キャプテンコマンドー


年齢:26歳
出身地:アメリカ
身長:182cm
体重:72kg
性別:男
民族:アメリカ人
血液型:O型
アイカラー:エメラルド
利き手:右手
職業:不明
"I am Captain Commando."

カプコンのベルトスクロールアクションゲーム『キャプテンコマンドー』の主人公。
世界の平和を守る正義の味方、コマンドーチームのリーダー。
MARVEL VS. CAPCOM』シリーズにおける担当声優は氏(『NAMCO×CAPCOM』は後述)。
電撃を放つガントレットと固いプロテクターに身を固めて、日夜犯罪超人と戦いを繰り広げている。

ベルトスクロールゲーム時代は通称「キャプテン」だったが、
『MARVEL VS. CAPCOM』シリーズではキャプテンアメリカと区別するため「キャプコマ」もしくは「コマンドー」に。
ちなみにあちらは通称「キャップ」なのだが、区別のために「アメリカ」と呼ばれる事も。
「キャップ」と「キャプテン」で区別できる人間など、
よほどのアメコミおよび『キャプテンコマンドー』のマニアしかいないため無理からぬところである。
『NAMCO×CAPCOM』では当然ながらアメリカを始めとするマーヴルキャラは登場しない為「キャプテン」に戻っている。

自ら製作したロボットに乗る天才赤ちゃんフーバー(ベイビーコマンドー)、
ファイナルファイト』のガイの流派である武神流の継承者である忍者・(ニンジャコマンドー)、
ミイラのような墓守りの異星人ジェネティー(マミーコマンドー)といった3人の仲間がいる。
ちなみに「武神流」の初出はこちらの作品。

+ 漫画版

アメコミキャラっぽいがマーヴルではなくカプコンのオリジナルキャラクター。
デミトリといい、カプコン流のアメコミ風主人公=タマネギ頭という図式でもあるのだろう。
思いっきりアメコミを意識したキャラクターであり、実際カプコンUSAのマスコットキャラも同名である。
何より、彼の名前つまりタイトルを略すと「Captain Commando」となるところがその重要性を物語っているだろう。
このベルトゲーは4人プレイが可能なことが特徴である。
しかし、練りこみ不足なステージ構成、ゲーム自体がかなり高めの難易度ゆえに人を選ぶもので、
しかもジェネラル並に強いラスボスの存在、そして何より対戦格闘ゲームブームの全盛期だったため、
『ファイナルファイト』ほどのヒットとはならずに彼も忘れられていった。

それから数年が経ち、ベルトスクロールアクションのバブル時代が終わりを告げたころ、再び彼の出番がやってきた。
図らずも彼自身が意識されたアメコミとの競作、『MVC』である。
日米ヒーローの競演というまさにうってつけの舞台。
再びスポットライトを浴びるため、コマンドーは3人の仲間を引き連れて格闘ゲームの世界へと踏み込むのだった。
MVCでの彼はストライカーを駆使して戦うタイプのキャラ。
もちろんキャプテン単体でも十分戦力はあるが、ややリーチが足りないのが欠点。
やはり4人で一組のグループで隙を補い合って戦うのが肝である。ニコMUGEN風に言うなら人間弾幕といったところか。
超必殺技も4人で凹る技であり、戦いは数だよ!を体現している。
そんなこともあって、続編MvC2では最強キャラの一角として君臨している。
アシスト専門で。

平和の為に私は戦う!とか言いながら、ミュータント殺戮兵器と組んで世界を崩壊へと向かわせている。
まぁ彼らの場合、正義を貫くためなら手段は選ばないっぽいから問題はない。
メインで戦っていないキャラクターをストライカーとして無制限で呼び出しまくれるMvC2のシステムも相まって、
彼がメンバーにいる試合で10秒以上彼が画面に現れないことはほぼ間違いなく無い。
発生11F(弱は10F)、無敵がある(6Fまで全身無敵、8Fまで上半身無敵)威力高い、範囲広い(画面の横1/3、縦ほぼ全域)と
至れり尽くせりのアシスト技「キャプテンコレダー」の使い勝手と強さはもはやチートクラス。
具体的には常時スーパーアーマーハルクジャガーノート、センチネルをコレダー一発でぶっ飛ばすぐらい強い。
いくら元ゲーではメガクラッシュだったからってやりすぎだ。
故に、4強を除いた使用率はおそらくぶっちぎりのトップであろう。すごいぞキャプテンコマンドー!
しかし、下手をするとメインで戦うよりもアシストで出てきている時間のほうが長くなるほどトンデモ性能なアシスト技と、
長く呼び辛い名前のおかげで、MV2での彼の通称は「キャプコマ」ではなくもっぱら「コレダー」である。酷ェ。
それが原因なのか、元ゲーを知らない人の中には「キャプテンコレダー」という名前だと勘違いする人も。酷ェ。

参考動画

これがセンチコレダーです。

…とは言えコレダーほどでは無いが出も早く画面端まで一瞬で届く「キャプテンファイヤー」や
翔、ジェネティーの使い勝手は中々良く、ハイパーコンボ「キャプテンソード」も上手く当てれば
3割程度は軽く吹っ飛ばすぐらいには強いので、どこぞの近未来人と同じくそんなに単体性能が酷いわけでは無い。
しかしながら天才赤ちゃんフーバーだけは出も遅いわ弾速遅いわ他二人に比べるとコマンドも入力し辛いわで
何故か非常に性能が悪い。実際対戦動画などでも彼の姿を見るのは極々稀である。
まあ赤ちゃんだからしょうがない。見たらラッキーとでも考えておけばいいだろう。

+ 原作でのコレダーについて
彼の本体とも言われるコレダーである。4強を蹴散らす彼にかかればロールちゃんのパンツを見ることくらい訳は無い。

「地球の平和は私が守る!!」

+ NAMCO×CAPCOM』での活躍

+ 『PROJECT X ZONE 2』での活躍


MUGENにおけるキャプテンコマンドー

+ Splode氏製 MVC仕様
+ 悪咲3号氏製 MVC+CVSアレンジ仕様
+ MGMURROW氏製 MVC+アレンジ仕様
+ O Ilusionista氏製 キャプテンコマンドー仕様

「この私、キャプテン・コマンドーが裁く!!」


出場大会

シングル
タッグ
チーム
その他
削除済み
更新停止中

出演ストーリー