ダック・キング


"You're an angel BABY! "*1

格闘スタイル: マーシャルアーツ
生年月日: 1967年2月2日(『SP』時26歳)(『RBS』時29歳)
身長: 179cm
体重: 62kg
血液型: B型
趣味: ダンス・ダンス・ダンス
大切なもの: ヒヨコのPちゃん
好きな食べ物: バターコーン
嫌いなもの: ライジングタックル
特技: アメリカンジョーク(ベタすぎて笑えない)
得意スポーツ: バスケットボール
職業: プロダンサー
好きな音楽: ラップ・ミュージック

初代『餓狼伝説』が初登場の、ダンサー兼ストリートファイター。
ストリートファイトでテリー・ボガードに敗れて以来、テリーを倒すべく、ストリートファイトとダンスに励んでいる。
格闘スタイルはマーシャルアーツとなってはいるが、ダンスの要素を取り入れているためか、
空手やキックボクシングなどとはかけ離れた独特のアクションを見せる。
担当声優マイケル・ビアード氏(『餓狼SP』)、コング氏(『RB餓狼伝説』『RBS』『RB2』『餓狼伝説WA』『KOFXI』)、三ツ矢雄二氏(アニメ)。

モヒカンヘアーとサングラス(作品によってはゴーグル)、ヒヨコのPちゃんがトレードマーク。
Pちゃんは基本的にダックの傍におり、彼のよきパートナーとなっている(時折、傍にいない場合もある)。
ヒヨコは1羽だけではなく、複数登場することがある(それぞれ異なる名前を持つ)。
餓狼伝説SPECIALヒヨコ→ジュリエッタ
リアルバウト餓狼伝説ヒヨコ→ダイアナ(ジュリエッタの娘)。毛が青い。活発。
リアルバウトSPヒヨコ→シンシア(ダイアナの妹)。毛が緑。2Pカラー。面倒見がいい。
リアルバウトSPヒヨコ2→スーザン(シンシアの妹。三女)赤毛。少々恥ずかしがりや。
リアルバウトSPヒヨコ3→ステファニー(スーザンの妹。四女)。毛が紫。デビューし立て。

テリーを格闘家としてはライバル視しているが、友人関係でもある。ジョーアンディとも当然親交は深い。
陽気でにぎやかな人物だが、ポリゴン餓狼こと『餓狼伝説 WILD AMBITION』の公式イラストにはモヒカンを降ろし、
黒いスーツに青いシャツ、白いネクタイと渋く決めているものがある。
またリチャード・マイヤが経営するパオパオカフェではストリートファイター達の対戦が見られるようになっているが、
ダックは其処でもかなり人気のファイターである。
+プライベートな一枚

嫌いなものに挙げている「ライジングタックル」はテリーの必殺技。これは『餓狼1』の時にこの技で敗れたから。
なお、『餓狼SP』以降のダックは、別に胸に傷が付いたわけでもないが、
「ライジングタックル」に似た対空技「ブレイクストーム」を身に付けている。
…しかし、『餓狼1』でのライジングタックルはお世辞にも使える必殺技ではなかったため、
これに敗れたのはイメージがしづらいのが難点ではある。
なにせ、タメはレバーを真下に倒してタメないといけない上、
攻撃判定はくるくると上昇する腕の部分のみというあまりにも使えない技だったため、
『餓狼2』になってからようやく技の存在が認知された程である。

THE KING OF FIGHTERS』シリーズでは長らく参戦する機会がなく背景出演が多かったため、
ヘビィ・D!藤堂竜白とで『'95』辺りからデラレーズと呼ばれていた。
『KOF2000』ではジョー東のアナザーストライカーとして参戦し、『KOFXI』にて遂に正式にプレイヤーキャラクターとして参戦、
テリーとキム・カッファンがチームメイトになった。一方で、本家である餓狼シリーズでの登場回数は多い。

+ぎゃあああああああああ!!
「ダック・キングと呼んでくれや」

ボンボン餓狼では『1』は勿論、登場しないはずの『2』や『3』でもメインキャラとして登場する。
テリーとの初対決で決め手になったのはライジングタックルではなくパワーウェーブである。
ヘッドスピンアタックで飛んできたところを、カモネギ状態でカウンターしたテリーでした。原作では不可能だけどな!(後述)
原作ではギースとは特に関係なかったが、この漫画では最初ギースのとして登場しながら、なんだかんだで仲間になる王道キャラである。
が、王道に反して非常に弱く、戦いが始まると開幕速攻物言わぬ死体になるのがボンガロのお約束である。
ちなみに仲間になった経緯は、テリーに敗れた=任務失敗として同じくギースに雇われた同僚共々、
差し向けられた刺客に始末されかけてたところで再会したテリーに助けを求めるという、なんとも情けない有様だった。

解説や実況を担当することもあるが、アンディやジョーがいるとその役目すら奪われ、ただの驚き役になることも多い。
基本的に役に立たず、「クラウザーには勝てないからアンディのことは諦めよう」と提案するなど臆病な面も目立つが、
たまに格変が起こって、雑魚相手に無双したり、敵に不意打ちで一発喰らわせることもある。が、その後結局やられる。
『3』にいたっては、序盤にパオパオカフェ2号店で飲んでいていい気になっていたところを、復活したギースに出くわしてしまい、
あっという間に病院送りにされ、以降、登場しない。…が、それを聞いてテリーがサウスタウンに帰ってくる。
要するに旅に出ていたテリーをサウスタウンへ戻すための生贄である。重要と言えば重要なんだけど、微妙な扱いだと思わざるを得ない
しかし、『3』はパワーインフレが激しく、ジョーやアンディですら噛ませ犬になっていたので、彼が戦いに参加しなかったのは幸運と言えるかもしれない。
また、その陽気な性格からか道中(主にテリーと)漫才ギャグを繰り広げたりすることが多く、
ハードな展開の多いボンガロでは貴重なコメディリリーフとして(一応)重要な役割を果たしている。

「おれはグルメだぜええっ!!」

(以上、Wikipediaより抜粋&一部改変)


原作中の性能

性能としてはトリッキーなキャラ。回転する突進技「ヘッドスピンアタック」が得意技。

初代『餓狼伝説』では必殺技は「ヘッドスピンアタック」のみで、他はごく稀に通常投げのバックブリーカーで投げる程度。
しかし対CPU戦前半では割と強敵である。なぜなら唯一の必殺技ヘッドスピンアタックは完全無敵で、
あらゆる攻撃を無効にしつつ突進してくるからである。
しかも飛び道具すらも無効で、パワーウェイブや飛翔拳、ハリケーンアッパーに当たっても、
それを打ち消して自分はそのまま別ラインへ移動するだけ。しかもノーダメージ。
突進技というより、技の特性からその属性は完全な「飛び道具」である(打撃技は全て潰せる。飛び道具とは相殺し合う)。
自らを飛び道具化して飛んでくる必殺技はこの技くらいではないだろうか。
ただ、幸いなのはCPU専用であるということだろうか。

プレイアブル化した『餓狼SP』では「弱P→前進→弱P→前進…」という永久が存在し、全国の善良なゲーマー達をバッドトリップさせた。
超必殺技の「ブレイクスパイラル」はコマンド投げ
「←↙↓↘→↗↓」という難解なコマンド、イカした見た目、驚異の吸い込み、一発逆転の破壊力とあらゆる魅力に満ちており、
格ゲー界に数多ある投げ技の中でも一種のカリスマ的な存在として記憶の刻まれるまでに到った。
唯一『RB2』では1回転コマンドにされていたが、これもギースのレイジングストーム同様賛否があったようである。
『XI』でもブレイクスパイラルのコマンドは健在。

『RB』以降ではその場でダンスした後一定時間必殺技の強化版が使えるようになる「ダックダンス」も修得。
『RBS』では最後まで踊るとデッドリーレイブのような目押し式の乱舞技「ビートラッシュ」が使えるようになるが、
無防備な状態で長いこと踊らないといけないため、とても実用に耐えるものではなかった
しかし『RB2』で攻撃判定が追加されて敵を気絶させることができるようになり、安全に踊る余裕が生まれた。
が、「ビートラッシュ」は削除。代わりに下段始動打撃投げ「スーパーポンピングマシーン」を習得。
スライディングから突っ込み、倒れた相手の 上で スクラッチ音とともに踊りまくるというイカした技。
『XI』では「ビートラッシュ」がダックダンス無しで出せるようになり、決める機会も十分ある技になった。
また『XI』では一人だけRB式のボタン順押しコンビネーションを持ち込んでいる。が、PS2の調整版だと削除されていた。


「へへっ…俺のスピードについてこれるかな? 」


MUGENにおけるダック・キング

複数存在するものの、「現在入手不可能」か「AIが入っていない」というものが多い。

初代餓狼

+ルイス氏製作
  • ルイス氏製作
原作再現。また、「ヘッドスピンアタック」が原作同様完全無敵となる原作再現パッチが付属していた。
現在は代理公開を行っていたリン&バット氏のサイト消滅によりDL不可。

餓狼SP

+laiso_7氏製作
  • laiso_7氏製作
お便所BABY!原作再現。AIも搭載されていた。
現在サイトおよびデータ消失によりDL不可。
ラインふっとばし攻撃や、体力が4分の1以下になると超必殺技が使用可能になるのもきっちりと再現。
さすがに歩きパンチの簡単永久はできなくなっている。削りダメージはかなり低め。
再現度はとても高いが、動画ではあまり見かけない。

RB餓狼SP以降

+トラ氏製作 RB2+RBS+DM仕様
  • トラ氏製作 RB2+RBS+DM仕様
現在はドルジ氏が代理公開を行っている。
『RB2』+α仕様のキャラでお馴染みトラ氏のダック。大ポートレイトは『RBS』の勝利デモから。
基本的には『RB2』の原作再現だが、『DM』のシステムであるクイックアプローチやファイナルインパクトを搭載。
『RBS』にあった空中投げや「ネオ・ブレイクストーム」、『RBS』仕様の「ダンシングダイブ」も追加されている。
唯一、「ビートラッシュ」だけは『RBS』仕様(潜在能力)ではなく『DM』仕様(必殺技)として搭載されている。

AIは長い間作られていなかったが、2013年2月、遂にドルジ氏によって公開された。
判定の強いジャンプ攻撃を活かして積極的に飛び込み、小技を軸に固めてコンボを決めていくスタイル。
時折、相手の対空技や暴れを「ダックフェイント」で回避してくることもあるので油断はできない。
対空には主に「ブレイクストーム」を使う。発生は遅いが、追撃が可能なので当たると結構痛い。
体力が半分を切ると代名詞である「ブレイクスパイラル」を多用するため、一気に逆転されることも。
また、「ダックダンス」も稀に反撃として使う。気絶させた後の追撃はやはり「ブレイクスパイラル」。

+コケココ氏製作 DOMINATED MIND風仕様
  • コケココ氏製作 DOMINATED MIND風仕様
現在はサイト閉鎖で入手不可。
氏曰くあくまでも"風"とのこと。原作はPSソフトのため、エフェクトがネオジオ版とは違う。
また、サイズ削減のためか、サウンドの音質は低め。
AIも氏によるものが搭載されていた。

KOF

+アフロン氏製作 KOFXI仕様
  • アフロン氏製作 KOFXI仕様
現在は公開停止。
一部の技が未搭載なものの、原作を再現している。

コケココ氏によってAIが作成されていたが、HP閉鎖で正規入手不可。現在はhamer氏によって代理公開されている。

+コケココ氏製作 ダックEX(KOFXI+アレンジ仕様)
  • コケココ氏製作 ダックEX(KOFXI+アレンジ仕様)
現在はサイト閉鎖により入手不可。
アフロン氏のダックの改変。『KOFXII』のようにEX必殺技が使用可能。
Pちゃんが現れ、攻撃するか相手の向きを混乱させるPちゃん召還、
追撃可能コマンド投げ「ビートラッシュβ」、ダックダンス3回分の「ネオダックダンス」といったオリジナル技が搭載されていた。
また、ダックダンスの派生に「スーパーポンピングマシーン」が追加。

+Mouser氏製作 KOFXI+アレンジ仕様
  • Mouser氏製作 KOFXI+アレンジ仕様
主な性能は『XI』だが、『'98』仕様と『2002』仕様で選べるMAX発動、
約10秒間「ダックダンス」の派生技使い放題の新技「ダックダンス2」といった要素が追加されている。
「スーパーポンピングマシーン」はこれから派生して出すことになる。
configから「ビートラッシュ」をオート乱舞式にすることもできる。
shao氏の外部AIが公開されている。

狂改変

+608氏製作 P(ひよこ意思)
  • 608氏製作 P(ひよこ意思)
を得たPちゃん。
サイコクラッシャーしたり、大魔法を唱えたり、UFO呼んだりなんか色々と凄いことになっている。
かつては神キャラだったが、更新により狂クラスに落ち着いている。

出場大会

シングル
タッグ
チーム
その他
削除済み
更新停止中
非表示
【ひよこ意思】
削除済み
更新停止中

出演ストーリー


プレイヤー操作



*1
『餓狼伝説SPECIAL』でのブレイクスパイラル時のセリフだが、「お便所baby!」というあんまりな空耳が存在した。
ちなみにこのセリフ、CVのマイケル・ビアード氏のアドリブだそうである。
ゲーメストの『餓狼SP』ムックによると本当は"GO TO HEAVEN!"だったが、
収録中に"YOU ANGEL BABY!"にしたとのこと。
「天国へ行け!」から「あなたは天使だ天使になっちまえ!」といったところだろうか。・・・・すごいセンスだ。
"You're an angel BABY!"じゃないの?と疑問に思う人に説明すると、
英語圏では相手を罵る決まり文句として"You ○○"というフレーズが存在する(例・You son of a bitch!)。
件の台詞もその様式に則っているということなので問題は無い。
『RB餓狼』以降は明らかに"You're an angel BABY!"と言っている?聞こえんなぁ~!