マーズピープル

「パポポポピ…ププ(弱い…地球人もいろいろだな)」


格闘スタイル:○@\(・・)/※#%!!
身長:未計測
体重:未計測
出身地:火星と思われる
誕生日:不明
スリーサイズ:不明
血液型:不明
好きなもの:◇(・;)/”※♀
嫌いなもの:■※(**\-☆!
大切なもの:$=#・◇・%+-♂...
好きな食べ物:(牛の肝という噂あり)
特技/得意スポーツ:¥&$@(○-○)※%≠!
趣味:(「狩りや人体実験」という目撃情報あり)

SNKの2D横スクロールアクションシューティングゲーム『メタルスラッグ』シリーズに登場する敵キャラクター。
『2』または『X』より登場し、『3』と『6』にも登場。
名前の通り出身は火星だが、『メタスラ』ではどこから来て何者なのかが全く分かっていない地球外生命体となっている。
緑色のクラゲのような姿をしている*1
かつて墜落事故を起こしてしまい、その修理のためにモーデン軍と手を組み、
見返りとして自分たちの高度な技術を提供し、クーデターに参加した。
モーデン軍極地基地では多数のマーズピープルが彼らと共に生活している。
しかし戦争で美しい自然を破壊するモーデン軍や正規軍を快くは思っておらず、『2』または『X』の終盤ではモーデンを裏切り、
母船「ラグネーム」を使って正規軍(プレイヤー)もろとも撃滅しようと攻撃を仕掛けてくる。
しかし正規軍とモーデン軍が一致団結し彼らと戦闘、ピンチに陥ったため母船の主砲による一斉掃討を試みるが、
名もなき飛行機乗りの主砲への特攻という、どこかの映画で見たような展開により、
壊滅的な被害を受けて撤退を余儀なくされる。

また、極地基地では夜な夜な兵士たちを実験のために誘拐していた模様。モーデン元帥をも実験材料として狙っていた。
その一方、モーデン軍の女性兵士と恋に落ちる個体もいたらしく、決して彼らが怪物ではないことも示唆されている。
見た目こそ異形かもしれないが、彼らもまた我々と同じ「人類」なのだ。
この事は後述される「マーピー君」の件でも表現されており、異文化交流が可能であることの証明となっている。

正規軍にとって彼らの存在は極秘事項とされており、上層部の一部の上官クラスの人間や情報部にしか知らされておらず、
上層部は多数の証言を「荒唐無稽な珍説」「極限状態におけるパニックの産物」などとして黙殺している。
コンバットスクールでのメグ教官との会話のときに、まだ階級が低いうちにこの話題を出すと、
「宇宙人? あなたゲームのやりすぎじゃないの?」と怒られてしまったり「何のことかわからないわね…」と話を逸らされてしまう。
逆に最高階級になると彼らを脅威とみなさず、それどころか駆逐を宣言する。

『3』ではついにモーデン元帥の誘拐に成功。
モーデン元帥に変装し、マルコ・ロッシ達4人のうちの1人をも誘拐して宇宙へと飛び立ってしまう。
この事態に正規軍とモーデン軍が再び一致団結。モーデン軍のロケットに乗って正規軍兵士やモーデン兵士達が母船に侵入。
無事に捕虜の兵士やモーデン元帥、仲間の一人を救出しただけでなく、
マーズピープル達のボス「ルーツマーズ」を倒すことにも成功した。

『3』の続編となる『6』では、海中に沈んだルーツマーズの救出のために再びモーデン軍と手を組み、引き上げに成功。
しかしその最中、隕石に乗って地球に飛来してきた凶暴なインベーダー(こいつらではない)達の襲撃にあい、
多数のマーズピープル達がインベーダーの食料のためとして捕虜になってしまう。
この事態にまたまたマルコ達はモーデンと手を組み、またマーズピープル達もインベーダーを倒すために手を貸す事となる。
ボスのルーツマーズも「ルーツマーズスラッグ」として登場し、マルコ達に手を貸す場面がある。
ゲーム中ではザコ敵として多数登場し、光線銃から機雷のように空中を漂う弾を撃ってくる。
灰色・茶色・白の3種の色のマーズピープルがおり、弾の性能が色によって異なる。
また小型UFOに乗って攻撃を仕掛けてくる。初登場時はUFOに乗っての登場。
本格的な登場は『2』または『X』のステージ4の後半からなのだが、実はステージ1開始直後の空を飛んでたり、
燃えさかる建物の中から脱出している姿が見えたりと、ステージ1で既に姿を現している。
なお、色によって階級が異なるようで灰色は普通のマーズピープル、
茶色は幹部クラス、白はエリートクラスとなっている。


格闘ゲームでは『SNK VS. CAPCOM SVC CHAOS』と『NEOGEO BATTLE COLISEUM』に隠しキャラとして登場。
「UFO」や仲間達を呼んで攻撃したりと、原作のように戦う。
『SVC』では「ステージ1~3を1ラウンドも落とさずに勝ち抜き、EXCEEDでのKO回数が3回」という条件を満たすと
ステージ4に登場する(同じ条件のロックマンゼロとどちらが出るかはランダム)。
戦闘前デモでの相手の対応はとりあえず驚く者、捕獲しようとする者ドッキリだと思う者、互いに奇声を上げる者と様々だった。
中でも普通に意思疎通ができてるMr.カラテとか豪鬼、普通に会話をしていたタバサも凄すぎる気が…。
『NBC』ではPF隊との決戦の後、地球に置き去りにされて帰れなくなり、大阪府吹田市のラーメン屋で「マーピー君」の愛称で働いていた。
ラーメン屋の人とは言語は通じていないが、ボディランゲージで意思疎通をとっていたとのこと。
グッドマン撃破後は火星との交信に成功したが、その後も地球のラーメン屋にて引き続き働いている。
理由は本人曰く「火星に帰ったらラーメンが食べられないから」とのこと。

+ なお、ミッドナイトブリスで女性化した場合の画像がこちら。

+ 使用技性能解説


MUGENにおけるマーズピープル

動画内で戦う姿を見かけることはほとんどないが、ニコニコMUGEN的には火星の人のほうが有名だろう。

+ CROSS†CAT氏作:『SVC』仕様
+ Websta氏作:『NBC』仕様
+ はっぱ氏作:『KOF200UM風アレンジ』仕様

+ 大会ネタバレ

出場大会

シングル
タッグ
チーム
その他
削除済み
更新停止中

出演ストーリー




*1
モチーフはほぼ間違いなく、H・G・ウェルズのSF小説『宇宙戦争』に登場した火星人だと思われる。
小説中で提示された「クラゲとタコを合わせたような奇怪な知的生命体」という火星人のイメージは
現在でこそ「火星のタコ」的なギャグイメージで用いられることもあるが、原典においてそんなものは欠片もなく
むしろ地球人とは根本的に異なる「意思疎通の不可能な存在」として描かれ、巨大兵器で町を焼き払ったり
人間を捕えて吸血(というか強制的な血液交換)したりと、かなり化け物然として描写されている。
なお、これの原作小説の時点で火星人の外見の説明を受けた兵士が「まるでタコだな」とはっきり言っているのだが、
後の方で語られる火星人の構造の説明を見る限りタコやクラゲが直接のモチーフではなく、極度の文明の発達の結果肉体が退化して、
「脳と両手の指(触手はこれの名残でそのため根元が左右2束ある構造)だけが残った人間」というイメージらしい。

他にもMUGEN的には、この人が原作本編の前日譚で火星人の軍勢と戦ってたり、某怪獣の変身前の姿がまんまだったりする。