ベガ




    「私の邪魔をする者は、
                              死あるのみだ!!」

初出作品: ストリートファイターII
出身地: 不明
生年月日: ????年4月17日
身長: 182cm
体重: 80kg (II) - 96kg (ZERO)
スリーサイズ: B129 W85 H91 (II) - B133 W90 H92 (ZERO)
血液型: A型
好きなもの: 世界征服
嫌いなもの: 弱いもの、無能な部下
特技: 催眠術
ファイティングスタイル: サイコパワー
キャッチコピー: 闇をまとう魔人 (II)、蒼き闇 サイコの瘴気 (ZERO3)、孤高の独裁者(RBOF)、戦慄の魔人(CVS)、魔人、地獄より来る (IV)
CV: 西村知道 (ZERO・EX・MVC等)、若本規夫 (CVS・CFJ・IV)、内海賢二 (TVアニメ、劇場実写版の吹き替え)、日下武史(劇場アニメ版)


ストリートファイターII』から登場するキャラクターであり、同作品のラスボス
他にも『ZERO』シリーズや『EX』シリーズのラスボスも務めているほか、
リュウ春麗と共にカプコンの外部作品にはほぼ必ずと言っていいほど出演している。

元ネタは映画『帝都物語』の魔人加藤こと加藤保憲、もしくは漫画『力王』の鷲崎。
しかし鷲崎の元ネタがどう見ても加藤なのでどっちにせよ加藤あってのベガというのは変わらない。

+ シャドルー四天王の海外名称について


キャラクター設定

ベガはかつてはある有名な師範に師事しサイコパワーを学んでいた一人の格闘家であった。
欲深い性格ではあったが努力家でもあった彼はひたすら修行して行く(=強くなっていく)うちに次第に世界征服の野望に目覚めていき、後に己の師を殺害。
身につけたサイコパワーと武力を持って「秘密結社シャドルー」を組織し、野望達成のため魔人として名を上げていった。

なお、『ZERO』シリーズではサイコパワーとよく似た「ソウルパワー」の使い手としてローズが登場する。
『ZERO』『ZERO2』ではローズはかつての師の警告に従い、ベガを封じるべき相手として認識しているのだが、
『ZERO3』においては ベガがローズにソウルパワーを伝授したかつての師 となっている(詳細はローズの項を参照)。
憶測として「師範とベガの両方から学んだ」「実はかつての師とベガは同一人物だが、何らかの理由で悪に染まってしまった」
「ローズのかつての師を殺害し、その体をベガが乗っ取ってしまった(肉体のみ師範)」
時間軸的に矛盾するキャラクターや設定が存在する為、『ZERO3』はパラレルワールドの出来事」
など様々な説もあるものの、これに関して公式には未だ明確にされていない。
(なお、よく言われがちな「『ZERO』の頃はローズとベガは同じ師匠の弟子」という説は作中では一切明言されていない。)
『IV』では『ZERO3』での出来事が引き継がれているようだが…。
また、『II'』ではサイコパワーを発射する二人の兄弟子が仄めかされていたがその素性は今も不明。
一時は「ベガがかつて剛拳を殺害した」という設定もあり、ゲーメスト刊「波動拳の謎」では「(殺害した己の師とは剛拳のこと、つまり兄弟子とは)リュウケンのことでは?」と予測されていたものの、
こちらもその後設定が掘り下げられることはなく藪の中となった。

悪役のステレオタイプ ともいえるような悪人であり、性格も極悪非道そのもの。
悪こそが絶対の力と信じており、目的の為なら殺人も平然と行い、たとえ往年の部下でも邪魔な存在となれば容赦なく始末する。
組織増強の為に実力を伴った格闘家をスカウトする傾向にあり、『ZERO』シリーズではバーディーアドンを、『IV』ではC.ヴァイパーを誘っているが、
上述の通り部下を捨て駒としか見ておらず、その為側近の幹部である他の四天王からも忠誠心はほとんど持たれてはいない。
まぁ、サガットには「元より忠誠など求めていない」と発言しているのでそれは承知の上であるようだが。

「どのような形であれ シャドルーに逆らうものは生きては帰さぬ。 あの世で自分の愚かさを嘆くがいい!」


ストII』ではシャドルー増強と自分の強化のために格闘技大会を開く
何故に世界武者修行の旅やら世界路上の喧嘩旅やらで、組織の幹部やら総帥やらが出張ってくるのかというと、
総帥のベガが波動の力を求めているからである。リュウやケン以外の場合は、彼等を倒した力に興味が湧いたからだろう。
なお、リュウEDでサガットと一緒に表彰式に普通に出席しているというのはある意味有名。
他にも勝利セリフに「お前も俺を倒せないのか。俺より強い奴はもういないのか」と諦観したコメントを残してたり
ガイルのEDでも首に掴みかかるガイルに対し「お前はガイルか!フッ強くなったな・・・殺しな・・」と潔い一面を見せており
初登場の本作では後発の作品と異なり、「 強くなり過ぎた格闘王 」としての印象が強いものとなっている。
どうやら、ベガの初期設定は悪の組織の首領というより、豪鬼のような「強さを貪欲にもとめた武人」だったらしく、
そう考えるとIIのリュウやガイルのエンディングでの扱いも納得がいかなくもない。
(IIXでその豪鬼に倒されるのはある意味皮肉か)

その後『ストIIX』で豪鬼に「瞬獄殺」で一蹴される演出が出現。以降のシリーズでも演出で豪鬼にやられる場面が度々定着してしまう。
余談であるが『スパIV』でのアレンジ衣装として上記の「豪鬼にやられた直後のベガ」が実装された。
髪は乱れ、衣装もボロボロで上半身はほぼ裸となっている。しかしどこにもケガなどは見られず まだまだ余裕たっぷり と言った表情で笑っている。
このイラストはオフィシャルブログや家庭用でのギャラリーで見ることができる。

ZERO』シリーズでの主な目的は「より強力な肉体の入手」である。
このときからベガには「サイコパワーで自身の魂をある程度は自由に操れる」という能力があり、「身体が痛むと新しい体に魂を移し替える」と言われている。
その為に寿命も不明な程長く、『ストII』の30年前には既にシャドルー及びベガが存在しており、その規模もT.ホークの故郷を壊滅させる程であった。
代替となる肉体が予め持っている強さに応じて、ベガ自身の強さも多少上下するらしい。
本作ではリュウの肉体を代替ボディとして狙っており、その為に闘いの舞台に姿を現す。
『ZERO』時代のリュウは格闘家としては未熟で、そのままではボディとしては魅力が薄いようだが、
殺意の波動」という類稀なる力を持ち、かつ若く健康であった為、代替ボディとしては理想的なものであったようだ。
殺意の波動を手に入れたルガールの末路を考えると割と無謀なことをしているような気がしなくもないが。
またリュウの肉体が手に入らなかった時の為の保険として、キャミィもまた代替ボディとして考えられているらしい。
結局は『ZERO3』において肉体が消滅するのだが、そのエンディングは新たな身体を得て復活することをプレイヤーに予感させるものであった。
女の子だらけの強化人間兵隊「シャドルー親衛隊」を引き連れている設定が加えられたのも『ZERO』シリーズからであり、
それぞれ各国語の12ヶ月の暦にちなんだコードネームが付いている。

『ストIV』においては、シャドルーが代替ボディとして人造人間とでも言うべき存在を生産していることが判明。
ラスボスのセスはその内の一体であり、自らの境遇(ベガの代わり)に不満を覚え反乱を企てたという設定になっている。
その為『ストIV』におけるベガの目的は反乱を起こした部下の鎮圧であるが、セスのエンディングを見る限り、
どうやらそのセスの行動すらベガの掌の上であったようなのだが、詳細は未だ不明のままである。
今作のベガの肉体はキャミィでもリュウでもない仮のものであり(セスと同型機であるかは不明)、サイコパワーを発揮できる人造ボディを使用しているようだ。
ただしこれはどうやら未完成で、シャドルー研究員達がより大きなサイコパワーが発揮できるように調整を進めている段階であったらしい。
セスの反乱を感じ取ったベガが「肉体を奪うまでの繋ぎなのだから動ければいい」と言って復活したようだ。
つまり『ストIV』のベガは調整のままならない不完全な代替ボディで闘っているということになる。

ストIII』の時代には既にシャドルーは存在しない。
春麗のストーリーでのユリアンとの掛け合いによると既に壊滅させられた様だ。
ベガ自身、及び四天王がどうなったのかは不明。アレックスダッドリーのストーリーを見る限りバイソンは生存しており、
(公式かどうかはともかくとして)中平漫画ではサガットも生存している。

『ストリートファイター』シリーズは『餓狼伝説』シリーズほどストーリー性が無い為、
正史では「誰が『ストII』の時点でベガを倒したのか」「シャドルーはどうして壊滅したのか」が不明となっていたが、
その後『オリジナルアニメーション feat. C.ヴァイパー』でその詳細が語られることになった。
内容は、リュウ、ケン、春麗、ガイル、キャミィの5人に一斉に襲い掛かられ、追い詰められたベガが基地もろとも自爆したことによるものだった。
5対1とはいえそれなりに善戦していた分、流石はラスボスと言うだけの実力が伺えるが、主人公サイドに「正々堂々」って何よ と聞きたいものである

+ UDONのアメコミでは

+ クロスオーバー作品への出演

+ アニメ版

+ 実写映画版

メディアミックス作品では、ストII期に描かれたものではどこか憎めない人物となることが多かった。
(公式で前科はあるもののこの頃はゲーム中でも大人しく2位の表彰台で待っていたりと潔い面が目立ったためか)
コロコロコミックやコミックボンボン、双葉社刊のアンソロジーなどで掲載されたギャグ漫画でも、
「リュウの貧乏ネタ」等と並びベガ様はネタキャラとして徹底的に弄られている。
シリアスなものでは神崎将臣氏の『ストリートファイターII RYU』終盤では、
当時『ストII´』で可能になったばかりの「同キャラ対戦」を題材に自分達のコピーと激突する展開になっており、
すっかり武人としての貫禄がついたベガはリュウとの合体攻撃まで披露している。
「IIX」で瞬獄殺を食らってからは若干キャラがおかしくなる傾向が見られたものの、公式の人物描写が増えた「ZERO」期以降には悪のカリスマとして定着した。

キャラクター性能

『II』シリーズ

初代『ストII』ではCPU専用キャラクターであり、ラスボスとしてプレイヤーキャラクターの前に立ちはだかった。
恐ろしいスピードから強烈なラッシュを仕掛け、高火力&ほぼ隙無しの「ダブルニープレス」を連発してくるので、
初見ではいつ殺られた分からない程に瞬殺されたプレイヤーも多いだろう。
しかし飛び道具や安定した切り返し技が無いため、熟練したプレイヤーならCPUの癖を読んで勝つことは難しくない。
というか、ひとつ前に出てくるサガットがバリバリの超反応のため、サガットに勝てるプレイヤーにとっては物足りなくさえある。
代名詞のサイコクラッシャーだが、実は初代だけ 前動作 があるためそこまで脅威ではない。また前述のダブルニーも通常技扱いの為ガードしても削られることはない。

『ダッシュ』から使用可能キャラとなるが、プレイヤー用として性能調整をされ、
必殺技は一律タメコマンドでありしかも通常キャラよりタメ時間も長い等、
ラスボスのCPUベガとは比べるべくもない程に性能の低下が図られていた。
当然ながらCPU版は「タメ?んなもん知るか!」ってな具合でイカサマーまがいな行動も躊躇無くこなしてきたが、
プレイヤー間でも「サイコクラッシャー」→ガード硬直中の相手を投げるという 通称「サイコ投げ」 と呼ばれる当て投げが猛威を振るった。
ちなみに空中ガード不能かつ持続が長いため、相手がリバーサルで無敵技を使わない限り、ダウンかダウンという理不尽な択一を迫れる。
当時の「サイコクラッシャー」はX軸位置の後方に及ぶ全身に攻撃判定があり、この脚側の攻撃判定を 「サイコテイル」 と呼んだ。
これにより起き上がりに軽く重ねるだけで表裏二択になったり、飛び込みに対して早めに出し、逆にめくるようにすることで対空となったりした。
更に脱出が非常に困難な「屈中P→立中K→「ダブルニープレス」」のコンボで延々と固めてケズリ続け、
どこでもヒットすれば同じレシピでそのままピヨリ→ピヨリ→死亡まで続く 「ダブルニーハメ」 (気絶を挟んだ永久)も存在。
結果的にサイコ投げ共々、現在に至るハメ・永久コンボ論争の火付け役となった。

しかし『ターボ』では『ダッシュ』の時の強さはどこへ行ったのかと言う程の弱体化がなされており、一転して最弱クラスのキャラになってしまった。
続く『スパII』でも新技が追加されたものの、サイコテイルの判定が後方に短くなり弱体化された。
『スパIIX』では屈中K、屈中Pにキャンセルがかかるようになり、また空中コンボに組み込めるJ中P→J中Pの追加もされ、火力が大幅に増加。スーパーコンボにより待望の無敵時間も装備し、中堅クラスの評価を受けている。めくり攻撃がハマった時の爆発力は目を見張るものがあり、サブキャラに愛好するプレーヤーも多い。
シリーズ初登場の豪鬼にいきなり「瞬獄殺」を食らわされるといった醜態を晒すハメに。
『ハパII』での『ダッシュ』仕様ではサイコ投げが凶悪すぎたのか「サイコクラッシャー」の終わり際の硬直が長くなっており、
かつてのようにサイコ投げをするのはほとんど不可能である。
しかしそれ以外はほぼそのままなので「ダブルニーハメ」は健在。当時の悪夢、まさしく「ニープレスナイトメア」を思い出させてくれる。

『ZERO』&『MVC』シリーズ

『ストII』時代の身体から一転して、どこのマ神がとり憑いたのかと見紛うほどのマッスルボディになっている。
↑の画像が正にそれである。
これは映画『ストリートファイターII MOVIE』や、当時読売テレビ系列で放送されていたアニメ『ストリートファイターII V』での体型に合わせた為。
実は『ストII』当時描かれていた設定画のベガはこれ位マッチョな為、(当初の)設定としてはこちらの姿のほうが正しいのだが、やはりインパクトは大きかった。
ちなみにスリーサイズは1~5cm程度しか変わっていない。ただし体重は 16kg増えた 。設定では「サイコパワー全盛期だから」だそうである。
全盛期の割に代名詞とも言えるサイコクラッシャーが超必殺技に格上げされて使いづらくなったのは言わないお約束

『ZERO』ドットのベガのみの技として「サイコショット」、単発版「サマーソルトスカルダイバー」等がある。
また、AC・PS版ではCPU専用キャラクターとして強化ベガともいえる「ファイナルベガ」が存在する。
普通のベガとの違いは、
  • ISMがS(通称:シャドルーISM。「X-ISMのスパコンゲージ+Z-ISMの性能」を兼ね備えた隠しISM)に固定される。
  • SAの「サイコクラッシャー」が「ファイナルサイコクラッシャー」に変わる。
  • 移動速度&防御力上昇。
  • 立強Pが「サイコセイバー」、屈強Pが「サイコアックス」、空中強Pが「サイコデスサイズ」に変更。
    全て元の技よりも攻撃判定が強化されている。
  • 一部通常技の硬直時間減少。
  • 近距離立強Kがキャンセル不可能。
等々、ボス性能に相応しい性能になっている。
特にCPU特有の超反応から放たれる「ファイナルサイコクラッシャー」で涙したプレイヤーも多いだろう。
しかしながら攻撃判定はあくまで先端の部分にしかないため、読んで出かかりさえ無敵でしのいでしまえば無傷でやり過ごせる。
TASさんのおもちゃ 封殺もあるのはご愛嬌 http://www.nicovideo.jp/watch/sm12817969
家庭用では条件を満たせば使用でき、さらにAC版『ZERO3↑』だと真・豪鬼共々プレイヤーが使用出来た為、対戦バランスを大崩壊させた。

また、『MVC』シリーズでもこの『ZERO』ドットで登場。
ZEROとは細かいところでドットが改められており、ニュートラル時の立ちポーズの顔表情がやたらニヤついているのが特徴。
タメ技がヘッドプレスとサマーソルトスカルダイバーだけになり、他の必殺技が使いやすくなったり、飛行が使えたり、
新技として、サイコフィールドやサイコエクスプロージョン(MVC2のみ)が追加されたり、
『ZERO』と比べて攻めのバリエーションがかなり多彩なキャラになっている。

『CVS』シリーズ

『CVS』でのベガは以前とは打って変わり、『ストII』時代を思わせるような痩身である。
「スカルダイバー」や「ダブルニープレス」等からオリコン発動、
立弱P等で拾って「ダブルニープレス」→弱P…で簡単に画面端に運ぶことが可能で、
そこから画面端で「サイコバニッシュ」を延々と繰り返すだけで8割以上余裕のオリコン、 通称「バニコン」 が猛威を振るった。
これらに加えAグル前転キャンセルによりオリコン始動技に無敵を付加させることが可能だったので、まさに悪夢という程の強さであった。
他にも『ダッシュ』のサイコハメを再現したスーパーコンボ「ハートブレイクディスピアー」等の技が増えた。

『IV』シリーズ

『ストIV』ではガードされても5分な弱、EXだと発生直前まで無敵のある「ダブルニープレス」や、リーチと発生に優れる各種立Kで攻め、
溜まったゲージはこちらも発生直前まで無敵のある「EXサイコクラッシャーアタック」や長い無敵のある「EXヘッドプレス」に回して対空技が無い防御面を補う。
ウルコン1の「ナイトメアブースター」は「ニープレスナイトメア」から「ハートブレイクディスピアー」に似た攻撃に繋げる突進技。
『スパIV』からのウルコン2「サイコパニッシャー」は『CVS』の「サイコバニッシュ」と違い、
超高速のジャンプからの着地時に下段ガード不可の衝撃波を放ち、ヒットした相手を片手で掴んで
もう片方のサイコパワーを宿した手で貫くロック技になっている。

その他シリーズ

『EX』シリーズでは普通のベガに加え、CPU専用キャラとして『EX2』ではベガIIが、『EX3』ではトゥルーベガが追加された。
どちらもその作品の真ボスという立場で登場し、通常のベガとは違う技を追加された上位置換キャラであった。
また、ベガIIの方は『EX3』ではプレイアブルキャラとなったが、トゥルーベガの存在により『EX2』よりもかなり弱体化している。


MUGENにおけるベガ

豪鬼に倒される姿から噛ませ犬扱いされがちだが、あくまで演出上の話なので性能的には安定して強い。
格ゲー界における悪の親玉の元祖ともいえる存在であるだけに、MUGENでも多数存在する。
以下には主にニコニコでよく見かけるものや出来のいい物、そこそこ強いAIがあるものを記す。

  • SFII系
+ N64Mario氏製作 ストII仕様
+ リン&バット氏製作 ストII仕様
+ MASA@DAS氏製作 ストII'仕様
+ el氏製作 海賊版ストII「降龍」仕様
+ Smoke氏製作 STREET FIGHTER The Movie仕様

  • ZEROシリーズ系
+ N64Mario氏製作 ZERO3仕様

  • VSシリーズ系
+ kong氏製作 MVC2仕様
+ Iwakick氏製作 MVC2原作再現仕様
+ 悪咲3号氏製作 CVS2仕様
+ PotS氏製作
+ H''氏製作 SVC仕様

  • アレンジ系
+ 海平氏製作 3rd仕様
+ Fido氏製作・MX仕様
+ kamekaze氏製作 真ベガ
+ Ethan Lives氏製作 Sevil Nathe
+ Buti氏製作 ベガギガス
+ トモッチ氏製作 アレンジ仕様
+ marancv氏製作 God Vega(神ベガ)
+ 製作者不明 Deadly Vega(デッドリーベガ)

  • その他
+ zy5678氏&エス氏製作 オリジナルベガ
+ エス氏製作 改変版オリジナルベガ
+ AkagiK氏製作 改変版オリジナルベガ
+ オカチャンマン氏改変 ダークベガ

この他に海外では上記の名前ネタでベガの帽子を被った の「バイソン」という手描きキャラとして製作されている。
また白レンがベガを召喚(?)して戦う塩レンというキャラも作られている。


ニコニコMUGENでのベガ

トーナメントではSF枠、CV若本枠、枠で多く出場し、他にはボス枠、シャドルー枠等で出場している。
改変キャラとしてはバリアに覆われた神ベガが有名だろう。
ちなみに出場していないにもかかわらず豪鬼に倒されるバイトだったり、部下に召喚されまくって酷使されたり、
出場していてもバイトをしたり、たまに大活躍してカリスマを発揮したりと何かとオイシイ役回りではある。
前述の「バニコン」はその腕を振る動作から一部東方ファンから「えーりん!えーりん!」と言われたり。

+ 大会ネタバレ

出場大会

+ 一覧
+ アレンジ系・その他一覧

出演ストーリー

+ 一覧

プレイヤー操作