アサギ









         「暑中見舞い

                申し上げます」


アサギ(Asagi)

  1. プリニーにケンカを売って自爆死した挙句、プリニーに転生した哀れな人間。
  2. 日本一ソフトウェアの暑中見舞いに登場以降、主人公の座を狙ってさまざまなゲームを徘徊する、
    永遠の「次回作の主人公」。現れるたびに性格や声が違う。
日本一ソフトウェア次回作の主人公(予定)。
アサギ(浅葱)とは 緑がかった薄い藍色 を表すが、特に浅葱色のイメージは持っていない。

日本一ソフトウェアの2004年暑中見舞いに描かれていたのが初出。
その後同社のゲーム『ファントム・キングダム(以下PK)』に「次回作の主人公」という隠しキャラとしてゲームに初登場したが、
次回作『魔界戦記ディスガイア2』でも「次回作の主人公」として隠しキャラで出現し、
じゃあディスガイア以外の次回作に登場するかと思いきや、次の作品『ソウルクレイドル』の公式サイトにおいて、
「ロード中に骨や宝箱に混じってまれに掘り出されることがある」のが確認され、公式に主人公(笑)キャラがついてしまった。

以降も「次回作の主人公」と言う肩書きで数々の日本一ソフトウェア作品に隠しキャラとして登場し続けている。
未だに彼女が主人公となるべき次回作は登場していない。ついでに声優すらも未定で毎回変わる
作品を重ねるごとに性格が悪くなっていく、というか精神が崩壊していってるような気がする。
まさに永遠の次回作主人公。

更に彼女を差し置いてプリニーが主人公になり、ますます悲しい主人公に…
…と思ったら、ボーカル付きのイメージソングを引っさげて隠しボスで登場という破格の待遇で登場した。わけがわからないよ
日本一のマスコットキャラとしての地位をプリニーと争いつつある。
尤も、そのマスコットキャラのプリニーに対するライバルと言えば「ショコラ」(ネコ)か「エリンギャー」(キノコ)と答える人が多数だろうが。
……とか言っていたら、公式投票のマスコット部門で上位5名中3名がプリニー系列という中で堂々の4位にランクイン。
ちなみにこの順位、人型の名有りキャラとしてはぶっちぎりの高順位であると同時に、上記のネコとキノコにも圧勝しているのは言うまでも無い。
幸いにもマスコット以外でも公式での人気投票で2位、そして日本一ソフトウェア会社設立20周年記念の人気投票女性部門では
並み居る人気キャラを抑えて 1位 の座を射止めるなど、人気は上々のようだ。
また、日本一ソフトウェア20周年記念サイトにも『アサギの小部屋』なる専用コーナーが設けられ、
時期によって細かく背景が変わる、数日おきに更新される絵日記、加えてファンクラブまで出来る愛されっぷり。
ファンクラブは加入人数に応じてアサギにいいことが起きるというシステムになっており(グッズの再販や新規イメージソングの作成など)、
なんと ファンが1万人を突破すればアサギが遂に主人公になれるのだ! ……そんなことせずに素直に主人公のゲーム作ってやれよと思わなくもない。
そして ついにファンクラブ会員数一万人を突破。 今度こそ本当に主人公のゲームが発売される……のか?
2013年8月には、アサギのこれまでの出演ゲームや上記のアサギの絵日記のイラストを纏めたアサギファンクラブ公式ファンブック『アサギ本』が発売。その巻末にて(正確には魔界ウォーズLiveで)『 アサギ10周年記念プロジェクト 』なるものが発表された。
どうやらアサギが主人公になる日は、もうそんなに遠くないようだ。

そのイメージソング(左上)に「(笑)」(読みは かっこわらい )という歌詞があり、やはり公式に主人公(笑)のようである。
その後もアサギのイメージソングはどんどん増えていき、遂に 彼女のイメージソングだけが収録されたボーカルアルバムまで発売されてしまった。 どういう……ことだ……!?

因みに彼女が主役であろう『魔界ウォーズ(仮)』という作品が発表されたのが2004年のこと。
しかしPSP、PS3参入第一弾のソフトとして発表されたままゲーム雑誌に 「発売予定・発売日未定」と現在進行形で載り続け、
既にamazonに商品登録されている のに全く音沙汰が無く、彼女どころかこの魔界ウォーズ自体もネタにされる始末。
しかもその発信元は公式。「彼女が主人公のゲームなんて、本当に存在するのか?」それを決めるのはそっちだ。
永遠の「主人公(次)」。これはメタネタか、それとも日本一スタッフの歪んだ愛なのか。
ただ、普通に主人公になってしまったならこんなに多くのゲームに顔を出すことは無かったかもしれない。
(普通に主人公になった上にと共に多くのゲームに顔を出してる奴もいるが)

+彼女の軌跡(ネタばれ注意)
  • PHANTOM KINGDOM
隠しキャラとして初登場。声は同作でトレニアと二役の能登麻美子。
クールな雰囲気で、本が喋ることに驚いたりかなり常識人で主人公感を漂わせていたが、かなりレベルが低かった。
他の隠しキャラが3ケタ4ケタなのに、一人だけ50。そのせいで今作の主人公ゼタの弟子となり教育(?)されるハメに。
このせいかアサギの人格は崩壊していく…
http://www.nicovideo.jp/watch/sm536073

  • 魔界戦記ディスガイア2
主人公になれず、またも隠しキャラ。声は植田佳奈。称号は 「別ゲームの主人公」
ドット絵が『PK』の転用のため、他キャラに比べてちっこく見えるせいかロリキャラ扱いに。
声もかなりロリ。性格もまだ常識人であったが若干子供っぽくなっていた。元の世界ではスタイル抜群だったらしい。
そして『PK』同様レベル50。勿論他の隠しキャラ達は3ケタ4ケタ。まるで成長していない…
この時は仲間にならずに装備「暑中見舞い」をくれる。
戦闘後、主人公達に励まされ自身を取り戻し、元の世界に帰ることを新たに決意する。頑張れアサギ、次こそは主人公だ!
http://www.nicovideo.jp/watch/sm3399649

  • ソウルクレイドル 世界を喰らう者
…なんてはずもなくまた隠しキャラ。ここから本格的に人格崩壊が…。声は山本麻里安。
この時は『PK』の主人公ゼタを超え、なんと宇宙最強の存在となっていた。
親衛隊がいてアイドルな電波キャラだわゼタをその場で使いきって殺害するわ大ボスを吹っ飛ばすわ
世界をぶっ壊してゲームの続行を不可能にするわかなりやりたい放題。
レベルも相応に高く、前衛唯一の全体攻撃持ちだったりとキャラとしての強さもかなりのもの。しかし
なお、バグで固有キャラではなく汎用キャラ扱いとなっているらしく 倒す度に仲間に出来る上改名・削除可能 。どうしてこうなった。
余談だが、街人との会話で「旅芸人の一座で、意地悪な先輩に虐められてなかなか主人公になれないアサちゃん」という少女の話で出て来る。
後のアサギウォーズを振り返るに、恐らくこのアサちゃんはソウルクレイドルの世界のアサギなのだろう。

「なんの努力もせずにのうのうと主役を張るような人間も、予定通り発売されるゲームも大嫌い!
その陰で泣いているゲームや没キャラたちのためにも、私がおしおきしなくちゃいけないんだわ!」

http://www.nicovideo.jp/watch/sm8071609

  • 魔界戦記ディスガイア3
いつものように隠しキャラ。声は「1」のジェニファーなどムチムチな脇役で出演していた斎藤千和。
前のぶっ壊れた性格から一変なんか病んでるキャラになっていた。レベルはそこそこ。
「自分が主人公のゲームを何者かに盗まれた」という妄想を抱き、本作の主人公マオたちに難癖を付けて襲い掛かるが、
戦闘後には(たぶん)伝説の魔王がゲームを盗んだんだろう、という話に落ち着き仲間になる。
何故か待機モーション中エアギターを弾いている。
DLで追加されるシナリオのPVでは本当にギターを弾いてライブを行う姿が確認できる。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm2288902

  • 魔界戦記ディスガイア 通信対戦始めました。(1のPSPリメイク)
  • 魔界戦記ディスガイア 魔界の王子と紅い月(1のDSリメイク)
通信対戦をすると貯まるポイントを100貯めると登場する隠しキャラ。
本人ではなく人形という設定らしい。
アサギが登場するゲームの中では最も弱い。
また、発売前に放送されていたアニメの影響で「アサギが主役になれない理由のひとつは声優補正」と冗談交じりに言われていた。

  • プリニー ◆~オレが主人公でイイんスか?~◆
隠しキャラとしてのランクが上がったのかストーリーを一本貰っている。敵キャラとしてだが。声は水橋かおり。
彼女といえば日本一で毎回主役やヒロインを担当するメイン声優、ちょっとだけ主役に近づいたと言えるかも。
怒ると東北訛りになるキャラづけを(勝手に)されていた。声優が声優だけに『げんしけん』の荻上にそっくりだとかなんとか。
本人も「また変なキャラづけされてるんじゃ!?」などとメタ発言をする。まぁ彼女自体かなりメタな存在だが。
魔物図鑑により「本名:朝霧(あさぎり)アサギ 年齢:永遠の17歳」と判明。
東北の片田舎で学業に励みつつ、週一で上京を繰り返す学生アイドルらしい。主人公を夢見て今日も頑張る。
「え?これって魔物図鑑だべ?なして、あたしがこんな所に入ってるだ?あたしは人間だって何度も何度も言ってるっしょや!!」
一応、操られていたとはいえ人間キャラが魔物扱いにされるゲームは存在するのだが…アサギは操られているわけでもないので結局不憫

主人公となったプリニーに喧嘩を売ったり、聞く相手から金を取って自分の悩みを相談したり、
主人公になるために選挙活動(?)で黄金色のモナカを送ろうとしたり、データを改竄してレベル9999になったり、と、ここでもやりたい放題。
愛読書は『クズでもなれる主役入門』『卑劣!主演女優の盗りかた』など。
普通の人間ではダメだと悟り魔法少女プリティープリニーへと着替え変身するも、最後は活動限界時間3分をオーバーして爆死。
自殺の罪によりプリニーと化した…と思いきや『プリニー2』にて身の程知らずの罪だと判明した。

「おらまだ主人公になってねぇべさ!」
http://www.nicovideo.jp/watch/sm5306916
まぁこの会社のゲームでは大体死んでも問題ない。
ストーリーの中で「何が足りないの?ムチムチ?」などと訊いたり中途半端な体型が憎いと言ってたりするので戦闘力は普通と思われる。
大きい方はとことん大きく、小さい方はひたすらまな板な日本一作品において、ある種珍しいとも言える。
そしてPSストアで販売・配信されている第3の追加シナリオにてアサギ人形がボスとして登場。そっちの声は笹本優子。
元々難易度の高い『プリニー』だが、その中でも「最凶難易度」と銘打たれるだけあり飛びぬけた強さを誇る。

  • 魔界戦記ディスガイア2 PORTABLE
「主人公がダメなら、脇役からコツコツのし上がってやるわ!」と息巻き参戦決定。
最早見えている隠しキャラ。隠す気などさらさらないらしい。

+仲間になるだけかと思いきや…
なんと追加ストーリーである「アクターレ編」にて(番外編ではあるものの)ストーリー本編のボスキャラとして登場。
本編ボスなだけにレベルは低め(15、本編経由の場合135)。声はプリニーに引き続き水橋かおり(ドット絵は3のもの)。
因みに上記の『ディスガイア2』のイベントも引き続き登場しているが、戦闘時のボイスは全て撮り直されているため、
イベント中は植田氏の声で、戦闘に突入した瞬間水橋氏の声に変わるという何とも愉快な事になっている。

今回は魔界で制作中の映画『魔界ウォーズ』の主人公役(!)という設定。
念願の主人公の座を手に入れたためか最高にハイになっており、
高笑いをしながら「 アタシのことは主役様とお呼び!! 」と叫ぶ女王様キャラに。
ザコは地べたにひざまずきなさい!主役様の踏み台になるのよ!! 」等の過激な発言を繰り返すが、
これまでの経歴を振り返ると自虐としか思えず、かなり痛々しい。
主人公役はどこからか圧力がかかって強引にねじ込まれたらしく監督すらも現場で初対面だったため、目立ちたがりのアクターレに偽者と決めつけられ倒されてしまう。
この時点では仲間にならないが、隠しキャラである2のアサギを仲間にすると、暗黒議会で3のアサギに変えることが出来る。
本作のアサギは、マップ上に出撃している味方男性キャラの数だけパワーアップするという特殊能力を持つ。

「アタシはアサギ!
主役になるために生まれてきたような人間よ!
アタシのことは主役様とお呼び!!」

http://www.nicovideo.jp/watch/sm7540950

  • ディスガイア インフィニット
おまけのイベントムービーにだけ出るちょい役。主人公との絡みさえなかった。声は落合祐里香。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm8687023

  • 絶対ヒーロー改造計画
最早お約束となったおまけシナリオでの登場。本作でも相変わらず隠れていない隠しキャラである。
キャラバンの発掘屋から購入できる「電撃チケット」を使用すると挑戦可能な電撃文庫とのコラボダンジョンと、
それを攻略すると出現する「日本一:魔界ウォーズ」というダンジョンのボスとして登場。

電撃文庫コラボダンジョンの最下層には電撃文庫作品のキャラがボスとして出てくるが、実は全部アサギのコスプレ。
倒されると逃げていき、該当作品のコスチュームを落とす。また、ダンジョンを一つ攻略するごとにアサギシナリオが進んでいく。
日本一:魔界ウォーズダンジョンの最下層ではアサギのコスチュームが手に入る。

  • プリニー2 ~特攻遊戯! 暁のパンツ大作戦ッス!!~
例によって例の如く登場。声は『プリニー』と同じく水橋かおり。
今回も隠しモードでの登場だが…タイトルは何と「アサギウォーズ」。そう、番外編とはいえ主役である。
でも姿はプリニー。前作でプリニーになって以来、そのまま魔王城で贖罪の日々を送っていた模様。
6種類の武器+α(ステージ中で拾う特殊武器や隠し武器)を使い分けて戦う、別キャラとしての設定と能力を持つ。

本来の姿も必殺技のカットインとして登場し、なんと 揺れる 事が明らかになった。
今後はその手の大会でも、大きい側として出場する事が期待され…
http://www.nicovideo.jp/watch/sm9688958 何でもないです。 …見れば見るほど微妙なラインである。
あ、でも6:16の右上とか(ヨシツーナガキータヨー
+しかし脱いだら意外と…?
日本一ソフトウェア20周年記念に開設された「アサギ日記」ではかなりのプロポーションが披露されている。
が、これは「日記」なので当人が描いたイメージ図という可能性が

さらに日記の続き(2012.12.21)では入浴中の姿も描かれ、そのイラストでは間違いなく巨乳と言っていいボリュームである。
……というか、他のイラストより明らかにでかいんですけどこれはいったい

彼女以外にも「アサギ」の名を持つ存在が多数登場し「アサギウォーズ」の名に相応しい混沌渦巻く不思議時空となった。
本作の設定から 「朝霧アサギ」とはあくまで「『プリニー』に登場したアサギ」のみを指し、他作品のアサギは全て別の存在
という推察も出来るが、あくまで推察なのであまり真に受けないように(でもこれなら毎回声や性格が違う理由も説明出来るけど)。

  • ビックリマン 漢熟覇王
なんと『ディスガイア』シリーズとロッテの『ビックリマン』チョコのコラボ商品にもアサギが登場している。
しかもイラスト2種類、計3回も。

+『ビックリマン 漢熟覇王』でのアサギ(シール画像あり)
空想主演アサギ
「いつも自分が出来事の主人公になっていないと気が済まない女戦士。漢熟覇王を星空に誓ったのは架空の話?いや空説?」

超私戦記アサギ
「伝記に名を残すべく過去の記憶を捨て完全増力(パワーアップ)!「いつか主役になるまでは」の思いを胸に覇王大戦台風の目となるか?」

超私戦記アサギ
「今度は絶対主役!と意気込むもまた脇役?!怒りをゾンビにぶつけ即決着銀華橋北5!」


 さらに、公式サイトのサイドストーリーでは…
 詳しくは「 大女帝プリオールVS空想主演アサギ 」でぐぐr)

 ……頑張れアサギ。

因みにこのシール、後に日本一から3DS用ソフト『ビックリマン 漢熟覇王 三位動乱戦創紀』としてゲーム化もされている。
当然ながらアサギもシールとして出演。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm14696946

  • 魔界戦記ディスガイア4
最早定番となった、本編終了後のおまけシナリオである後日談のラスボスとして登場。声は長谷川明子。
相変わらず主人公の座を賭けて勝負を挑んでくるのだが、他のキャラが高精度ドットの中で 1人だけ 通常ドットで出演という仕打ちを喰らう。
登場人物曰く「こいつだけ連絡が行ってなかった」らしい。
また、本作では各世界のアサギと繋がっていて記憶などを共有している事が明らかになり、
待機モーションはエアギターからキラッ☆に変更された。ちょっと時代遅れな気が

更に今回はシステムの恩恵を受け、遂に念願の2丁拳銃を実現した。
能力的にも高めでインフレゲーの後日談だけあり80万×2などいったダメージを平気でプレゼントしてくれる。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm13848106
余談だが、彼女は暑中見舞いの時から二挺拳銃を持っている。
しかし『PK』には二挺拳銃は無くライフルを持っていた。『ディスガイア2』は転用なのでライフルのまま、
『3』では一挺……なぜなら装備として存在するのが一挺だから(技によっては二挺使うが)。
結局二挺拳銃を使うのは武器装備の存在しない『ソウルクレイドル』とアクションの『プリニー』だけ。
「そもそも装備が色々あるSRPGが多いこの会社で二挺拳銃は結構無理がある」
「この設定が彼女が主人公になれない理由の一つじゃないか」などと噂されている。
…と思っていたら何とディスガイア4で二刀流システムが(色々と条件付ではあるものの)実装されきっちり彼女もその恩恵に与っていた。
まあ、それでも主人公になれないどころか過去最悪レベルの扱いだったんだけどね!(見た目的な意味で)

しかしそんな彼女もDLCにて高精度ドット版が100円で配信されることが決定した。やったねアサギ!
http://www.nicovideo.jp/watch/sm14940399

  • 神様と運命革命のパラドックス
日本一ソフトウェアの20周年記念タイトルの1つ。声は南ことり(内田彩) *1
公式サイトの登場人物紹介にアサギが紹介されているのだが「 今回も メインストーリーに彼女の出番はありません」(原文ママ)と明言され、
しかも立ち絵はプリニー2の使い回しの上に見切れているなど、発売前から凄まじいまでのネタキャラ扱いを受けている。
上記のアサギ絵日記でもこのことは取り上げられており「…………あれ、なにこの扱い……」と流石のアサギも落ち込んでいる。
頑張れアサギ! ネタキャラ扱いの運命を革命しろ!

「…聞いてください。ある日私は、新作ゲームの主人公として誕生しました。
けれど、肝心のゲームが発売されません。これはいったい何の嫌がらせでしょうか。
シリアスな人格も今や立派なネタキャラに。他のゲームに単身赴任する毎日です。
教えて下さい。私は、どうすれば主人公になれるのでしょうか?」


MUGENにおけるアサギ

+stupa氏製作
  • stupa氏製作
MUGENではプリニーフロン星影と同じくstupa氏によって作られたものが存在。
pasta氏が引退して入手不可能になり、それ以降にMUGEN入りした主人公達に対応できなかった時期が続いたが、
現在はリュウセイ氏のサイトで代理公開されている(主人公イントロ対応キャラを増やすパッチも同梱)。
最終版では「『アサギネスイリュージョン』が発動しなさ過ぎ」と言う理由でゲージ上限が3から5になった。
初期のドット絵は『ソウルクレイドル』の物だったが、その後の更新で『プリニー』の物になり、見違えるように表情豊かになった。
戦闘中のボイスは主に『ディスガイア3』の斎藤千和、フィーバー時は『ソウルクレイドル』の山本麻里安。
また、イントロや勝利ポーズでは上記に加えて能登麻美子、植田佳奈、水橋かおりと中の人は合わせて5人もいる。
「今夜はパスタ♪」という変な掛け声は「攻撃時にヒロインが食べ物の名前を叫ぶ」日本一ソフトウェアのお約束。
ヤンマーニ 」で知られているであろうアニメ『MADLAX』の二挺拳銃で戦うパスタ好きの主人公マドラックスの台詞、
「今夜はパスタにしよう」のオマージュと思われる。

各種飛び道具によって高い地上制圧能力を誇るが、接近戦は苦手なので中~遠距離を維持したい。
空中だと火力は期待出来ないが、空中制御能力は滅法高いので相手を翻弄しながら戦おう。
通常ゲージの他、独自に弾数ゲージとストレスゲージを持つ。
+特殊ゲージ
弾数ゲージ
彼女のメイン武器である二挺拳銃の残り弾数を示す。一挺につき10発ずつ撃てる。
弾切れするとかなりのパワーダウンとなるので、隙を見てリロードする必要がある。
リロード時間は長い。0.5ゲージ消費でクイックリロードも可。

ストレスゲージ
フィーバーモード(主人公状態)発動に必要なゲージ。以下の条件で増減する。
増加
  • 食らい状態になる
  • 通常射撃がガードされる
  • アサルトCがガードされる
  • 敗北時、相手の勝ちポーズ中増加し続ける。
  • 相手が主人公だとイントロで50%溜まる(主人公(笑)でも発生する為、キャラによっては「それはコッチの台詞だ」と言いたくなる事も)。
減少
  • 通常射撃が当たる
  • カクテルシェイカー中
  • アサルトCがヒットする
フィーバーモード
発動中はストレスゲージが自動減少。0になると終了。
  • 通常弾が撃ち放題
  • カクテルシェイカーも撃ち放題
  • ゲージが徐々に増加
  • 超すっごい必殺技が使用可能

詳細なゲージ量の増減表は2010年2月末日にUPされたアサギ更新のお知らせ動画の最後を参照の事。

また、フィーバー発動には無敵時間付きの吹き飛ばし効果があり、食らいキャンセルでも出せる為サイクバーストのような使い方が可能。

銀と金のプリニー
プリニー召喚の際に10%の確率で銀、1%の確率で金のプリニーが出現する。
銀は1匹で防御が5%UP、5匹で50%UP。金は銀5匹分。
厳密には、食らった瞬間に防御力上昇分だけ回復(50%UPなら被ダメの半分)しているため、LIFE100未満で100のダメージを受けたりするとKO。
また、銀5匹か金1匹で「アサギのカンヅメ」が使用可能。
コンフィグで最初から持っている銀プリニーの数、防御力UPのOn/Off、残りLIFE何%から防御力UPするかを設定できる。

MUGENの主人公といえるカンフーマンをはじめ、アレックスシオン空条承太郎ソル=バッドガイといった主人公に対する特殊イントロがある。
特にカンフーマン以外の主人公達への魂の叫びは必見。

+主人公達に対しての魂の叫び
「何の努力もせずに

のうのうと主役を張るような人間も!

予定通りに発売されるゲームも大っ嫌ぁい!!

今ここで、誰が一番主役に相応しいか!

世界に教えてあげる────っ!!!」

この特殊イントロ、ユーザーからの協力もあって最終的に 485名 のキャラに対応している(コンフィグでOn/Offが可能)。
「赤いマフラーをしているから、という理由でP2nameに入れようとした」(未遂)という何でもありの基準で、
届いたネームを片っ端から入れたらこうなったそうな。なお、 製作者HPで募集もしていた。
MUGENにこれだけ主人公が居たのも驚きだが(「Terry」「Terry Bogard」等、同キャラの名称違いも多いが)、それを一々把握しているアサギも相当である。
原作で主人公になったジョセフ・ジョースターにまで対応しているのだから恐ろしい。たまにYUKI違いでに誤爆するけど。
頑張れアサギ、負けるなアサギ。2010年2月25日の更新でゴリゴリ弱体化(AIは強化)されたけど…

最終版での強さはデフォルト設定なら強、コンフィグで常時主人公状態にすれば凶ぐらいと思われる。
典型的な遠距離型なので相性の差が激しく、常時主人公だとジェネラルVeryHardに勝てたり伊達政宗に負けたりするので一概には言えないが。
ちなみに、AIの暴発・起動遅れ対策として6Pまでは人操作用で AI作動は7P以降 なので、使用する際は注意しよう。
1P以降でもAI操作にするなら、config.txtにあるAIスイッチにて、
[State -3]
type = varset
trigger1 = PalNo = 7
trigger2 = PalNo = 8
trigger3 = PalNo = 9
trigger4 = PalNo = 10
trigger5 = PalNo = 11
trigger6 = PalNo = 12
と書かれているtrigger6の下に
[State -3]
type = varset
trigger1 = PalNo = 7
trigger2 = PalNo = 8
trigger3 = PalNo = 9
trigger4 = PalNo = 10
trigger5 = PalNo = 11
trigger6 = PalNo = 12
trigger7 = 1
と付け加えよう。(エトナと星影の場合[State -2]と書かれているが、同じ方法で1P以降でもAI作動)

「私は、アサギ…。私のゲームは、どこ?
私の大切なゲーム…。私が主人公のゲーム…
私が主人公のゲームを盗んだのは…」

「お前かぁ―――――――――!!?」

技一覧

+必殺技
必殺技
カクテルシェイカー
ガード不能の飛び道具。相手を捕まえてシェイクし放り出す。ガード硬直中にも当たるが、これで止めは刺せない。
弾切れorフィーバー時のみ使用可。リロードの隙はこれで補え。
アサルトスター
鉄球を振り回す。対空、転倒、広範囲攻撃の3種類が存在。
プリニー召喚
プリニーを呼ぶ(食らい判定有)。弱は前進のみ、中・強は画面端まで進むとUターンする。
一定時間経過、もしくは任意で爆発。攻撃を喰らうと即爆破。自分も爆発に巻き込まれる。最大3匹まで。
マジカルレイン
魔法弾が上から降ってくる、設置型の技。弾数無制限で隙が少ない。アサギの弾幕の要。中段。
ノックバックピアス
隙の無い便利な突進技だがその分弱い。更新で無敵時間は短くなった。ヒット硬直と距離は反比例する。
AIは「(空中ノックバックピアス>JC)×n」という空中コンボを決めるが、人操作ではJCがキャンセル不可?
アサギ人形
当身技。相手を人形に釘付けにして動きを止め、背後に回る。その後の行動は砲撃・ゲージ溜め・自由行動の3種類。

+超必殺技
超必殺技
アサギ様親衛隊
1ゲージ技。親衛隊を突撃させる。ダウン中の相手にも当たる。親衛隊は打撃では潰されないが、飛び道具で吹っ飛ばされる。
ゼタビーム
2ゲージ技。『PK』の主人公(本)であるゼタを呼び出してビームを撃たせる。
発射までが物凄く長い上に発生位置が足元。ビームの後に爆風が起こるが、攻撃判定は光線にのみ存在する。
ガード不能。攻撃発生速度が2パターンある。発射前に本を攻撃されると帰ってしまう。
マジカルバレット
3ゲージ技。魔力を込めた弾丸で標的を滅ぼします(『PK』の説明・原文ママ)。準備中の魔法陣に飛び道具打ち消し効果有。
アサギのカンヅメ
2010年2月の更新の際の製作者の冗談が視聴者の多数のコメントのせいで搭載された。
発動条件は銀のプリニー5匹or金のプリニーと全ゲージ消費。当然、防御力は初期値に戻る。
『プリニー』で出てきた『究極のスイーツ』の壷(但しレッテルは不細工なアサギの顔)を召喚し、中から大量のチビ戦車(チビアサギ搭乗)が湧いてくる。
中段と下段を同時に攻撃するためカンヅメ付近ではほぼガード不能。ただ、離れて空中ガードされると涙目な技である。

+超すごい必殺技
超すごい必殺技 (フィーバーモード時のみ使用可)
フーリガン襲来
1ゲージ技。親衛隊の突撃に火炎瓶のおまけつき。
宇宙最強魔王の実力
2ゲージ技。『PK』の魔王ゼタが降臨し、相手の位置をサーチするガード不能攻撃を見舞う。
なお、20%の確率でアサギに誤爆する。コンフィグで確率を弄れる。
アサギネスイリュージョン
3ゲージ技。コマンドこそ違えど、どう見てもダークネスイリュージョンです。本当に(ry
ロックしないので、タッグでは相方の攻撃で敵が吹っ飛んで外れたり乱舞中に潰されたりする。正直言うと親衛隊の方が強い。
主役チャチャチャ
3ゲージ+life1/5以下で使用可能。分身が現れて銃乱射→鉄球ぶん回し→PKの最強隠しボス・無敵戦艦良綱のビーム砲で殲滅→キメポーズ。
演出つきの一撃必殺技である(音楽は「ASAGI MY LOVE」)。
分身の攻撃中に本体を攻撃されると潰されてしまう。
以前は分身をガードされても発動したが、最終版では鉄球がヒットしないと通信エラーが起きて発動しない。
この技でKOするとよく「ヨシツーナガキータヨー」というタグが付く。
レア演出で「魔帝ロイヤルキングダークIII世」(CV:若本規夫 絵:植田まさし(コボちゃんの作家))が御出馬されるが、
レアすぎて動画では余り見かけない…はずなのだが最近の動画ではこちらをよく見る。
タッグでも、片方に当てて良綱が発動さえすれば両方仕留められる上、ついでに味方も倒す

参考動画(3:56~) http://www.nicovideo.jp/watch/sm6309328
原作での主役チャチャチャ http://www.nicovideo.jp/watch/sm2412303

+更に…
ラウンド3以降、フィーバー時に20%の確率で プリニーの着ぐるみに着替えた「プリニーアサギモード」に移行する(上記の『プリニー』のネタ)。
このモード、『プリニー』を再現した非常に特殊な仕様で、具体的には
  • プレイヤー操作を受け付けない自動操縦
  • ハイパーアーマー、投げ無効、ダメージを受けると一定時間無敵、専用技を使用
  • BGMが「ASAGI・メタモルフォーゼ」になる (歌詞テロップ付き)
  • BGMが終わると 自動的に死ぬ 。勝っても負けても自爆する展開は同じ。
まさにやりたい放題。こんなアサギに誰がした!
攻撃方法は銃弾をばら撒いたり、バズーカから小さなプリニーを発射したり、ずっこけて爆発したり。攻撃力と防御力は上がるが機動力は若干下がる。強化になるか弱体化になるかはケースバイケースである。

AI殺しにも自爆技にもなりそうなモードだが、コンフィグでOn/Off可能なので安心。

説明しよう!!

学生アイドル「朝霧 アサギ」は

すべてを犠牲にすることで

魔法少女「プリティプリニー」へ

着替えることができるのだッッッ!!!


「プリニーアサギモード」を披露してしまった動画(8:42~) http://www.nicovideo.jp/watch/sm7463668 アサギ「真の主人公が誰か、教えてあ…」(7:41~) http://www.nicovideo.jp/watch/sm7931850

+余談
彼女は色々目立つのか結構サムネホイホイとして出番がある
http://www.nicovideo.jp/watch/sm10140804 http://www.nicovideo.jp/watch/sm9630836
http://www.nicovideo.jp/watch/sm9468575 http://www.nicovideo.jp/watch/sm9314851
http://www.nicovideo.jp/watch/sm8808710 http://www.nicovideo.jp/watch/sm7612124
http://www.nicovideo.jp/watch/sm6564914 http://www.nicovideo.jp/watch/sm6047902
http://www.nicovideo.jp/watch/sm6021253 http://www.nicovideo.jp/watch/sm5155297

+大会ネタバレ
第2回遊撃祭並鰤杯において、並み居る凶・狂キャラどもを掻き分けてベスト8(準決勝)進出。
「安心と信頼の20割」「もう平和は無い」「理解してみろ」「並って何だろう」といった物騒なタグの居並ぶ世界で、
相方の引きの良さも勿論ながら、それだけに頼らない見事な戦いぶりを見せつけて強運敢闘賞の栄冠に輝いた。
その姿はまさに、誰もが認める第2回遊撃祭並鰤杯の『主役』であった。
因みに似たような形式のタタリフェスティバルッ!!でもベスト8入りするなど結果を残している。
但し出場キャラは遊撃祭に比べたら良心的なので、彼女の実力での結果も大きい。
(第1回)遊撃祭並鰤杯でも五回戦まで勝ち残った事といい、彼女はランセレタッグトナメに縁でもあるのだろうか。

また、金カラーや狂キャラが居並ぶ【クレイジークラスの】ランセレタッグバトロワ大会において、ランセレ運と実力を駆使し、総合二位という結果を残した。
特筆すべきは、その最終戦。・・・・すごい主人公だ。

どういう訳か、大会では英雄殺しとの絡みが多い。ある意味似た考えの持ち主だからだろうか?
運絡みも有るとはいえ、彼相手によく視聴者に希望を与えるような戦いをするし、ラウンドを取る事も。
まぁ、活躍するのは大抵魔王と良綱と魔法少女なんだけど。

銃娘トーナメントにおいては(まさかの)決勝進出。
主人公との戦いが3ラウンド目までもつれこんだその時『奇跡』が起きた!(二重の意味で)

何だコリャ…?(9:20~) http://www.nicovideo.jp/watch/sm8924030
生存確率1%!?密告中!サバイバルではかなり強く育った状態で決勝進出。
主人公であるK' 3回も戦い 、まさかの2勝1敗で勝ち残った。
その後、敗者復活者のシンに負けたものの、見事3位を獲得した。

…など、MUGEN界では主人公(予定)とは思えない程の活躍を見せている。

大!凶者ランセレバトルにも参戦…したのはいいが、アナザーブラッドアルティと並んでいつまでも控え室にて待機の状態で一度も出場しない空気組に入っていた。
その後、Part.22においてアルティ、更に同じように空気枠にいたサラシナが立て続けに出演。遂にアナブラと空気女王の座を争うこととなり、バトル出場時のこれまでの戦歴紹介の時は2人の0勝0敗の戦歴が大変輝かしい状況となった。戦歴紹介の度に「アサギェ……」に続いて「アナブラェ……」とコメントされるのはもはやお約束。

だがPart.29、試合数にすると257試合目において遂にアナブラより先に出番が来てしまい主役どころか「空気女王」さえなることが出来なかった。
しかも初戦で事実上のMUGEN第2の主人公にストレート負け。2戦目(Part.32の285試合目)でも主人公相手に奮戦するも逆転負け。早くも崖っぷちに立たされることになる。
Part.35における309試合目にて背水の陣で三たび主人公と挑み、1R目はパーフェクトで負けを喫し、2R目もあわやパーフェクト負けまで追い込まれるも一撃必殺の「主役チャチャチャ」が決まり一矢報いるが時遅し。3R目で一方的に攻められて惨敗。初試合から52試合目で1勝も出来ないまま敗退となってしまった。

作者マイリスト



また、リュウセイ氏により魔法少女化(狂キャラ化改変)パッチが公開されている。パッチはブログで公開されてないので注意。
+さる氏製作 D4アサギ
  • さる氏製作 D4アサギ
stupa氏製のアサギの改変キャラ。解像度を手描きで上げてみたとのことで、キャラのスプライトが描き直されている。
現在はskydriveで『ディスガイア4』っぽく描かれたスプライトを同梱して公開中。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm16238731
D4化によりキャラのサイズが変わったので、判定枠もそれに合わせて修正されている。
cnsはいじってないとのことなので、判定を除く性能やAIはそのままの模様。
特殊イントロ対応キャラも90名増やされ、延べ 575名 となっている。
更に主人公リストが独立したテキストファイルになり、編集が容易になった。
ただしグラップラーSHIKI復讐貴殺人貴改変キャラといったEX/アレンジキャラを纏めて追加したため、
主人公の偽者である七夜志貴ブラック狼牙まで混じっている。

+こー氏製作 アサギ戦車
  • こー氏製作 アサギ戦車
アサギのスプライトの1枚を使ったキャラ。
ゆっくり魔理沙の改変キャラで、吹き出しの台詞は「暑中見舞い申し上げます!」。
食らい判定が無駄に後ろについていて大きいが、攻撃技も若干大きめに作られている。

+こー氏製作 メイン主人公アサギ
  • こー氏製作 メイン主人公アサギ
こちらはどないやの改変で、正真正銘のりもの系に属する。
のりもの系お馴染みのバイト射撃「アイドル砲」は、腕だけや体全体や規格外の判定などで判定が分かりづらい。
そのバイトはアサギ違い、あるいは朝霧違いで統一されている。
改変のりもの系のお約束なのか食らい判定がアサギにしかなく、アサギ戦車とは正反対の小ささである。
更新で本家アサギの技「親衛隊突撃」や特殊やられなどを搭載している。
とくに「親衛隊突撃」は12Pカラーで人数も攻撃力もヒットも増えるので、10割を余裕で達成できるほど。

+こー氏製作 巴アサギ
  • こー氏製作 巴アサギ
声優(水橋かおり)&銃使いつながりで、一部のボイスや演出を巴マミ関連のものに差し替えた物。
コンフィグは1Pでも常時AIon、ゼタまどかの誤爆率25%、金・銀プリニーの所持数が1に変更されている。
最新版は12年4月8日で特殊カラーなどが追加された。
アサギネスイリョージョンを2ゲージになっている他、
10Pで元の改変前のアサギに近くなる。
11Pでゲジマユ仕様
12Pで性能が強化される。具体的に書くと
  • 常にゲジマシ状態
  • 弾数ゲージが減らない
  • 弾数ゲージが減る技がガードされると10回復
  • カクテルシェイカーが弾数MAXでも使用可能
  • 通常時のストレスゲージがMAX
  • 特殊スイッチをONにしてない時、フィーバー時の長さがいつもより半分
  • プリニーを出す時、全部金プリニー
  • 親衛隊の数が2倍+攻撃頻度が早め
  • 主役チャチャチャが5ゲージで体力が減っていなくても使用可能
12Pの強さはこー氏が説明書に書いており、
デフォルトでマスターギースLV4に4割、モヒカントキLV3に5割の強さらしい。

謎ジャムにも対応している。絶命奥義じゃないよ。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm14631784

stupa氏製プリニーアサギの詳細は当該項目にて。


出場大会

+一覧
シングル
タッグ
チーム
その他
更新停止中
削除済み
凍結
非表示
【アサギ戦車】
【メイン主人公アサギ】
【巴アサギ】

出演ストーリー

+一覧
aSaGi~魔王伝説~ 主人公 )
Monochrome
mugenと主人公と(仮)(念願の主役動画)
MUGENの星
MUGEN町ヒーロー戦記
SOS団と3人の姫君
居酒屋mugen
鬼神無双!
吸血鬼姉妹とmugen学園
草薙真吾の受難
狂って踊れ(酷い扱い&惨死注意)
クロス・イン・ワンダーランド~夢幻武闘劇~(ドラ夢枠)
ジャギ学熱血青春日記(ヒロイン)
人造生物03RIA-紅
ディオ・ブランドーは落ち着けない
東北紅魔卿EX
ドラゴン・クロウは夢を見る
ナイトメア・ハンターズ
なこるる茶屋
人形の夢と目覚め
ヒナナイの剣(ヒロイン(反論は認める))
舞織の日々
水瀬家族計画
ユウ☆キ☆オウ
悪Qの平和な日々
ANGEL DROPS ~天使の欠片~ Drop.2 Plasma Trigger
Re-Start ~とある二人の場合~
特別課外活動部事件簿

その他


気さくなアサギ、頼れるアサギ。
     趣味は自分探しの旅のアサギに
          清き一票を!