ネオギガス





「史上最強になる者はつねにひとり」

名前:NEO GEEGUS (SFC版ではNEO GEEGUS E
年齢:不詳
国籍:不詳
職業:液体金属戦士(SFC版では不詳)
身長:変形のため推定不可(SFC版では自由自在に変形)
体重:256kg(SFC版では不明)
年代:不詳

ADK製のゲーム『ワールドヒーローズ』の初代ラスボス
正式名称は G elatinous E xecute and E xterminate G enotype U ltimate S oldier 。 
2の時に自己進化した名前が「ネオギガス」であり本来の名前は「ギガス」である。
ちなみにNEO-DIOは英語で書かれるがネオギガスはカタカナ表記が正しい。…ややこしい。

世界征服を目論む悪の秘密結社「ダムド」によって開発された生体金属兵器でDIOの旧型。
本来、量産型兵器となるはずだった「GEEGUS」の先行試作型である。
外見はメタリックボディのスキンヘッドに全身裸のマッチョ男モチーフはどう見てもターミネーター2のT-1000
強者のDNAデータを解析・コピーし、自らの肉体を完全に変身させて同等の戦力を得る能力を持つ。
ただし変身しないと戦闘力が皆無なのが欠点(コンシューマ版では変身しなくても攻撃出来る技が一応ある)
また、思考プログラムにバグがあり「うちゅう」「ちきゅう」程度の漢字が変換出来ないなど知能レベルが低い。
その癖「最強」はちゃんと書けるあたりまたアレである
本来は相手を分析して最適の姿に変身するはずなのだが前述の通り頭が悪い為、分析しても最適な姿が解らず適当に変身していたりする。

+ 「彼はギガスという悪の手先でござるよ!」


原作での性能

戦闘時はプレイヤーキャラのうちどれか一人に変身して戦うが、攻撃力が高くなっている(初代のみ)だけで基本的には全く同じ、
しかも別々のキャラの技を併用することは出来ず、再度変身する為にはいったん無防備な姿に戻らなければいけない。
また、完全にランダム変身なため弱キャラになってフルボッコにされることも。
ただし、このゲームのAI自体は超反応型なのでレベルとキャラによってはかなり強かったりする(特にジャンヌ)。
SFC版2ではプレイヤーキャラとして使用可能になっており、上記の変身以外に通常技と新必殺技「ギガスダイナマイト」が追加され、
基本形態でも戦えるようになっているが、やられグラフィックの爆発を流用したギガスダイナマイトは爆発→再生までの隙が大きく、
変身技のメタモルフォーゼも誰になれるかがランダムなので、ボスキャラといってもそんなに強いというわけではない。
もっとも、なぜかこの形態では投げが無効(変身すると喰らう)、メタモルフォーゼ中は無敵などといった地味に強い要素もあるのだが。


ワールドヒーローズ1では「うちゅう最強のおとこ」としてラスボスとして立ちはだかるがヒーロー達によって撃退された。
2では頭脳のデバッグが行われた結果本来無いはずの感情が生まれ、前作の敗北に悔しさを感じたギガスは復讐の為に大幅にパワーアップしネオギガスへと進化した。
……はずなのだが変身するキャラは基本的に2の追加キャラ(6人)だけになっているため(一応かなりの低確率で旧キャラにも変身はする)弱体化とも取れる。
そのうえPCエンジン版WH2ではハードの性能の問題で2の追加キャラの中から2人とプレイヤーが使用しているキャラのわずか2~3人にしか変身できない。
(NEOGEOのROMの場合ではキャラのドットアニメーションをROMカセットからダイレクトにアクセスして対応できるのに対し、
 PCエンジン版はアーケードCD-ROM2での2.3MBのRAMが使えると言ってもそのキャラのドットアニメーションをあらかじめRAMに
 すべて置いておかなくてはいけないため、2キャラ+自プレイヤーキャラがRAMに置いておける限界なのである)
ぶっちゃけ、変わったのは頭にちょっと毛が生えただけだったりする。
発展型であるDIOを兄貴と慕っており、後にDIOに吸収されNEO-DIOの一部になっている。
吸収されても自我は保っておりDIOと一体になったことに満足しているようだ。
「いやー最初はびっくりしたけれど、慣れるとディオの兄貴の中も気持ちいいでやんすよ。ね、兄貴」
「お前、性格変わったな…」

+ ワールドヒーローズ2 ネオ・ギガス 公式ストーリー

2010年に発売されたシューティングゲーム『ネオジオヒーローズ』では、ダムドの残党がタイムマシーンを奪って歴史を改変したと言う設定で
ギガスがラスボスとして登場。こちらの個体は「ジオギガス」という名前。由来はおそらく「ネオ ジオ 」だろう。
最初の形態はルートによって異なる姿に変化し第二形態では球体に首がついたような姿になる。こちらも「うちゅう最強」を名乗っているが例によって宇宙は漢字で書けない。
また、姿を変えるどころかオロチ依り代にされたりルガールの戦闘データをもとに変化するつもりが
逆に乗っ取られてオメガルガールになったりとルートによっては扱いがよろしくない。

DIOの開発によりGEEGUSは試作型の一体が最初で最後になってしまったが、
ダムドでは女性型GEEGUSや体の一部を動植物に変化させるGEEGUSなども研究されていたようだ。


MUGENにおけるネオギガス

Hiram Yagami氏により、原作ドットのSNKアレンジ仕様とNGBC仕様が製作されている。
主に動画で見かけるのは氏のサイトでGeegusとして紹介されている方に、おまけの人氏のAIを入れたもの。
  • Hiram Yagami氏製作 ギガス SNKアレンジ仕様
より多くのデータを学習したのか、ワーヒーキャラだけではなく主にSNK系のゲームのあらゆるキャラから技を借りて戦う異色のキャラ。サムスピ零黒河内夢路と同タイプと思って貰えればいい。
原作と違って他のキャラからコピーした通常技や必殺技を使って戦い、果ては他キャラから寄せ集めた10種類以上の超必殺技を持つ。ギース無界、果てはメタルスラッグなんてものにまで変身する豪華なキャラになっている。
レプリロイドや戦車からDNAなんて取れないはずでは…
威力も元キャラのものと等しい火力のため、当たればとんでもないダメージになったりするのでネタキャラと思って甘く見ると痛い目に遭う。技の数は特殊技3種、必殺技25種、超必殺技15種の計43種類。
まさにSNKキャラのバーゲンセール。原作再現とは程遠いが、これはこれで面白いキャラである。

ちなみにボスモードにするとノーゲージで超必殺技を打ち放題だったりする
デフォルト状態ではボスモードのため、使用する場合はオフにしておいた方がいいだろう。

DrZaius氏がパッチを公開しており、これをあてると一部技性能や判定が調整される。

また、おまけの人氏によるAIパッチが本体付属で公開されているが最新版ではないので注意。
チェーンブレイドループでゲージを溜め、死界で石化させてメガトンパンチで死亡or気絶(メガトンパンチ10割は自重可能)、懐に潜り込んだらギガテックサイクロン若ギース版レイジングストームでゴッソリと
ネオジオボスたちの恐ろしさを再確認させられる強さ。
ボスモードは上述通り超必使い放題のため、「スベてはチリとカす!×n」の永久を狙ってくる狂キャラと化す。
視聴者からは「レベル100のメタモン」と呼ばれ恐れられている。

参考動画:簡易的だが補足にてギガスの全技紹介あり(13:00辺りから)。

こちらは09:55からギガスの超必殺技技紹介。

現在は公開先から削除されており、入手不可。


  • Hiram Yagami氏製作 ネオギガス(KoF+NGBC+SvCアレンジ仕様)
NGBC版NEO-DIOを改変したと思われる物。
必殺技、超必殺技共に、強弱で別キャラの似た技が当てられており、使っていて非常に楽しい。

こちらはSNKキャラの技の他に波動拳竜巻旋風脚などのCAPCOM技(SVCドットだが)も使用するがWH版と比べると全体的にオーソドックスな性能で、あまり凶悪な技は持っていない。
超必殺技も真空波動拳や真・昇竜拳、八稚女とやはりオーソドックスな性能の技で構成されている。
ただし3ゲージ技に関しては無敵時間や判定、威力などかなり性能が高く、最大ゲージ数も6と多い。
その為、ゲージを溜める立ち回りをした際にはかなりの爆発力を秘めている。

AIも標準搭載されているが、簡易的な記述であるためかなり自重した動きになっている。
その為、3ゲージ技ぶっぱが当たった際の爆発力等はあるものの、最近のAI事情では動画に使うには少々辛いのが現状である。

他に悠季氏の外部AIも氏のホームページで公開されている。
体力かゲージを吸収する上に短時間相手の動きを止める投げ必殺技を多用してくるのが特徴。
その際掴む手の位置が低く、股間に手が行く事が多いため「おさわりまんこっちです」や「事案発生」タグを付けられる事もしばしば。

ちなみにこのキャラ流暢な日本語を話すのだが、その音源はストIVのセスボイスを加工した物である。
テカテカで禿げ頭で全裸のマッチョという見た目は似ている様な気はしないでもないが…


出場大会

【ギガス】
シングル
タッグ
チーム
その他
削除済み
更新停止中
凍結
【ネオギガス(NBC)】
【ネオギガス】(未分類)
更新停止中

出演ストーリー