ネロンガ


ウルトラマン』の第3話「科特隊出撃せよ」に登場した怪獣。別名「透明怪獣」。
身長は45m、体重4万。どっしりと貫禄のある巨体に長い尾、頭部に角と二本の触角を持つ。
東宝映画の怪獣であるバラゴンの着ぐるみの流用で作られた怪獣の一体であり、
これ以前のパゴスや以後のマグラー、ガボラもこの着ぐるみから作られた怪獣である。

+ 原作ネタバレ


MUGENにおけるネロンガ

ウルトラ怪獣でお馴染みの這い寄る混沌氏がAC版ゲームを基に製作、2008年8月13日から公開開始。
古参のキャラなので、更新による仕様変更もあってかなり以前とは仕様が変化している部分も多い。
AIもデフォルトで搭載されている。ライフが半分以上だと半透明状態であり、この時は投げが無効。
特に目立つような技はそれ程持っていなく、基本性能もあれやらそれやらこれやらに比べればかなり大人しい。
しかし、技の1つである「透明化」は画面から全く見えなくなり、
しかもアーケード版と違って完全無敵状態になってしまっているため、これが発動した途端に手がつけられなくなる。
しかも画面に見えないという都合上、どこから攻撃してくるかわからない(CPU同士なら無意味だが)ため、
姿を現すまで持ちこたえられないと一方的にボコられてしまう。

なお、2010年7月9日の更新で透明化が「一時的に透明化」と名称変更されて通常必殺技扱いになり、
新たな超必殺技として「雷神の怒り」が追加された。
発動するとネロンガが真上に電撃を放ち、その後しばらくの間、一定間隔で画面中のどこかにランダムで落雷が発生するというもの。

+ ステージや怪獣との相性について

タッグ戦では透明化しつつ敵の技を潰したりするなど、後衛に向いている。

出場大会

出演ストーリー

怪獣王 王座復権への道
人造生物03RIA-紅
仮面ライダーMIOMEGA(第26話、27話後編、28話中編、29話前編に登場)

その他



添付ファイル