マルコ・ロッシ

MISSION

COMPLETE!

本名:マルクリウス・デニス・ロッシ
出身地:アメリカ・アイダホ州
職業:正規軍PF隊少佐 第1中隊隊長
年齢:26歳(初代では23歳、『ネオジオヒーローズ』は25歳)
誕生日:2005年4月13日(『メタルスラッグ』の時代は20XX年という設定)
    5月29日(ネオジオヒーローズ)
身長:180センチ
体重:75キロ
血液型:A型
趣味:コンピュータープログラミング
好きな食べ物:チャイニーズヌードル
好きなこと:自分の作った思考プログラムをネット上で他人のものと戦わせること
嫌いなもの:食べ物屋の前に並んでいる人々
大切なもの:趣味に没頭できる時間
特技:コンピュータープログラムの処理速度の暗算、地下鉄の乗り過ごし、酔拳のマネ
口癖:暇があったら、ソースを読め!

SNKの横型2Dアクションシューティングゲーム『メタルスラッグ』シリーズの主人公。
『母を訪ねて三千里』の主人公ではない。名前の元ネタとは言われているが。
SNKには他に盗賊マルコ極限流マルコがいる。
イタリア系のアメリカ人で、州立の工業系ハイスクールを経て、士官学校の特殊技術専門学校に進み、
卒業後は特殊工作部隊ペルグリン・ファルコンズ隊(通称PF隊)の一員になる。
反乱軍の長、モーデン元帥のクーデターが勃発する前は、正規軍特殊工作部隊の若きリーダーであったが、
クーデター後はレジスタンスに加わり、生き残った兵士をかき集めてPF隊を再結成。
温厚な性格だが、友人や同僚の命を奪ったモーデン元帥に対してはその激しい怒りを隠そうとはしない。
ターマ・ロビングとは同じPF隊の同僚で無二の親友。

香ばしいラテンスピリッツが匂い立つナイスガイで、丈夫な体は母親譲り、でかくて太い肝っ玉は父親譲りの叩き上げの軍人。
見た目によらず趣味は「プログラミング」というインテリで、遊びで作ったコンピューターウイルスが
誤って軍の中枢コンピューターに侵入してしまい、セキュリティを破って核ミサイルを発射しかけるという事件を起こしたが、
これは一生語られることのない彼の秘密である(トレバー・スペイシーが唯一この事を知っている)。

各キャラクターごとに性能の違いがついた『メタルスラッグ6』ではハンドガンの威力が2倍となっており、
武器弾数温存やコンバットスクールのラストミッションでは非常に役に立つ。
またしゃがみ撃ちだとヘビーマシンガンが連射速度の70%程度の速度で撃てたりする。
オールラウンドで使いやすいキャラクター


格闘ゲームでは『NEOGEO BATTLE COLISEUM』でメタスラ代表としてマーズピープルと共に登場。
メタスラ版ではあの人この機のようにどんな攻撃を受けても(ライフルで殴られようが)
1回で死亡してしまう体だったが格ゲー版ではちゃんと体力制。これもまた格ゲー補正の1種である。
死んだときの悲鳴はケシカスくんらしく「ノーン!!」
ハンドガンやへビーマシンガンなどといった劇中おなじみの武器を使い、
万能戦車メタルスラッグや波動拳の使い手、一文字百太郎を呼んだりする。
またゲーム内でゾンビ化したしたときに使えるボム攻撃(通称吐血ビーム)も超必殺技として使える。
このゲームにより、
  • パンチグローブ付マジックハンド→シークレットブロー
  • 吐血ビーム→エナジーエミッション
  • スライディング→メタルスライディング
と、公式外部設定ながら名前が付いた。

最近では自分の作り出したコンピュータウイルスがモバゲーで人工知能に進化し、正規軍入りを果たしている。

+『ネオジオヒーローズ』におけるマルコ
2010年にSNKプレイモアが 乱心して 発売した弾幕系シューティングゲーム『ネオジオヒーローズ』では
自機兼1面のボスとして出演している。
こちらはNBCと声優が異なり、スト4ザンギエフやTVアニメ版アヴドゥルなどでおなじみの
三宅健太氏が声を当てている ため非常に雑魚っぽいボイスである

この作品はブラウン博士のタイムマシンを使ったジオギガスに改変されてしまった時代を
ヒーローの手で元に戻すというストーリーなのだが、マルコが呼び出される前は何をしていたかと言うと
モーデン軍討伐後自堕落な予備役を送り自室に閉じこもってネットに溺れていたという。
……もうちょっとましなストーリー考えてやれなかったのか。ゴーショーグンの北条真吾かお前は。
進んでる間もプログラムの事考えていたりで本格的にヤバい。が、得意なのはソフトだけでハードは壊す専門だとか。
というかそれ以外にも、民間人相手にマジギレして喧嘩を売ってきたり、強そうなボスが出てくると途端に萎縮したりなど、
1面ボスとはいえ、正直言って主人公としては非常にどうかと思う性格になっている。旧来のメタスラファンは泣いていい。
フォローすると、一応一部のルートではカッコいい彼を見ることも可能ではあるのだが…。
またメタスラのデザイナーであるAKIO氏がイラストを担当したため絵柄が浮いている。いろはとは別の方向で。
どうして今回に限ってTONKO氏に任せなかったんだ!あかりは原作デザイナーの氏が描いているのに!

ノーマルショットではメタスラ譲りのヘヴィーマシンガンが使えるため、全キャラ随一の攻撃力を誇るのだが、
調子に乗って撃ちまくると弾切れを起こし、貧弱なハンドガンしか撃てなくなる。撃たなければ高速でリロードされるのだが。
幸い必殺技も、弾を打ち消し長時間判定の残るナイフや、範囲の広いグレネード、
ボムクラスの範囲と攻撃力を持つフルバーストと、非常に優秀なのでノーマルショットに頼らなくても
それなりに戦うことは出来る。 あとノーマルショットは前面にしか撃てないので範囲がちょっと…。
ボムではおなじみメタスラアタックが可能だが、狙ったところで爆発させるのは中々難しく、
弾幕回避にはあまり使えない。ボスへの攻撃用と考えよう。
1面ボスとして登場した時は最初のステージらしく弾幕も激しくないのだが、メタスラや要塞兵器に搭乗して攻撃を仕掛けてくる。
さらに必殺技で大量の火薬を破裂させて弾幕を放ってくるが、この時爆発する武器とそれを持ってくる捕虜は
メタスラドットそのままとなっている。

余談だが、ネオジオの人気キャラ達が謎の力で急に空を飛び始めたのがこのゲームの基本設定だが、
マルコのみ原作のゲームで既にジェットパックで空を飛んでいるため、本作でも彼だけがジェットパックで飛行している。
まあ『ネオジオヒーローズ』で追加されたメンバーは他にも陰陽師鶴の化身戦闘機
普通に自力で飛んでおかしくない連中ばかりであるが。


MUGENにおけるマルコ・ロッシ

+アフロン氏製 NBC仕様
  • アフロン氏製 NBC仕様
NBC版の原作再現キャラ。現在アフロン氏のサイトからはDLリンクが削除されている。
ちぃたま氏によって作成されたAIも公開中。
アイアン・リザードで下段攻撃しつつのロケット・パック攻撃などで堅実に防御を崩してくるため、
暴れの少ないガードが固めなキャラに対して強いAIとなっている。
ヒャクタロウ召喚も使用するので、たまに彼が試合をひっくり返す事も。
海外のRyuzaki-sama氏によるAIも存在。同じく海外のXzero氏のサイトで公開中。
飛び道具と近接格闘を絶妙に使い分け、なかなかの強さを見せる良AIである。
+Vans氏製 KOF2002UMアレンジ
  • Vans氏製 KOF2002UMアレンジ
MUGEN1.0専用。
KOF2002UM仕様で製作された改変キャラで、システムや操作性、各種演出に至るまで徹底して再現されている。

+製作者不明 クローン マルコ・ロッシ
  • 製作者不明 クローン マルコ・ロッシ
無限ロダで公開されたマルコ。現在は閉鎖で入手不可。
上記アフロン氏マルコの改変キャラであり、大量に出てくるマルコを一定数倒す仕様。
仕様上、人間操作は不可となっている。

また、海外ではメタスラ仕様の小さいマルコやターマも製作されている。

出場大会

+一覧
シングル
タッグ
チーム
その他
削除済み
更新停止中
凍結

出演ストーリー




添付ファイル