョー】
ウドン13(File.X-9)


*1
あのセブンの攻撃を一切寄せ付けなかったキングジョーの後継機の腕を切断したと書くと凄そうに思えるが、
このシーンを良く見てみると、ウルトラマンは装甲の薄い腕の間接部分を狙って切っている。
事実、次のシーンでは前腕部分だけがスペースペンドラゴンから落ちており、
更に次のシーンのウルトラマンと共にボリスに落下するキングジョーブラックには二の腕が残っていた。
とはいえ、ペダン合金を破壊したということは事実であり、キングジョーブラックの装甲はセブンが戦った
キングジョーよりも頑丈なもので出来ている為、その切れ味はまぎれもなく本物である。