セクメト









ウォーザード』に登場する敵キャラクター。海外での名前の表記は「Ravange」。
砂漠の王国アランバードに伝わる神獣で、ライオンヤギの体を持つキメラ(合成獣、鵺)。
伝説上の怪物群、「スフィンクス」「グリフォン」「キマイラ」を混ぜたデザインか。
その姿はまさにキメラ(合成した獣)。因みに上記の三種は基本的にライオンがベースになっている。

アランバードの女王アルマーナⅣ世はヴァルドールの力でセクメトと一体化する能力を貰い、他国を制圧していた。
彼女は直前のデモで登場し、光になって石像に宿りセクメトになる。

竜の頭が火球や火炎を吐き、ヤギの頭が相手を行動不能させる毒の息を吐く
また奴隷を召喚し掴みかからせ、相手を棺に閉じ込め短時間行動不能にするという攻撃も持っている。
一定ダメージを与えると胸部のライオンが爆発し、当たると石化する極太の光線を撃ってくるようになる。
条件を満たして勝利すると、直後のボーナスステージにレオの3種の属性の剣・魔神の斧、タバサの太陽の杖が出現する。

名前の由来はエジプト神話の同名の神より。
獅子の頭を持つ女神であり、死に至る病を操るとされた。
CFJミッドナイトブリスを受けたレオの姿がそれに近い。

+エジプト神話におけるセクメト
老境に差し掛かり疑心暗鬼に駆られた主神ラー己を崇めない愚民や蔑ろにした人間達を殺戮するために、
己の目を抉り出して生み出した 復讐の女神であり最強最悪の殺戮者である。
ラーに絶対的な力を与えられたため神々にも止められず、セクメトは本能のままに暴れまわり国土を鮮血に染めていった。
「エジプトの砂漠の砂が赤いのは、この時流れた人民の血で染まったからだ」という話もあるほどである。
そのあまりにも凄絶な殺戮ぶりとオシリスの説得で己の過ちに気づいたラーは、
血に飢えたセクメトに血の色のビールを与えて酔い潰れさせ、ようやく殺戮を終わらせたという。
過ぎた力と殺戮本能を封じられたセクメトは、後に王(ファラオ)の守護者の役割を担っている。
また、同じ獅子頭の女神である豊穣を司る女神バステトやテフヌトと同一視されることもある。


ちなみに、ファイナルファンタジー5で女神なのにミノタウロスの として登場しているので名前は聞いたことあるという人もいるだろう。
さすがにおかしいと思ったのか、リメイク版ではセクレトと微妙に変更された。


MUGENにおけるセクメト

MUGENではDoggiedoo氏、Kong氏が作成。
どちらも原作とは異なり胸部は破壊されず、石化光線は関係なく使える。
Doggiedoo氏のものは超必殺技となっておりゲージを消費するが、Kong氏のものは通常技になっていて連発することが出来る。


なおセクメトに限らずKong氏のウォーザードキャラは、初期のライフの値が
7000~9000と凄まじいことになっているので調整は必須である。

そしてDoggiedoo氏のセクメトは一対一で戦う際にイントロで変身するのだが、同所で公開されているセクメト専用のステージを使わないと違和感ありまくりである。


出場大会

シングル
タッグ
チーム
その他
削除済み
更新停止中

出演ストーリー



添付ファイル