真田小次郎




「零番隊組長 真田小次郎、参る」

公式プロフィール
 流派: 天然理心流「百舌」
 武器: 刀「百舌」
 生年月日: 天保7年3月2日
 年齢: 28歳
 身長: 5尺7寸
 体重: 13貫目
 性別:(※実際には 詳細は後述)
 宝物: 兄の形見のハチマキ
 趣向: なし
 利き腕: 右
 家族構成: 故郷に母方の祖父母のみ健在
 好き: かけそば
 嫌い: 蜘蛛
 キャッチコピー: 壬生の陰狼 -Shadow Wolf-

月華の剣士 第二幕』に登場するキャラクター。「さなだ こじろう」。
新撰組の架空の隠密部隊、零番隊の隊長。浅葱色ではなく白地に黒のだんだらが入った羽織を着用している。
愛刀の銘は「百舌(もず)」。

規律に厳しく責任感の強い男で、同じく隠密任務を旨とする鷲塚とは親しい仲であった。
「地獄門」の調査に就いていた零番隊であったが、任務の途中で命じられた紫鏡の粛清に失敗し取り逃がしたばかりか、
隊士に数名の死者を出す失態を演じてしまい、以来地獄門の調査は鷲塚の単独捜査任務となった。
小次郎は自らの汚名を返上し零番隊の存在意義を証明するため、仇敵紫鏡を追って一人地獄門へ赴く。

+原作ネタバレ
実は本物の小次郎は既に紫鏡によって殺害されており、
ゲーム中に登場する真田小次郎は、
兄の敵を討ち、名誉を回復するため彼に成り代った妹・香織である。
なお『一幕』のプレイステーション版では、
「本物の」小次郎が隠しキャラクターとして追加されているが、
性能は二幕の香織とはかなり異なり、
鷲塚とほぼ同一のコンパチ仕様になっている。
髪型などは似(せ)ているが、
香織が女性的(あるいは中性的)な顔立ちなのに対して、
兄はしっかり男の顔であり、
構えも兄が鷲塚のコンパチなため全然違っており、
二人の見分けは容易である。
入れ替わったことに気付かない新撰組の目は節穴か
(鷲塚は知っていたので、香織の気持ちを汲んだ上で、
 敢えて目をつぶっていた可能性があるが)。
「真田小次郎」名義で発表された公式プロフィールでは性別が「」となっているが、
これは月華二幕発表直後は小次郎の正体が香織であることは伏せられていたためである。
当時のプレイヤーはエンディングではじめて小次郎の正体を知ったのであった。
……が、ゲーム中のイラストによっては胸があるように見えたり、
TONKO氏のイラストだと口の描き方が女性キャラと同じであったり、
何より担当声優が女性であることから、
発表当初から小次郎が実は女性ではないかと見抜いていたプレイヤーは多かった。
上記のようにプロフィール上の性別は少なくとも偽っていることから、
他のプロフィール(年齢や身長等)についても実は兄のものが混ざってるのではないのか、
と考えるプレイヤーも存在する。
しかし兄・小次郎本人のプロフィールが公式発表されていないため推測の域を出ず、真相は不明である。

同じ新撰組所属の鷲塚と一部同じ技を使う他、突き系の攻撃が多い点で共通しているが、
溜めキャラである鷲塚とは違い同じ技であってもコマンド入力になっている。
「最終・狼牙」の小次郎版、「狼牙・零」を決めると背景に大きく「誅」の文字が浮かび上がる。
演出や技の性質はもとより、名前的にも鷲塚以上にかなりギリギリ。
というか、これはもう完全にアレだろ!という驚異のネーミングである。
少々技にクセがあり、二人目の新撰組キャラであることや、
同じく新キャラであるの人気に押されたこともあり、使用率はあまり高くなかった。


+ギャルゲー新撰組
SNK公式ギャルゲー『Days of Memories』では第7作『僕と彼女と古都の恋』と第8作『風舞う都でつかまえて!』に登場。
演技力の高さに定評のある若手俳優。美形で物腰が柔らかいため女性に人気がある……という設定。
色々突っ込みたいことがあるかもしれないが、いつものことなので気にしないように

第7作ではサブキャラとしてのみの登場だったが、同じ時系列を別角度から描いた第8作では、
隠しルートである「地獄門編」のヒロインの一人となっている。
男の振りをして役者をやっているが、実はそれは仮の姿で、本当は兄を殺し地獄門の開放を企む刹那を監視していたのだった。

最終的には地獄門も閉じ、使命から解放され「真田香織」として主人公と結ばれ……たと思いきや
何やら時空が歪んで出会い自体が無かったことになってしまった

主人公の頭の中にはうっすらと香織の記憶が残っており、またいつか会えるかな……?
といった感じの切ない幕切れとなっている。
+貴重な女性姿

原作での性能

剣質「力」安定のキャラが多い中で、守矢と並んで数少ない「技」安定の珍しいキャラ。
これは立ちB及びしゃがみBの発生が遅いため単発では使いにくく、連殺斬からしか有用性が無いこと、
「力」はしゃがみAにキャンセルがかからず、リーチが長く気軽に振れるキャンセル可能な技が立ちAしか無いこと、
昇華対応技である「無明剣」からの昇華は、1ヒット目限定でしかもタイミングがシビアであり、
少し昇華が遅れただけでガードされて反撃確定のため使いにくく、
もう一つの昇華対応技の「無二・烈」は、只でさえ発生の遅い防御不可斬りを、
非常に長い時間(2秒程度)溜めた後でないと昇華できないので、決めるのは現実的ではない、などと言った問題があるためである。
また、潜在奥義が殆ど使い道が無いのに対し、乱舞奥義が弾き以外にも確定ポイントがあり使いやすく、
「技」ならば連殺斬による下段の揺さぶりを含めた柔軟な攻めが可能となる事など、
様々な部分で「技」に「力」が負けてしまっているからである。
ただし目押し連続技は一応可能なので2Cや4Aからの目押し、小技からの瞬塵→天地などで戦えなくは無いが、
目押しに使える技はリーチが無く、超インファイトで戦う必要性が出てくる為「技」に比べるとつらい所は多いだろう。
また「極」に関しては連殺斬からの昇華などの火力上昇があるが、
他のキャラ同様に防御力の低下とゲージ効率低下がかなり痛い。
トレモ(常時ゲージMAX)限定で「乱舞奥義→裏贄→狼牙・零」などのロマン連続技があるので、
ゲージが無限に存在するならロマンはある。
まぁ普通の条件では出来ないので、既にロマンとかそういうレベルを超えている気がするが…。

改めて「技」前提で性能を見直すと、基本的にはリーチの長い各種J斬り、地上5A(からの連殺斬)での牽制で地道に立ち回りつつ、
いざ連続技や、移動技の瞬塵→投げ技の天地などによる強制ダウンをとった際には、
めくり性能が高いJCや下段、さらに投げ・・・などといった、起き攻めを間断なく、
かつ緩急をかけて連続的に攻めを展開していくキャラとなる。
攻めがパターン化した時にはどうしても弾きによって中断から痛手を受けやすい月華の剣士というゲームで、
こと攻撃を散らすということに関してはかなりの性能を誇る。

「技」前提のため火力が上位の力キャラに比べると低く、何回もチャンスを伺わなければいけないこと、
また「技」が不遇なゲーム性の点で苦しい部分はあるものの、
ポテンシャルを生かし切れば他を翻弄して倒し切れることが可能な様々な技性能が評価されており、
キャラランクでは現在中堅ぐらいの位置づけに存在している。
実戦での裏贄


MUGENにおける真田小次郎

現在は以下のものが存在している。
出番がない訳ではないのだが、見栄えの問題か他の月華キャラと比較すると微妙に影が薄い。

+Rabz氏製作 二幕仕様
Rabz氏製作 二幕仕様

恐らく最初に製作された小次郎。剣質は「力」のみ実装している。
原作と比較すると所々違和感も無くはないが、十分遊ぶことの出来るレベルに仕上がっている。
何故かガード時にやられボイスを出すのが欠点。

+ホタリュソ氏製作 二幕仕様
ホタリュソ氏製作 二幕仕様

現在は公開停止。
以前まで動画に主に出ていたのはこれにJ・J氏製のAI(公開停止中)を入れた小次郎。
あまり連続技に奥義・超奥義を絡めてこないため派手さはないが、堅実な立ち回りでなかなかの強さを見せている。
現在は後述のIldanaf氏の改変版公開に伴って、この旧版の公開は停止されているので、
そちらも使いたいという人は手元に残しておこう。
旧版はゲージ効率低下と防御力低下の無い「極」のようなものなので、
基本性能は旧版の方がかなり高いといえる(いわゆる隠し剣質並みの性能)。

+Ildanaf氏製作 二幕アレンジ仕様
Ildanaf氏製作 二幕アレンジ仕様

前述のホタリュソ氏のものの改変版。現在の動画ではこちらが主流となっている。
剣質選択が追加されており、特殊テクニックの「裏贄」までも追加してある。
基本的には原作と同じ構成だが乱舞奥義が一幕仕様な為、
剣質技時の使い易さが原作より高くなっているのはご愛嬌(一幕乱舞はコンボに組み込める)。
またそこ以外にも、必殺技の硬直短縮や部分無敵の追加、攻撃判定拡大、ゲージ効率上昇に根性値の強化等、
アッパーアレンジされている部分がある。
AIレベル設定可能なデフォAIも搭載されており、どの剣質を相手にしても
剣質に合わせた立ち回りをしてくるので、なかなか手強い(状況次第で裏贄も見られる)。
また、AIレベルとは別に弾き率の調節も可能だが、
最終弾き使用確率がAIレベル+弾き率という仕組みの為、AIレベルが最大だと弾き率が一桁でも結構な頻度で弾いてくる。
弾き一辺倒を防止するには負の数を弾き率に入れるといいとのこと。
また、通常版守矢のみガードキャンセル率も設定可能だが、その他のキャラに関しても設定法方がブログに公開された。
作者曰く、ガードキャンセルのデフォの設定値が高めなので、最終確率が10くらいが丁度いいとのこと。

ちなみにAI戦をさせる分には、無明剣の昇華のし難さがAIには関係ない等から、
剣質「力」でも「技」とさして変わらない強さを見せるので、
動画などでは「力」・「技」どちらの剣質で出しても良いだろう。
この他鷲塚とのタッグ用AIも追加されている。
かなり息の合ったコンビネーションを見せてくれるので、今後のタッグ戦にも期待したい。
余談ながら、このタッグAIは当初組み込んでいたいくつかの連携を削除しているそうである。
というのも、小技ヒットやガード不能連携からHP150%設定の相手が即死する連携など、あまりに強すぎたからとか。
この封印された連携が日を浴びる時は来るのだろうか?
Yahooブリーフケース終了により他のIldanaf氏のキャラ同様入手不可であったが、2014年に氏のサイトにて他の月華キャラと共に再公開された。

+Ildanaf氏製作 マスター仕様
Ildanaf氏製作 マスター仕様

こちらは氏の他のマスター版同様、ゲージの自動増加と瀕死時におけるHP回復能力、
虚空殺の昇華対応や瞬塵への無敵時間を付与など様々な強化がされたもの。
マスター版限定の隠し剣質は『誅』。
やたら繋がる技とゲージ回復を合わせた超火力は小次郎でも健在。やはり凶クラスの力を持っている。
なお余談であるが、氏は作成中にマスター鷲塚とのタッグAIを一度搭載してみたそうだが、
自動ゲージ回復二人分+昇華可能状態では通常版の1.5倍以上の火力になってしまい、
幕末故致し方無しでは済まないレベルの危険性を持ったため削除したとのこと。
世に解き放たれなかったことを安堵すべきか惜しむべきか。

+Ildanaf氏製作 Bstyle仕様
Ildanaf氏製作 Bstyle仕様

こちらは氏の他のBstyle版同様に、マスター版を基に作成されている。
主に追加された項目は下記。

1.基本防御力の増加
2.移動技「瞬塵」が出始めから終了まで完全無敵
3.誅ゲージ追加
4.誅ゲージ満タンで最終奥義「最終・狼牙・零」使用可能
5.投必殺技「天地」からの追加技に「乱舞奥義」が使用可能
6.鷲塚ゲージが追加され、ゲージ消費で鷲塚をストライカーとして召還可能

基本性能はやや劣化したコンパチ鷲塚といったところだが、
独自設定として特殊ゲージ「鷲塚ゲージ」が搭載されており、それを使用したストライカー戦術が使用可能なため、
総合的な強さは、デフォ設定では鷲塚 B style とほぼ同等の強さ。
他の B style キャラ同様に狂下位を中心とした今後の活躍が期待される。

鷲塚ゲージは、サムスピの怒りゲージのようにダメージを食らうごとに溜まる独自のゲージで、
ゲージが溜まる要素は被ダメージのみで、自分からゲージを貯める手段は存在しない。
ゲージを使用することで、鷲塚をストライカーとして召還可能。

デフォ設定では、ゲージは500ダメージごとに半分溜まり、1000ダメージで満タンになる。
ゲージ満タンになると余分にためることはできないため、満タンになってからの余剰ダメージ分はゲージに変換されない。
ゲージの使用量はデフォ設定では、通常ストライカー(狼牙もしくは虚空殺)を召還するのにゲージ半分消費、
超必ストライカー(真狼牙)を召還するのは全ゲージ消費。

くらい中に出して相手の連続技を防止したり、自分の連続技を継続させる目的で使用するのが主な使い道。
崩しにも使えないことはないが、基本設定だと使用回数が1ラウンドに2回以下とかなり限られているため、崩し目的では使い難い。

鷲塚ゲージの溜まりやすさやストライカー使用時のゲージ使用量は任意に設定可能なため、
設定次第ではストライカーを封印することも、逆に呼び放題にすることも可能。
調整次第で強さの幅に変化を持たせられる
(AIレベルが最大なら、ゲージ自動増加なし・ストライカー封印だと凶上位、お手玉解禁・ストライカー使い放題だと狂中位クラスになる)。

なお、1画面内に召喚可能な鷲塚の上限を撤廃して鷲塚を大量召還する隠しモードも存在し、狂中位に到達する。
更新時に隠しモードの設定方法が明かされた。
具体的には「鷲塚ゲージの蓄積量設定を1000以上」かつ「鷲塚ゲージの消費量を0」に設定すると隠しモードになる。

また、最新の更新によって、鷲塚ストライカーを封印する設定にした時と、前述の隠しモードに設定した場合は、
鷲塚ゲージの形態が変化し、視覚的にモードの変化が分かる様になった。

+ドロウィン氏製作 アレンジ仕様
ドロウィン氏製作 アレンジ仕様

現在はフリーティケットシアター終了によるリンク切れで入手不可。
やはりというかなんというか単発火力の低いコンボゲー風アレンジ。
ゲージ技を絡めても2割減るかどうかというほど安い(というか超必の威力が非常に低い)ため、
空中で当てると壁吹っ飛び状態にして壁コンに移行できる6Zの使い道が肝要。
ここから起き攻めや受身狩りなどでペースをモノにしていきたい。
その他システムにはメルブラのサーキットスパークやサムスピ零の無の境地、
そして一撃必殺技が存在するのが大きな特徴。
3回弾きを成功させると一撃必殺準備が使用可能になり、
上記の6Z吹っ飛ばしからキャンセルして繋がるため当てるのは比較的容易。
ちなみに弾きを成功させるたびというどこかで見た字が背景に浮かぶ。
デフォルトでAIが搭載されており、すさまじい超反応で弾きを成功させていく。
ヒット確認からのコンボをガンガン決め込み、一撃必殺も容赦なく使用するなど、
本来の低火力ぶりをものともしない強さを持つ。

+HAL氏製作 二幕再現仕様
HAL氏製作 二幕再現仕様

月華キャラAIと再現製作でおなじみのHAL氏による、2015年4月5日に公開された真田小次郎。
同氏作の守矢と同じく、二幕の仕様と性能をほぼ再現しており、完成度が非常に高い。
ガード硬直短縮バグや勝利メッセージ、限界ダメージの有無等の多数の設定から始まり、
無明剣贄時にステージ開始地点に座標が戻る仕様まで再現されている(設定でON/OFF可能)。
当然裏贄も可能。

AIは未搭載だが、お家氏によるAIパッチが2015年4月29日に公開された。
AIレベルの他、AIのタイプ(対人、対AI、アンチAI)やガード精度を設定可能。
力剣質では主にJBによる飛び込みからコンボを狙ってくるが、
裏贄をさせたいというAI製作目的だったためか、技剣質では裏贄使用可能となると、始動となる乱舞奥義を連殺斬から露骨に狙ってくることも。
それ以外でも連殺斬から無明剣贄をしっかり繋げてくる為、総合的な強さでは極>技>力という感じになっている。

+大垣氏製作 真田小次郎(兄)
大垣氏製作 真田小次郎(兄)
こちらはよく見る妹の香織ではなく、PS版一幕の隠しキャラで出た本物の真田小次郎。
原作のままだとスプライト枚数が非常に少ないのだが、鷲塚のグラフィックを基に大幅に書き足されていて、
見た目的に全く問題無い状態まで動けるようになっている。
性能も元は鷲塚の完全コンパチ性能だったが、狼牙の代わりに無明剣を使うなど少しアレンジされている。
2015年1月3日に二幕システム準拠でリメイクされた。
こちらも基本的には鷲塚のモーションだが、妹版無明剣の突きやイントロモーション等が新規描画されて一層兄妹っぽさが出た。
技構成も多少変化し超奥義が真狼牙ではなく無明剣・贄となり、最終狼牙のモーションが狼牙零のものとなった。

コンボレベルや行動・ガード・弾き確率が設定可能なデフォルトAIも搭載されている。
始動方法が変わったがこちらの小次郎も裏贄が可能 確定場面は少ないもののAIもしっかり行ってくる。
旧版の真田小次郎紹介動画
リメイク版真田小次郎紹介動画


この他、熄 癈人氏が改変した殺戮スタイルやドット改変で『るろうに剣心』の沖田総司が製作されている。


出場大会

シングル
タッグ
チーム
その他
削除済み
更新停止中
【マスター小次郎】
削除済み
【真田小次郎(兄)】
更新停止中

出演ストーリー