ファウスト






「医者は治すのが仕事です!」





出身地: 不明
生年月日: 不明
身長: 282cm
体重: 55kg
血液型: 不明
趣味: 不明→上質な紙袋の収集(GGXrd)
大切なもの: 不明→あってはいけないと思っている(GGXrd)
嫌いなもの: 不明→自分を罠に陥れた者(GGXrd)
アイタイプ: 発光体

GUILTY GEAR』シリーズに登場するキャラクター。愛称は先生など。
妙に甲高い声と口調、頭に被った紙袋が異質さを放つ謎の医者。
闇医者だが腕は立ち、どんな奇病でも無償で治してしまう事が話題を呼んでいる。

ストーリー

かつて彼は善良な心を持ち、世界最高とまで呼ばれるほどの外科医だった。
しかしある日ありえない治療ミスを犯し、患者である少女を死なせてしまったことから、気が触れて一変、恐怖の殺人鬼と化してしまう。
筆舌しがたい残虐な手口によって数多くの罪無き人々を殺めた彼は捕らえられ、次元牢へと投獄された。
だが、前大会で釈放のチャンスを得た彼は再び本来の人格を取り戻す。
善良な記憶を取り戻した彼は、今までの自分の罪を戒め、自ら命を絶つことを決意する。
しかし確かに「死」は償いにこそなるが、今の彼にとって死は苦痛ではなく、むしろ気持ちが解放される分「逃げ」の選択に過ぎないことを十分に理解していた。
そんなある日、過去における少女の死は、単なる医療ミスではなく、第三者による計画的殺人であることを知る。
真実を垣間見た彼は、その事件にある謎を究明するまでは謝罪を先送りさせ、その道中に「可能な限りの命を救っていく」ことを新たな道として選んだのだった。
(GUILTY GEAR Xより)


戦闘の時はヤンキー座りの様な姿勢のおかげで縦の当たり判定は小さいが、開幕や勝利時からも分かる通りかなり背が高い。
ずばり身長282cm。驚くのはまだ早い。なんとこの身長で体重は55kgである。ムエタイの帝王もびっくり、タムタムとタメを張れるネタキャラだろう。
挑発の時などに分かるが、紙袋の下の素顔は。本人が「顔フラッシュ!」と言うぐらい
血液型も誕生日も不明で、その人外っぷりは終戦管理局に『Type. Human (?)』と記されるほど。
本当に人間じゃないかもしれない。人間から一歩進んだ存在かもしれない。人間から五歩くらい外れた存在かもしれないけど。スレイヤーにすら、「面白い」と興味を持たれているぐらいだし。
公式小説では便利なので手術で首を伸ばせるようにしたことや、便利なので腕を四本生やせるようにしたことを当たり前のように語ってカイチップを引かせている。というか二人は見なかったことにした。

キャラがキャラだけに少々ギャグに走りがちな所はあるものの、GGシリーズきっての大人の人格者で凄くいい人。
特殊な事情を抱えていたり悩み多かったり、いい年して我が道を突っ走っている連中も多いGGにおいて、誰に対しても思いやりを持って接する事が出来る数少ない人である。
(他にも常識的な面子はいるが、カイは過剰に責任感+正義感が先に立ってしまい、スレイヤーは隠居のスタンスを崩そうとせず、ジョニーの思いやりは女性限定…など)

Xrdのキャラクター紹介では「時折奇天烈な言動をするのは過去に発狂を起こした後遺症」という重い設定が明かされている。
『Xrd』で、別のキャラの一撃必殺技(過去のトラウマを見せ付けられるタイプ)で、少しだけ先生の先述の医療ミスに触れることができる。
この一撃必殺に対する反応は、ほとんどのキャラで痛々しいが、先生の反応は、特に見てる者の心がえぐられる事間違いなし。
(一つだけ医療ミスとは関係ない雰囲気ぶち壊しのモノもあるけど)

ちなみにその腕を見込んだザッパアクセルも、自分の抱えている悩みをどうにかしてもらうために彼の元を訪れた事があるが、彼曰くどちらのケースも「医学ではどうしようもない」とのこと。
まあ確かに憑霊体質や時間移動能力なんて医学でどーせいっちゅーねんって話であるが。
他に彼(?)を追いかけている人物としてプチにのみ参戦した看護士のファニーがいる。
+ 備考・ファニーの画像とプロフィール
公式小説では、怪我人を匿っている診療所を一つの町よりもでかいギアの攻撃から(精密なメスさばきで軌道をずらして)守りぬいたり、物質転移の術を駆使して高速戦闘(ゲーム上では「どこでもドア」っぽい演出で使用)をするなど恐ろしいほどのハイスペックであることが分かる。
ゲーム上では使用しないが法術の腕前もかなりのものらしい。
どのくらいの腕かというとカイ同様『気』以外の全属性を使用可能でそれぞれが達人級の腕前。
だが台詞を聞く限り戦闘に使うなどということは発想すら持っていない模様。
さらに物質転移の術は使用できるだけでとんでもない技術だということが語られているが、彼はこの術を応用し、異空間に専用の手術室まで持っている。
「設備がないときに使うんです」などとまるで「ちょっと便利な道具」とでもいうように話す先生マジパない。


「イロモノな外見」「しかし人格者」「リーチキャラ」という特徴はダルシムに良く似ている。
あちらと違ってこちらが伸びるのは首だが。

しかし、こんな先生も初代じゃ素顔でやんちゃしてたから困る。
(あの戦闘スタイルとか「ンギモヂイ゙イ゙イ゙!」とかマッドなオペレーションとか。まあ、その時は正気を失ってたわけだけど)
公式では認められてないがどう見ても同一人物です本当に(ry
+ 備考・Dr.ボルドヘッドの画像とプロフィール

メイはなんとなく、正体の「一部」を見抜いているようだが…。
学会にいただけあって、『GUILTY GEAR JUDGMENT』では黒幕であるレイモンドのことを知っている(互いに面識はない)唯一のキャラであり、ファウストでプレイ時のみその経歴が発覚する。

なお、初期設定(無論、ボルドヘッド時代)ではメスの名前が「マルガリータ」だったという話がある。
…丸刈りにかけていたのだろうか?

中の人は、同作のポチョムキンや『悪魔城ドラキュラ ジャッジメント』のラルフ・C・ベルモンドなどを担当している近藤隆氏。
なお、初代のボルドヘッドは塩沢氏が演じており、ザトーと2役である。

原作での性能

原作では「何が出るかな?」によるアイテムにランダム性があり、実際に何が出るかで立ち回りを変えたり、覚醒必殺技では自爆したりもする少しバクチ性のあるキャラ。
おまけに戦闘中での言動・見た目・行動が色物そのものなので「使いにくそう…」と思われやすいが、
作中でも屈指のリーチによる高い牽制能力を用いて相手を動かし、豊富な対空で迎撃するという実にシンプル且つ正統派な基本戦術を用いる
またコンボ性能は低いがその代わりに単発攻撃力が高く、裏を返せば難しいコンボが必要無いなど、初心者にも扱いやすいキャラという側面を持つ。

弱点としては中段が不足する(6HSがあるのだが、当たれば痛いものの出がかなり遅い)ため能動的な崩しが苦手な事と、
巨体であるため屈んでいる立ち、しゃがみ状態ならともかく空中の喰らい判定がやたら巨大な事(おまけに体重が軽いため、各キャラに「ファウスト専用高火力空中コンボ」があり、そこからさらに起き攻めを受けてしまう)、
信頼できる切り返しがほぼ存在しない事など、攻められたら厳しいという点が上げられる。
リーチが長い分通常技の喰らい判定がかなり前に出てしまうものが多く、一部の技を除き全体的に当たり負けしやすい点や、
防御力自体は普通にあるものの根性値が最低クラスな為、土壇場の粘りが効き難いのも地味に痛い所。
また、空中ダッシュが非常に特殊で、動作が遅い上にやられ判定が見た目通り横に広がりまくりなため、迂闊に使うと痛い目を見やすい。
他のキャラのように「ヒットすることを期待しつつ、素早い空中ダッシュから判定の強い技を振り回して突撃する」ことはほぼできない(そもそも空中ダッシュがないキャラもいるが…)。

貴重で有効な中段としてドリルキック(J2K)をFDCしてJKに繋げる通称ドリキャンが存在する。
低空で使用する事によりファウストにとって最速の中段技となるが、猶予Fはたったの2Fだけであり、初心者には少々難易度が高い。
ファウストを使いこなしていく上では重要な技術である為、より上を狙うなら必須のテクである。

どの作品でも常にそこそこの強キャラ位置をキープしており、強過ぎて叩かれることもなく、かと言って弱いということもないので安定したプレイヤー人気を持つ。
しかしGGXX#RELOAD(赤)では少々やんちゃが過ぎたのか、稼動三日でお手軽永久が見つかってしまい大惨事になったこともある。

余談だが対戦で負けた時の皆からの反応が酷い
GGキャラでは珍しい常識人なのだが、まぁ、この見た目と動きでは仕方ないとも言える…。
+ 反応一覧

+ Xrd

  • 参考動画
http://www.nicovideo.jp/watch/sm4361291


MUGENにおけるファウスト

  • 無敵医師氏製作
動画で主に見かけるのはこちら。
2007年初期、いまだギルティキャラにAIの手が差し伸べられていなかった時代にほぼ唯一の強AIを搭載していたキャラ。
コミカルな外見・技とは裏腹に、判定の強さとリーチの長さ、途切れない攻めで活躍。
凄腕の医者で人格者という設定からは想像できない奇抜な言動と動きで、昔も今も皆に愛されている。
「何がでるかな」の爆弾、「愛」の顔爆弾が自分も味方も巻き込んで爆発し、そして何より覚醒奥義「刺激的絶命拳」が味方にも当たる仕様となっているため、タッグで彼がいるとまさしく阿鼻叫喚。
最近はAIインフレの波に飲まれ、すっかり影が薄くなっていたものの、最近新たにナテルオ氏によって通常・EXの両方に対応した氏お馴染みの非常に強力なAIが公開された。

闇ではあるが医者としての技術もあり、戦闘力の高さも相まって公式小説でもいい位置を与えられていたり、MUGENストーリーでも重宝される存在。

小ネタだが「刺激的絶命拳」を同氏の一部のキャラクター(エディブリジット等)に当てると特殊ボイスが出る。
…うん、ブリジットは正しいよ、それが一般論だよ。

一時期御津闇慈公開に伴いサイト容量オーバーで公開停止となっていたが、現在は再公開されている。

  • bad darkness氏製作 Dr.ボルドヘッド
infoseek無料HPサービス終了に伴い一時期はキャラ本体が入手できなかったが、foxy氏がワンドライブにて代理公開している。
J・J氏によってAIパッチも作られている。
いくつかの大会に出場しているが、ファウストと比べると少なく、知名度の低さから「誰?」と言われたり改変キャラに間違われることもある。

2015年6月には千手百足氏による改変AIが公開された(act以外は全て入っているので実質改変キャラだが)。
初代ジャスティステスタメントのAIを製作した氏のAIらしくこのボルドヘッドも挙動やシステムが初代に近づけられている。
永久スイッチ以外の設定項目は無く、常時AIが起動しているので基本的に操作は不可能。
ガーキャンマッドオペレーションを初め、チャージキャンセルや超低空ダッシュなどのバグめいた仕様を最大限に活かし戦う。
本体と違い一撃準備は無い(殺界始動ヒットで発動)が、相手が気絶した際に連打するもののタイミングが悪くあまり当たらない。
また氏の他AIと違いマッチキルスイッチが無いので一撃が当たっても次のラウンドで即死を垂れ流したりはしない。


出場大会

+ ...

出演ストーリー

+ ...


「な、な、な、
                     なにがでるかな?」

おすすめコンボ(無敵医師氏、ファウスト)

コマンド 備考
K>2S>2HS(>2D)>槍点遠心乱舞>ごーいんぐまいうぇい 地上ガトリング+必殺技。Kは打点が高いので、実際は2Pや近Sなどが主な始動技になる。
2S(CH)>レレレの突き>引き戻し>2S>2HS(>2D)>槍点遠心乱舞>ごーいんぐまいうぇい 2Sのカウンターヒットからレレレが繋がる。引き戻し>2Sは目押しだがタイミングはそれほど難しくない。
6HS>槍点遠心乱舞>(RC)6HS>槍点遠心乱舞>(RC)6HS>槍点遠心乱舞>ごーいんぐまいうぇい 起き攻めで6HSの中段を重ねて当たったら。初代XXは槍点にFRCが付いてたのでさらに長くループさせることができた。
D>JHS>JHS>JK>JP>JK>(JC)JK>JS>JHS ダストコンボ。MUGENでは安定させづらいが出来ないわけではない。