月宮あゆ

「うぐぅ、あゆあゆじゃないもん……」

プロフィール

『Kanon』のメインヒロインであり物語のKey。主人公の祐一が商店街で7年ぶりに再会した少女。「つきみや-」。
誕生日:1月7日 血液型:AB 身長:154cm 体重:41kg スリーサイズ:B80/W52/H79
たい焼きが大好物で、一度食い逃げ(正確には財布が見当たらず混乱して逃亡)をはたらいたこともある。 バカヤロウ客見て商売しろ!

(ちなみに先述の再会はこの食い逃げて逃亡している最中に衝突したことがきっかけ)
見た目的にも性格的にも「小学生ぐらいの男の子みたい」と言われるほどに子どもっぽいことを気にしており、祐一によくからかわれている。
お化けなどが苦手で、ホラー映画はまともにスクリーンを見ることすら出来なかった。
また、多動癖、突進癖があり通常時でもよく背後からぶつかってくる。

いつも町で探し物をしているが、本人ですらその探し物が何なのか分かっていない。
利き手は左手、朝食を作ろうとして黒こげにしているなど料理は苦手なようだ。
ただしやる気だけはあり、一度やった失敗を二度は繰り返さないため
名雪からやり方を聞いた2回目は風邪をひいた秋子さんのために何とかおかゆを作っていた。
それを以て「苦手なのではなく、やり方を知らないだけ」と称する人もいる。うぐぅ。
でも食い逃げは二度やってた?聞こえんなぁ

+ 原作ネタバレ

いわゆるボク少女で口癖は「うぐぅ」。ダッフルコートと羽のついたリュックが目印。
通称「あゆあゆ」「うぐぅ」「たい焼き娘」などなど。
声優は『ToHeart』のマルチや『ひぐらしのなく頃に』の羽入役などで有名な堀江由衣女史。

+ 口癖『うぐぅ』について

なお童顔、低い身長、子供っぽい性格に服装とロリキャラと思われている事が多いが、実際のところ身長はそこまで低くなく
(『AIR』の霧島佳乃より少し小さく『CLANNAD』の伊吹風子より高い。『Kanon』のキャラは名雪を始めとして全体的に身長が高いために小さく見える)、
さらにコートの下はさりげなくなかなかのボディスタイルの持ち主だったりする。
(単に3サイズだけ見るとたいした事はなさそうに見えるがコートを脱ぐとセーターの上からでも膨らみがはっきり確認できる。ちなみに身長比からするとDカップ相当


Eternal Fighter Zero』での性能

特殊システム等は持たないが、非常に高い防御能力を持つキャラ。
各種切り返しが豊富な上に食らい判定自体が小さいため各種コンボが決まりにくいor専用の安いコンボの使用を強いることができる。
そのため無理に飛び込まずじっくりと戦う待ち戦法がこのキャラの対戦スタイルとなる。
ケーブルロック・ハワードの技がモチーフの一部になっている。

素早い歩行、二回可能な空中ダッシュや飛行など機動力にも優れており、飛行を使った表裏二択など機動力を生かした起き攻めが強い。
ただし、ダッシュはホバーダッシュなので地上機動力は歩行に依存。
地上戦はかなり強いのだが地上ダッシュがホバータイプのため地上からは切り込めない。飛び道具もないのでじっくりと戦うことになる。
また先述のように切り返し手段が豊富で、半身無敵(RF版は全身無敵)の『しゃいにんあろー』やLv1から発生直前まで無敵のあるES『光の翼』を持つ。
RG、被起き攻め時はもはやじゃんけん状態で、ここで読み勝ってダメージを取っていくのがあゆの戦闘スタイルである。
『光の翼』Lv1はガードされてもICすればノーリスク、ヒット時は補正が小技並なのでそこからのコンボで半分近くのダメージを与える追撃が可能。
ただし当たらなかった場合はICもクソもないので反撃確定。過信は禁物だが優秀な選択肢である。
接近戦の能力は高く、対空や牽制技は強力。反面、遠距離攻撃を何一つ持たないため、
遠距離攻撃持ちのキャラからじわじわと削られて死んでしまうことも。
最も初期の体験版から存在するキャラクターであり、と共に何回も性能が変わっているにも関わらず、総合的にはやや上位に位置するキャラクター。
当初から無双状態で数々のバージョンアップを経て調整されてもその強さは健在である。
なお、性能だけではなくグラフィック的にも変更が多く、ぐるはねスピンやたい焼き投げなど使用不能になった技もかなり多い。

参考動画

余談だが、『EFZ』を製作した黄昏フロンティアが後に製作した3D対戦アクションゲーム『ひぐらしデイブレイク』では
中の人繋がりからか羽入があゆそっくりの技をいくつか使用する。
ご丁寧にも『ひぐらし』原作アニメ版およびPS2版と同じ声優に「あうあうあう~っ!そこのひとどいて~っ!」(「あうあうあう~っ!」は羽入の口癖)
と言わせるあたりは流石オマージュに定評ある黄昏フロンティアというべきか。


MUGENにおけるあゆ


人気キャラゆえか多数製作されているが、何故かKanoso版も多い。
+ 漆黒氏製作
+ 586氏製作 原作最新版再現
+ 烈空氏製作 「月宮あゆ&神尾観鈴&長森瑞佳」
+ 水影氏製作 『EFZ』体験版仕様
+ gu氏製作 東方緋想天アレンジ
+ イヨ氏製作 「月宮(つくみや)あゆ」
+ 漆黒氏製作 「あゆあゆ」


+ 動画・戦績ネタバレ


出場大会

+ 一覧

出演ストーリー



+ おまけ