秦崇雷



「まだおわってないぞ! 貴様ならやれるはずだ!」
プロフィール
職業:無職
格闘スタイル:帝王拳
誕生日:1980年6月6日
年齢:15歳(餓狼3)16歳(RBS・RB2)
出身地:中国
血液型:不明
身長:169cm(餓狼3・RB餓狼)170cm(RBS~)
体重:59kg(餓狼3・RB餓狼)不明(RBS・NBC)55kg(RB2)
趣味:スノーボード
好きな食べ物:杏仁豆腐
得意スポーツ:個人競技はほとんど
好きなもの: 流行の服(NBC)
特技:料理(鉄人級)(餓狼3)オシャレ(最近色気づいてきた)(RBS~)
大切なもの:
嫌いなもの:努力
CV:山口勝平


餓狼伝説3』の隠しラスボス。「ジン チョンレイ」と読む。崇秀(チョンシュウ)とは実の双子で兄の方。
『RB餓狼』以降はプレイヤーキャラとなる。他には『ネオジオバトルコロシアム』にも登場している。
CVは『ワンピース』のウソップや『ペルソナ4』のクマなどを演じる山口勝平氏が努めており、弟の崇秀とダブルキャストを演じている。

本来は普通の少年(育った環境のせいでひねてはいる)だが、祖先の霊に体を乗っ取られている。
しかし祖先の霊は力の根元である「秦の秘伝書」なくしては長く存在することが出来ず、現世に完全体として復活するため、
最強の格闘家の元に集まると言われている、3巻に別れた秦の秘伝書を集めようとした、と言うのが『餓狼3』のストーリー。

餓狼伝説3では、山崎竜二と手を組み、秘伝書集めを山崎に任せ、影で山崎の動向を監視していた。
ゲームでは、崇雷は隠しキャラの崇秀よりもさらに上の隠しキャラとして登場。
ストーリーで彼に会うためには、崇秀に会う条件に加え、崇秀を一定条件で倒さないと会うことが出来ず、
餓狼3のCPUのアルゴリズムの高さも相まって崇雷に会うのは中々に難しかった。
ちなみに、条件を満たしていると崇秀戦で背景が赤い炎で包まれ、条件を満たしていることがわかるようになっている。
「かわいいおとうと」である崇秀が倒された際に登場し、崇秀が倒されたことに怒りを剥き出しにしながら戦いを挑んでくる。
なぜかこの頃の崇雷は、憑依されてる影響なのか、勝利画面での台詞が↓の物のように全部片言でカタカナという特徴があった。
その後、RB以降はデフォルトのキャラクターとなり、勝利台詞もちゃんと漢字とひらがなになった。

餓狼3では、最終的にギース・ハワードに倒され、秦の秘伝書を奪われることになり、初代RBでは秘伝書を取り戻す為に戦っている。
戦うときには祖先の霊が表に出ているが、崇雷自身は体を奪われたことを嫌がっていて、初代RBのEDでは秘伝書の呪縛から逃れようとしている。
しかし、RBSPのEDでは弟共々祖先の霊に苦しめられている描写があり、RB2のEDでは秘伝書の呪縛を克服するためにタン・フー・ルーに弟子入りした。
(二人でキム・カッファンに弟子入りもしたこともあったが、後に崇雷はタンの元に戻った。)


秦の一族

秦兄弟の両親は2人が6歳の頃に伝染病で死別しているが、息を引き取る際に父親が息子達に語った伝説によると、
祖先には「秦王龍」という始皇帝の護衛長官を務めた男がおり、千騎の兵を1人で壊滅させたほどの強さを持っていたという。
秦の始皇帝の時代に「秦の秘伝書」を書き残したのもこの王龍であった。
崇雷に宿っている祖先の霊は、王龍の息子にあたる「秦空龍」。弟の崇秀に宿っている「秦海龍」は、同じく空龍の弟となる。
そして、王龍の息子にはもう1人「秦天龍」がいる。海龍曰く「転生に失敗したらしい」との事であるが……。
思わせ振りに名前だけ登場していたこの天龍だが「今後のシリーズに伏線として関わるのか?」と思いきやそのままスルーされ、
以降のシリーズでもその存在に触れられることはなかった。

+ボンボン餓狼&天獅子餓狼での秦天龍について
流石にこんな大駒を放置しておくことはできなかったのか、『餓狼伝説』の漫画には度々名前が登場している。
作品によっては弟たち同様にに憑依して現世復活を試みるものもあるが、
「どうやら転生に失敗したらしい」と片付けられたり、「すでに秦空龍・秦海龍によって殺されていた」など衝撃的な展開で
「なぜ秦天龍が登場しないのか」という事の説明を追加されるだけにとどまり、出演は果たせないものが多い。
そもそも秦の秘伝書による現世復活・不老不死とはどういうものだったのか、という根幹設定が各作品で異なり、
そのため作品ごとに秦天龍や秦兄弟の立場や真相も異なっている。

なお、秦兄弟の名前の読みは秦崇雷が「ジン チョンレイ」もしくは「しん そうらい」、
秦崇秀が「ジン チョンシュウ」もしくは「しん そうしゅう」で、
秦天龍の場合は「ジン ティエンロン」か「しん てんりゅう」になるはずなのだが、
一般的に広まっている読みは「ジン てんりゅう」である。
なぜかと言うと、彼が一番目立った動きをするのがボンガロで、そこでは子孫たちも「ジン そうらい」「ジン そうしゅう」と
誤った読み方にされてしまっているのである……。
また、父の秦王龍、弟の秦空龍・秦海龍も「おうりゅう」「くうりゅう」「かいりゅう」で認識されていることが多い。不憫な一族である。

ボンボン版の餓狼3では、当初は天龍は誰かに憑依するということはせずにギースの持っていた秘伝書の中におり、ギースの求めに応じて力を貸すなどしていた。
マリー曰くギースの意識が強すぎて天龍はギースを乗っ取ることが出来す、共存するしかなかったらしい。
が、ギースがテリーに負けると見切りをつけて舞に憑依し、本作のラスボスを務めた。

天獅子餓狼ではギースの死後、ビリーがギースの魂を秘伝書に移植したような描写が取られており、
こちらでもやはり移植の際にギースに乗っ取られて消滅したようである。

秘伝書に関する伝説は諸説あり、中には3本揃えると不老不死になれるという噂も流れていた。
秘伝書に興味を持ち、兄弟に接触を図った山崎竜二は、始皇帝の財宝のありかが記されていると思っていた。

また、餓狼世界(月華龍虎風雲も含む?)においては「秦王龍の編み出した帝王拳こそがありとあらゆる拳法の源流である」という設定がある。
秦兄弟の使う「帝王神足拳」とアンディの「斬影拳」がそっくりなのも、その辺りの理由によるものだと思われる。
決してどちらかがどちらかをストーキングしたとかそういう話ではない 。はず。

+天獅子餓狼ネタバレ注意
天獅子悦也版餓狼である「闇のギース」では「秘伝書に暗号として記されていた不死の法とはクローン再生の技術であり、
実は王龍の息子とされていた3人は息子ではなく、王龍のだったのではないか」という解釈がなされていた。
個々は不死ではなくとも、王龍という存在を永遠のものにするという考えであった。
作中において、秦兄弟は秘伝書を呼び寄せるために気を使い果たして老人のようにやつれ切り、
元々残りの王龍を邪魔者とみなしていた崇秀(海龍)は自身の回復のために崇雷の気を吸い尽くして空龍の魂を取り込み、自分を「秦王龍の完全体」として現世に君臨しようとするも、
駆けつけたテリー達によって霊体は崇秀の身体から追い出され、最後は パワーダンクで消し飛ばされた
ボンボン餓狼の時といい、漫画版のパワーダンクには何故か不思議な能力が宿っているらしい(ちなみにボンボン餓狼が先である)。
崇雷は幸い一命こそ取り止めたものの、長きに渡り祖先の霊に身体を支配された上に生気を吸い尽くされ死に瀕した負担はあまりにも大きかった…

+なあ崇秀(そうしゅう)
ボンボン餓狼でも3において秘伝書の悪霊に体を乗っ取られた子供として登場したが、秦天龍がラスボスポジだったのであまり出番はなかった。
人知を超えたロード時間を持つNEOGEOの中でもことさら長いロード時間を誇る『風雲黙示録』を笑顔で遊べる忍耐力の持ち主でもある。
あと、本来の名前の読み方に逆らって「しんそうらい」と最後まで日本語読みで表記されていた。
普通に空を飛び、気弾を撃ってきたが、最後はテリーの策略とパワーダンクの前に除霊された。


原作での性能

キャラ性能的にはいわゆる波動昇龍なオーソドックスなキャラ。
火力は高くないものの、安定した連続技や性能の良い必殺技・超必殺技を持ち、
近・遠距離のどちらでも立ち回りが難しくないので初心者向きとされている。

初出の餓狼3では、崇秀に少し技が加わった程度のキャラとして登場。しかしその実態は完全な 弟の上位置換
隠しボスなので通常技はもちろん、スウェー攻撃も全キャラ中最速。さらに必殺技もかなりの高性能とまさに隠しボスに相応しい性能を持っている。
また、体が小さいため、餓狼3で猛威を振るったテリーのクラックハメは この兄弟相手には入らない という特徴がある。

まず、相手に ヒット・ガードされたor相殺された瞬間、次の玉が出せる 飛び道具「帝王天眼拳」
普通に飛び道具合戦では無類の強さを誇る上、ギースのダブル烈風拳すら簡単に打ち消せる。
RBSPでは4段階に溜められるようになり、溜めに応じて威力とヒット数が増えるようになった。
(それに応じて名前も「大・天眼拳」→「極・天眼拳」→「修羅・天眼拳」と変わっていく。)
RB2やRBSPDMでも3程ではないが隙の少ない飛び道具として登場した。
次に 突進距離がかなり長い(弱で地上の半分、強で端から端まで進む) 上に隙が小さい突進技「帝王神足拳」
RB以降では、差別化として相手をつかんで投げる動作が削除された。
また、このRB以降は3版神足拳の飛距離が長いという特徴を残す形で強化版の「真・帝王神足拳」が登場した。
次は、出が早く、失敗モーションがないので、打ち合いに便利な飛び道具反射技「帝王他心拳」
初代RBまではスカリモーションがなかったものの、その代わりに飛び道具が来なければ技自体が出ないようになっていた。
初登場時の3では、飛び道具はほぼ全て跳ね返せる上に、山崎の倍返しで跳ね返った 直前に放った飛び道具ですら跳ね返す ほど発生が速かった。
さらには山崎の倍返しでも跳ね返せない 超必殺技系統の飛び道具でさえかき消したり、返せなくてもダメージを受けない という最強の反射技だった。
その後、初代RBでは性能が下がって超必殺技系統の飛び道具を跳ね返せなくなった。
RBSPでは構えが追加されていつでも使えるようになったが、跳ね返せる飛び道具が 真正面から来るタイプのみ になり、
それ以外はかき消すか、ダメージを食らうようになってしまった。さらにRB2ではなぜか削除されてしまった。
他には、 上昇中完全無敵 な上、判定がでかいので めくりにも対応できる 対空技「帝王天耳拳」
崇秀は超必殺技なのに、崇雷は ただの必殺技 として出せる「帝王漏尽拳」
威力が高く、潜在版も使いやすい超必殺技「帝王宿命拳」等がある。
RB以降では特殊技から格上げされた「龍転身」や新たな潜在奥義「帝王龍声拳」等が追加された。

+兄より優れた弟など存在しねぇーッ
上記の通り、崇雷は崇秀の超必殺技である体力吸収技「帝王漏尽拳」を通常の必殺技として使用するが、
初登場の餓狼3では 弟の超必殺技よりダメージも回復量も上 という 完全に弟涙目 な性能だった。
これにはスタッフもさすがにあんまりと思ったのか、RB餓狼では兄の方は威力と回復量が調整され弱体化し、
一方の弟は火力と回復量が兄より増加され、さらには新しく同技の空中版である「帝王空殺漏尽拳」が追加された。
技演出も先端に投げ判定のある長い気を放つタイプから、ガード可能な飛び道具を飛ばすタイプになり、技としてはそこそこ使いやすくなった。
しかし、それは3の同技と比べての話で、根本的な問題の技の出の遅さや、玉が消えるまで動けないという新たな欠点のせいで、
RB餓狼全体から見ると使えない技としての印象のほうが強い。
それゆえ、必殺技である兄と違い、超必殺技に設定されている弟は、ゲージが溜まっても高火力コンボが出来ず、
体力が減っても火力の高い超必殺技をぶっぱして逆転するという手段が使えないため、結局は 弟涙目 と散々な目にあっていた。

また兄が超必殺技として使う「帝王宿命拳」は、RB餓狼で弟にも追加されたが、弟のは使用条件が厳しい潜在能力技という位置づけ。
それでいて、技性能は 目の前に大きな気弾を発生させる という劣化仕様。兄のはちゃんと飛び道具なのに。
おまけにボイスも「帝王漏尽拳」の物を編集して無理矢理 「帝王拳!」 にした手抜きボイスだったりする。
そんな下位置換が多くあったため、兄は上位キャラになるのに対し、弟は基本的に下位キャラに位置づけられることが多く、
その後、SPDMで「帝王龍双拳」、RB2で「海龍照臨」というちゃんと使える超必殺技が追加されるまで、
崇秀は長い冬の時代を過ごす羽目になった。 まあ結局RB2でも下位キャラだったのだが
SPDMでは兄も「帝王逆鱗拳」という技を会得しているが、初段が神足拳の弟に対し、こちらは初段が近弱パンチという微妙な性能だった。

公式データでは 身長170cm となっているが、どう見ても168cmのブルー・マリーより低く見える。
彼が小さく見える最大の要因は頭身の低さだと思われる(ブルー・マリーが6頭身であるのに対し、彼は5.5頭身程)
NBC版では餓狼版よりも若干大きくなり、喰らい判定はCVSリュウ(身長175cm)らと変わらないサイズになったのだが、
直立の姿勢からやはりもの凄くチビに見える。頭髪部分込みで170cmという噂も。
見た目も156cmのほたるとほとんど変わらないように見えてしまう。
動画に出てくる度に170cm(兄)だの170cm(自己申告)だのhydeだの散々な言われようである。
しかしネオジオフリークの開発陣インタビューでは「新しく身長を計ってないだけです」とのこと。
俗世間との隔たりで正確な身長測定をしていないらしく170cm以上に成長するorしている可能性はあるらしい。
とのことだが……そもそも問題なのは 設定の数値より小さく見えること な訳で、
その答えが「実際はその数値よりもっと高いです」では 全く意味が通っていない こ、こいつら根本的なこと分かってねえ!!
ちなみにアンディは もうこれ以上伸びない とハッキリ言われている。

逆立った髪型や服の色、声はカッコイイのにどこかコミカルな動作のギャップ、
見え隠れする小物臭のせいもあってベジータと同じ扱いをされることが多い。
実際、RB2での「帝王宿命拳」は潜在能力が使える状態で且つ、溜めなかった場合のみ
ボタン連打で最大4発まで連射することができるのだが、この連射が何処と無く王子戦法に見える。
また、RB2版「帝王龍声拳」の動作が「ファイナルフラッシュ」にそっくりだったりする。

「オマエ オレヲ ホンキニサセタ。モウイッカイ ヤラナイカ?


MUGENにおける秦崇雷

  • 悪咲3号氏製作 MIX仕様
餓狼伝説3のドットをベースにアレンジを加えており
イントロ中に餓狼3・RB餓狼・KOF・SVCの4モードの中から性能を選べる。
なにげにこのRBモードでちゃんとRBゲージを再現してるのが大きな特徴。
なぜか他心拳で跳ね返した飛び道具の威力がかなり低い(たったの8ダメージ)という特徴がある。
某所で代理公開されている。AIは無い。

  • Chon氏製作 餓狼3仕様
ファイルの記述やから見て、おそらく悪咲3号氏の崇雷の改変。
ただ、他心拳がいつでも出せる・天眼拳がパンチでも出せる・他心拳の威力が上がっているなど
おそらくは餓狼3モードをベースに4つのモードを混ぜたつつ、アレンジしたものだと思われる。
AIが搭載されており、遠距離では隙なしの天眼拳と帝王漏尽拳で固め、
近距離では隙の少ない通常攻撃でガード崩した所を、神足拳や天耳拳でついて来る。
必要なときには、潜在奥義も撃ってくるので中々強い。
∞ロダで公開されていたが、現在ロダが閉鎖し入手不可。

  • NRF氏製作 餓狼3アレンジ「 秦兄弟
崇雷と崇秀を 二人同時に動かす という異様な操作性を要求されるキャラ。
MVC1のヴァリアブルクロス状態と言えばいいのか……。
コマンド受付は二人別々に行っているので、兄弟で次々に技を繋げていったり、
一人がやられている間にもう一人が援護するという行動も可能。
人間プレイでは状況判断も操作も忙しすぎるが、AIなら話は別。
二人で天眼拳を投げまくり、相手が飛んできたら手の空いている方が天耳拳で撃墜、
片方が天眼拳で援護している間にもう一人が神足拳で突進して、
固まっている相手を通常投げで崩す…と絶妙のチームワークを見せてくれる。
しかも崇秀がKOされても試合は終わらず、原作通りに崇雷が弟を倒された怒りでパワーアップ。
餓狼3のラスボス時ぐらいにまで強化される。
……が、崇雷が先にやられると試合終了。 弟から 「話になりません」 などと罵倒される。

同梱されている別のdefファイルを登録する事で、
最初から崇秀が倒れていてパワーアップ状態の崇雷を単体で使用可能になっており、こちらは勝利時の演出が異なっている。

  • Luchini氏製作 RB2仕様
原作再現。AIも最初から搭載されているが、
通常はwatchモードで起動しないため、必要な場合はこちらを参照。

  • トラ氏製作 RB1+RBSPDM+RB2仕様
基本性能ではRB2の原作再現で、判定やフレームなどはほぼ原作どおりとなっており完成度は高い。
また帝王宿命拳や帝王龍声拳などの技はRB1やRBSPの仕様で使う事も可能。
またRBSPDMのシステムも追加されている。
コケココ氏のサイトで公開されていたが、氏のサイト閉鎖表明後はドルジ氏が代理公開を行っている。
またドルジ氏製作のAIパッチも公開されている。

  • アフロン氏製作 NBC仕様
ほぼ原作再現だが、一部技にアレンジが施されていたり、ダブルアサルト等抜けているものもある。
日影氏によるAIパッチが作成されており、神速拳から強帝王宿命拳のコンボを主に使うが、現在は本体・AI共に公開停止で入手不可。

  • アフロン氏製作  秦天龍
外見は崇雷で、崇秀の技も使えるマルチキャラクター。崇雷の肉体から空龍が追い出された後に天龍が憑依したのだろうか。
技の一部は独自にアレンジ・強化されており、足下のオーラなどナイトメアギースのような強化版という印象。
性能面でも、目の前に飛び道具を停滞させた後逆の手で押し出す強帝王天眼拳
斜めに二発放ち、反動で飛び上がった後に再度放つ事が可能な空中帝王天眼拳
始動技が近距離弱パンチという微妙なものから帝王神足拳に変更され、ボタン追加入力式乱舞となった帝王逆鱗拳等、
ナイトメアギースを意識したと思われる部分が各所に見受けられる。
潜在能力の帝王宿命拳は「帝王龍声拳発動時に1/256で発動」
「試合開始前に『POTENTIAL POWER』の表示が出るまでスタートを押しっぱなしにして、
 その後体力が半分以下の時に相手から遠く離れて63214+YB(こちらは一試合に一回のみ)」
という『餓狼伝説3』風の発動条件になっている。
デフォルトAIはないが、小物ロダでAIが公開された。

名前はボンボン餓狼の「ジン てんりゅう」説が採用され「Jin Tenryu」になっている。
「餓狼3に触れたのは実はボンボン餓狼が先だったので餓狼3のラスボスは舞に憑依した天龍だと暫く騙されてた」とのことで、
ボンガロ読みになってしまうのは無理からぬ事だったか。

  • RYO2005氏製作 NBC+ROTD仕様
NBCベースだが、操作感覚やシステムは氏のROTD風KOFキャラと共通している。

  • 119way氏製作 NBCアレンジ「Rei&Shu」
1P~3Pカラーで崇秀が、4P~6Pカラーで崇雷が操作できる。
7P~12Pで両方が出現するが、操作できるのは崇秀のみなので弟が本体で兄がオマケという扱い。
兄にはやられ判定もなく、一部の必殺技で同時攻撃をしてくれるだけ。
AIも搭載。

NRF氏の秦兄弟と戦わせてみると、こちらの崇雷はほとんど背景と化しているのに対して、秦兄弟は二人揃って戦うため
こちらの崇秀は2対1で圧倒されてしまい、崇雷は安全な別ラインで見物しているだけという悲惨な図が展開される。
……それでも、弟がやられたら悔しがってくれるだけ兄弟愛はこちらの方が上だろうか。

出場大会

+一覧
【秦崇雷】
シングル
タッグ
チーム
その他
削除済み
更新停止中
非表示
【秦兄弟】
削除済み
更新停止中
非表示
【秦天龍】
更新停止中
  • 「[更新停止中大会] [秦天龍]」をタグに含むページは1つもありません。
プレイヤー操作

出演ストーリー


「なんだとぉー!!」