金剛

  • 金属の中で最も強く硬いもの、の意
  • 極めて強く硬い、の意
転じて様々な強いもの、硬いものの名に使われている。金剛石=ダイヤモンドなど。

※該当項目がいくつか存在します。


金剛(ウォーザード)

「虫ケラめっ!!」

ウォーザードに登場する敵キャラクター。
ジパングの伝承などに登場する巨大なであり、タヌマという男が変身する。
トクガワ幕府の臣下兼用心棒のタヌマはジパングのトクガワ幕府第24代将軍ナオスケの命により
ムクロを殺害しようと襲い掛かってくる。
そのほかの主人公の場合は権力の後ろ盾があるのをいい事に町中で暴れ回っている所を主人公が通りかかった為に戦闘に。

なおムクロ編ED前の選択でナオスケを斬らなかった場合、タヌマが城下町で再び暴れているとナオスケから伝えられるが
本人が生き返ったのかムクロを誘い出す為の嘘なのか不明である。
どちらにしてもムクロを謀殺するためのナオスケの罠である事に変わりはない。

二本の角、赤い大きな身体、そして金棒と『 赤鬼』がモチーフなのは明確だが、巨大な手に反して小さい肩周り、胸の辺りの肉の薄さ、
そのわりに奇妙に膨れ上がった腹など、『餓鬼』を思わせる要素も入っている(ただし西洋的な美意識と無縁の
仏教美術などでは、ここまで極端ではないにせよ人物を腹が出たような身体つきに描く事は多い)。
『餓鬼』をモチーフとしながらも巨体の持ち主である妖怪腐れ外道とは外見上の共通点が多い。
その巨体のパワーで金棒を振り回して戦い、攻撃の範囲はかなり広い。
腕を千切ってロケットパンチのように飛ばしたり、
腹を破って胃液を相手に浴びせたりと少々気持ちの悪い技も持っている。
更に本作は切断KOもあるのだが、断面図も外見に伴って非常にグロいので注意。

CVはレオヴァルドールと同じ郷里大輔氏。

ハウザーと同じようにバーサークモードを発動し、攻撃力アップとスーパーアーマーになることが出来るが、
元々スーパーアーマーを持っていないためハウザーのものより性能が低く、
一定ダメージを受けたり投げられたりすると解除されてしまう。

ちなみに、他のウォーザード勢がプレイヤーキャラクターとしてはモチロン、背景のオブジェだったり
他のキャラのエンディングで登場したり、『ポケットファイター』でタバサ盾にされたりする中で唯一外部作品に出演してない


MUGENにおける金剛

MUGENでは他のウォーザードキャラでお馴染みのDoggiedoo氏製作のものとKong氏製作のもの、
そしてYoungKirei氏製作のアレンジ系が存在している。

+ Kong氏
+ Doggiedoo氏
+ YoungKirei氏 アレンジ

+ 大会ネタバレ

「がはははははっ!わしの邪魔はさせんぞー!」

 「どうだびびったかーっ!」


出場大会

シングル
タッグ
チーム
その他
削除済み
更新停止中
凍結

出演ストーリー




金剛(艦隊これくしょん)


「提督のハートを掴むのは、私デース!」

DMMゲームスと角川ゲームスによるオンライン型ブラウザゲーム『艦隊これくしょん -艦これ-』に登場するキャラクター。
担当声優は『アイドルマスターシンデレラガールズ』の川島瑞樹等を演じる東山奈央氏。
同作では同じ金剛型の姉妹の他にも高雄型姉妹、綾波、敷波を担当しており、
ドラマCDやアニメ版では綾波型2名を除いた東山氏の一人八役が披露されている。
タヌマが変身した鬼ではない。史実ではしごきのキツさから鬼金剛とか言われてたりしたけど。

プロフィール(元ネタの「金剛」)

旧日本帝国海軍の金剛型巡洋戦艦として、1913年に技術輸入も兼ねて英国ヴィッカース社にて建造される。
その後金剛型は日本産超弩級戦艦のベースとなり、改装を重ねて*1第二次大戦中も八面六臂の活躍をすることになる。
しかし大戦末期になると老朽化は思ったよりも進んでおり、1944年11月、台湾沖にて潜水艦より受けた2発の魚雷により沈没した。

『金剛』と名づけられた軍艦としては二代目であり、初代にあたる金剛級コルベット艦は1878年に就航。
1890年に発生したエルトゥール号遭難事件の生存者をオスマン帝国まで送り届けたことで知られている。
現在の海上自衛隊にも金剛の名は受け継がれており、こんごう型護衛艦1番艦「こんごう」が就航している。

その他、史実の詳細は以下の動画で詳しく解説されている。

また、金剛型の名前は4隻とも実在する山岳名から付けられており、金剛の場合は奈良と大阪の境にある金剛山が由来。

原作での金剛

ゲーム中でのレア度は金背景のSレア。
クエストで金剛型を4隻集めないと第四艦隊が開放されないため、金剛型収集の最後の壁として立ちはだかることも多々ある。
逆に金剛が真っ先に出て他の姉妹が全然出ないという事ももちろん多々ある。

外見的には独特の巻いた茶髪に、艦橋を模したカチューシャ、服は改造した巫女服のような腋出し服にミニスカート。
腰には主砲やマストが装備された艤装がマウントされている。*2
これら装備は「提督にもらった」ものだそうな(本人中破時の台詞)。まあ提督は潜水艦の水着を指定しているので、おかしくはない。
逆に比叡は「お姉様譲りの装備」である。

性格は非常に明るくノリがよく、海外で建造された艦ということで発言のあちこちに英語や語尾に
「デース」や「ネー」等のカタカナがつく。 ノリがイギリスというよりアメリカン
提督に対して隠す気がないラブをアピールしており、 提督好きな艦娘を指す「提督LOVE勢」の一角にして筆頭
クリック(触った)時の反応は艦娘によって様々だが(冷めた反応を示すのが多い)、金剛の台詞は

「Hey!提督!触っても良いけどさー、時間と場所を弁えなヨ!」

とまあ、おさわりOKだと堂々と発言。 この一言にやられたプレイヤーは数知れず。
挙句、戦闘中も 「バーニング!ラァァァブ!!」 と高らかに愛を叫ぶ。
金剛型だと他に妹(二つ下の番号)の榛名が提督に対する好意を示しているが、一方で一つ下の妹である比叡は姉を意識した発言が多い。
比叡は 「司令には、恋も、戦いも、負けません!」とか言い出すあたり、ただのシスコンでは済まない ようである。
実際比叡は「お姉様がいるから」という理由でケッコンオコトワリしてくるし

ちなみにメシがマズいことで有名なイギリス生まれだが、スコーンやスープカレーを作るなど料理は出来る方のようだ。
と、言うよりイギリスの食事がマズいのは様々な事情から食文化自体が未成熟な事に起因する為、イギリス人の料理の腕が悪い訳ではない。
そこのところを反映してか、4コマ漫画では「普通に料理は出来るが趣向の違いからウケは悪い」という話があり、
あまり料理をしたがらないというキャラ付けがなされている。まぁ、時報などでは普通に提督にカレーを振舞ってたりするが。
代わりに妹の比叡にメシマズ属性が……。
ユーザーからの人気も高く、各所で行われる人気投票ではほぼ上位に入ってくる。
登場する艦娘中で元ネタの艦が最も古いため(竣工が艦これサービス開始の100年前。進水なら彼女よりも早い艦が2017年5月に実装された)、時々おばあちゃん呼ばわりされるが

性能は元が速力に重きを置いた巡洋戦艦ということで速度が高速と、速度でルート分岐される時などの編成に非常に役に立つ。
戦艦らしく火力も高く、装甲も決して薄い訳ではない。更に燃費も(戦艦にしては)いいため非常に使い勝手が良い。
育てれば元になった艦通りに色んな方面で活躍してくれるだろう。

2013年秋に「紅茶の日」に併せて改二が実装されており、性能は少し火力等が上がり燃費が少し悪化する。
外見のほうは背負った艤装の形状が変化するくらいで、特に元からの大きな変更はない。
ただ改二にすると時報も追加されるため、秘書艦にするなら是非改造するべき。

なお、戦艦娘は違う意味での戦闘力も総じて高めであるが、彼女とて例外ではない。
+ 開いてもいいけど時間と場所を(ry

+ メディアミックスでの出番。当然各作品のネタバレ有

『蒼き鋼のアルペジオ』のアニメ版では金剛のキャラデザであるコニシ氏による霧の艦隊のコンゴウとのコラボEDカードが描かれた。
当時行われた同作品とのコラボイベントでは残念ながらコンゴウは仲間にできず、W金剛の実現はならなかった。
まあ、アニメではラスボスだったので仕方ない。アニメで味方になったキリシマすら仲間にならないし

また、ニコニコでも配信されていたアニメ『きんいろモザイク』に登場する九条カレンは、
声優が同じ東山奈央氏で喋り方が似ており、更に両者ともイギリスに縁がある(カレンはイギリス人と日本人とのハーフ)と
何かと共通点が多く、放映時期もちょうど艦これが流行り出した頃だったため、コラボしたMADが好評を博した。
(なお、東山氏は元々英語を得意としているため、このような被りが発生したのはある種の必然とも言える)
違和艦轟沈

ストレートな提督への好意を伝えるキャラが人気で固有ファンも多い彼女だが、これが他の艦が本命の提督の創作等の場合はちょっと不憫になる。
出番というか存在抹消されたらまだ良い方で、登場したら登場したでその艦の恋の当て馬にされがちで、アニメの放送以降は吹雪相手にそういった扱いが加速した。
彼女の性質上致し方ないといえばそうなのだが、ここらへんは上手くやらないと彼女をただのピエロにさせがちである。
中にはヤンデレ化してしまうものもあるが、逆に静かに身を引く大人の彼女もいる。
また、姉妹間で提督を好きになった場合は妹の幸せを願って送り出す姉の鑑として描写されることもある。
ジュウコンカッコカリ?知らないですね
…願わくば、彼女の恋を受け止めた提督との創作では、幸せにされることを祈りたい。

「…… ジャマイカ ? それ金剛とは別人ならぬ別艦だからここでは深く語るのノーだからネ提督!
 あ、あと一番下の妹の霧島はあいつじゃないヨ!?」


MUGENにおける金剛

へちょ氏による黄昏改変ドットのものが公開されている。現在完成度は80%。
版権元の問題からボイスは未搭載で、カットインやポートレイトにも原作の立ち絵は使用されていない。これについては浜風島風のページでも詳しく書かれているため、これから艦これキャラを作ろうと考えてる方はそちらも参照すること。
氏が制作してきた東方キャラと同じく射撃にゲージを消費する弾幕キャラ。
撃っているのは見た目エネルギー弾っぽく見えるが、設定上はちゃんと実弾火砲。
接近戦も一応できるが、弾幕による固め性能は高いが崩し性能は低い。
本体最新版は2014年3月16日更新のもの。

AIは一応搭載されているが、専用のものではない為、かなり動きが怪しい。
外部AIは、某氏のものが語るスレ用小物ロダにあげられていたことがあったが、現在削除済。

また同氏によりスプライトを全体的に心綺楼風に変更したものも公開されている。
こちらは特殊カラーとして7P~11Pが「アルス・ノヴァモード」となり、ゲージの自動上昇に弾薬回復速度の上昇、
一部の技がガードキャンセルに対応、専用の超必殺技が3つ開放される。
12Pカラーでは「これくしょんモード」となり弾薬消費が軽減されるが、代わりに手動リロードしない限り弾薬が回復しない。
同時に弾薬が減ると防御力も減るため、実質的な弱体化バージョンとのこと。
2014年10月の更新で弾薬は一度すべて使い切るまで自動回復はされない仕様に変更されたが、
最新版(2016年8月29日更新)ではゲージそのものが艦これ仕様の燃料や弾薬になった他、自動回復も復活した。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm29545522

こちらにはAIは搭載されていない。
外部AIは、上記の金剛同様に某氏のものが製作されていたが、現在は公開終了。
他には、874氏のAIが小物ロダで公開されており、こちらは最新版に対応。
5段階のAIレベルの他、超重力砲解禁の体力設定・ガーキャン・全砲門掃射の設定が可能である。

これ以前に、カサイ氏が鬼の方の金剛のボイスパッチとして公開していた。(現在は公開終了)


出場大会

出演ストーリー

にとりと鉄人兵団(メインキャラクター)
レンの衛星


*1
ちなみに二回目に行われた近代化改修では 船体を一旦輪切りにして機関を取り替え、船体を延長する という魔改造をやってのけている。
プラモにでもするかのような改造を数万トンの戦艦でやってのける辺り当時の技術力の高さが伺える。

*2
イラストでは金剛と榛名、比叡と霧島がそれぞれ同形状の艤装を背負い、比叡と霧島のものはエックス型に砲塔が伸びている……のだが、
フィギュア『ミクロマンアーツ』シリーズで立体化された際に、これらは「同じ艤装が変形したもの」らしいことが判明している。
アニメ版でも金剛型姉妹全員の艤装にこの変形ギミックが搭載されているほか、金剛が使用する改二の艤装にも変形機構が存在し、
フィギュア『アーマガールズプロジェクト』シリーズでは、改二の艤装の防盾を前方で合わせて防御形態となるオリジナル機能があるのだが
こちらは同時期に発表された榛名改二の防盾が巨大アームに変形するギミックのインパクトに隠れてしまった感がある。

*3
艦これに限らず、同類のギャルゲーをアニメ化や漫画化する際、下手に男主人公(提督)としてキャラを付けをしようとすると
非難が轟轟なので、男主人公が存在しないことになるのは今や普通の扱いである。
(ゲームではプレイヤーと重ねるため個性やセリフの無い主人公だったのが、
 アニメの主人公となったら個性無しとはいかないので。みたいに人気の出た例外も存在するが)
近年男性が登場しない漫画が増えたのもこの流れだったりする。要は処女厨が炎上騒ぎを起こすのを避けるのが理由。

……と、ここまでゲーム以外では提督が存在しない前提で話したが、
実際のところ 艦これのメディアミックス作品は提督に当たる人物が登場しない作品の方が少ない
公式4コマも出番が極端に少ないだけでちゃんと登場しており、むしろ存在はすれど全く姿を見せなかったアニメ版が実は珍しい方だったりする。




未分類大会情報



添付ファイル