ホイホイ


(勝利などたやすい)

スペランカー先生シリーズの動画に登場するパン

はい、10人組作って運動会」その6にて、再生数を稼ぐためにサムネホイホイとして選ばれたのが初出。

なぜMUGENと全く無関係なパンダの画像を選んだのか?
先生曰く「自分でもなにがしたいのかよくわからん」だそうな。
ちなみにこれ以前にも浮世絵をサムネホイホイとして使用している。

この動画にて「ホイホイ」と命名され、先生ベガとあわせて同シリーズの客寄せパンダ…もといマスコットキャラクターになった。

続編の「はい、X人組作って運動会」ではチームメンバーとしてまさかの出場。
クロスカントリーに参加しただけではなく、MUGENのキャラクターを作成しての登場は視聴者を驚かせた。

それから数ヶ月後、ストーリー対抗戦への出場にあたり
一般配布されることになった。


ホイホイ自身は余り攻撃せず、スペランカー先生やベガ君などの「~人組作って~」シリーズの登場人物を使った攻撃が持ち味。
ほとんどのキャラがくにおくんで御馴染みFCの名作「ダウンタウンシリーズ」のドット絵風に作られており、コミカルな挙動を見せる。
弾速が極端に異なる飛び道具(低速:ジャギ、中速:ベガ&先生・ザンギエフ、高速:ユリアン)と壁際のラッシュが強力。
ジェネラル風のワープやAI殺しのガード不能突進、更に回復技まで持つ。各種必殺技も使いやすい。
反面防御に関しては甘い部分もあり、一度コンボが決まると大ダメージを受ける事もある。
しかし、全体的な隙は少なく、無敵技もあるため守勢に回ると弱いかと言われればそうでもない。
通常のパンダ状態ではそれなりに喰らい判定が大きいものの、
技を出して変身している時は小さくなっていることが原因と言えよう。
戦い方次第ではあの全開アレックスに匹敵するとも言われている。

2ラウンド目以降にゲージが1以上ある場合、殺意リュウフライングを仕掛ける。
ダメージはなく、場合によっては相手のゲージを増やしてしまうこともある有情の技だが、
見た目のインパクトは大きい。

運動会で更新されたホイホイはスーパー腋臭タイムハイパーボッなど、使える技が増えて更にカオス度が増した。


出場大会

  • MUGENストーリーオリジナルキャラ大会
削除済み
更新停止中
凍結
非表示

出演ストーリー




添付ファイル