牙神幻十郎




           流派 : 古陰一刀流
           武器銘 : 名刀・梅鶯毒(ば い お う ど く)
           出身地 : 山城国 安城村
           生年月日 : 宝暦十年(1760年)
                              六月九日 巳の刻
           身長 : 六尺 (約182cm)
           体重 : 二十二貫目 (約83kg)
           三体数 : 不明
           血ノ型 : AB型
           家族構成 : 殺したと語る
           好きなもの : 博打
           趣向 : 遊郭巡り
           嫌いなもの : 善人
           特技 : 千人切り (男女問わず
           コンプレックス : ないと語る
+ 

    「その笑顔、斬らずにはおれんな」

+ 剣サムイラスト

サムライスピリッツ』 のキャラクター。「きばがみ げんじゅうろう」。
真サムで初登場し、それ以降のシリーズ皆勤賞を誇る覇王丸のライバル。
名刀・梅鶯毒という、色々と問題のある名前な刀(その他プロフィールも色々とry)を持って戦う。

上掲のニュートラルポーズの立ち姿は、背中でなく胸の方をプレイヤー側に見せるように立った場合、覇王丸の構えにほぼ近い姿勢になっているのが想像できるだろう。

設定

父親は不詳、母親は狂人という厳しい環境で育ち、最終的には内縁の夫となった養父と母親を共々殺害、
そのとき母親に背中を切りつけられる。あの傷跡はそれが元。
その後、放浪した後花諷院和狆の元に師事、しかし邪悪な魂を看破した和狆により破門される。
覇王丸とはその頃からの縁である。
破門された後は各地を放浪しつつ用心棒稼業や人斬りを生業とし、殺した数は200を優に超えると言われる。

『真サムライスピリッツ』では羅将神ミヅキに人斬りを依頼されていたが最後の最後で裏切り(元からそのつもりだった)、
結果として覇王丸を助けた。
その後もストーリーやEDなどで覇王丸と相対したりいつかケリをつける素振りを見せ、
最終的にはポリサム二作目のアスラ斬魔伝のEDにおいて覇王丸との最終決戦の際、止めを刺そうとする。
しかしそこで幻十郎の背に彼に父親を殺された子供の刃が突き立てられ致命傷を負い、
その後覇王丸が、このような状況となった自身に肩を貸し、そのまま息絶える・・・
と思いきや、その甘さを呪い、覇王丸を突き倒し刀を眉間に突きつけ、
「殺し合う相手に情け…甘いぞ、覇王丸!!お前のそんなところが…昔から…。」
と斬りかかろうとした所で絶命した。

ネオジオDJステーションではその辺の設定を受けて「死んだ様に見せかけて、ぶ~らぶらしている」。
また、お笑い大王としても有名。

今までの格闘ゲームキャラになかった
アンチヒーロー的なライバルという設定と外見的な格好良さ、
キャラ性能や声が実にマッチしていた事などなどの理由により、
本来覇王丸のライバルの位置にあった橘右京を越える人気を得た。
また花札をモチーフとした技の演出もシンプルながら非常に見栄えが良く、
演出面のセンスの良さは特筆すべき点であろう。

まだキャラボイスが本格的に普及していなかった登場当時としては
やたらとよく喋る(というより叫ぶ)ことが話題になった。
それまでは必殺技の時に技名を言うか、ダメージ時やダウン時の悲鳴、
勝利時の短い勝ち台詞くらいしかなかった格闘ゲームに
新たな風を呼び込んだ革新的なキャラといえ、後のゲームに及ぼした影響も小さくない。
バクステでも「どぅりゃああー!」と叫んでいたのは語り草になっている。

その結果か、真サム以降家庭用である蒼紅を除き皆勤賞。
その人気からか、単純に作者が好きだからか、『るろうに剣心』の志々雄真実の若い頃の姿がまんま幻十郎である。
それ以外でもSNKと「るろうに剣心」の和月伸宏との関係はかった、ここでは割愛。

ちなみに特技を見れば分かる通り、両刀である。
しかし時代背景を考えれば男色(衆道)はとりわけ特異という訳でもなく、あまりネタにはされないようだ。
(有名処で「信長×蘭丸」とか。
 え、濃姫の立場?もともと武士の衆道は「戦場に女 連れていかない 」と言う不文律からなので問題はない)
そもそもプロフィールが全体的に直接的な意味でアダルト+それが似合うキャラだからというのもあるかもしれない。

さらに余談だが、公式ギャルゲー『Days of Memories』の第3作『大江戸恋愛絵巻』にはバッドEDの一つとして、
+ 幻十郎EDというのが存在する。(アッー!注意)

なお、赤毛だったりライバルを執拗に殺そうと追いかけてたりと八神庵とは共通点が散見されるが、
『KOFXIII』家庭版では炎を取り戻した庵に台詞をパクられた(「その笑顔、斬らずにはおれんな」→「その笑顔……焼き尽くさずにはいられんな……」)。
ただし庵の場合、言った対象があいつなので言いたくなった気持ちは分からなくもない。
そんな二人が顔を合わせると…「「気に入らん…殺す!」」である。 多分同族嫌悪。

性能

ゲーム中では花札をモチーフとした必殺技を主に使い、どの技にも殆どの場合花札のエフェクトがつく。
猪鹿蝶(三連殺)、五光(五光斬)、桜(修羅の桜、羅刹の菖蒲)など。
通常攻撃は覇王丸と似通っている部分も多く、同門であることを伺わせる。力の覇王丸、技の幻十郎といった按配か。



「一つ!二つ!三つ!

     でぇやぁぁぁぁ猪鹿蝶!」
真サムでは立ち・屈み弱・中斬り、遠立ち弱蹴りなどで牽制しながら、垂直J強斬り・遠立ち強斬りの直撃や
「三連殺」での連続技・起き攻めを狙う、テクニカルな覇王丸という感じの性能。
ただし最も牽制に適した屈み中斬りは跳ね返りの隙が非常に大きいため、
ガードされたときは「桜華斬」キャンセルなどで臨機応変に隙を消さなければならないが、
このキャンセルをかけるタイミングが妙にシビア。
一見対空に使えそうな「光翼刃」は実際は全く使い物にならない地雷技で、対空はJ中斬りや垂直J強斬りの空対空が主になる。
また牽制を前転や伏せで潜られやすいため、ちょっとした不注意から致命傷をもらってしまうのも欠点。
三連続入力技の「三連殺」は相手との距離や出したボタンによって判定が発生するタイミングが変わる
(すれ違う前に斬るか、すれ違った後に斬る、つまりめくりの形になるか) という特殊な性質を持つ。
この性質を利用した表裏二択が立ち回りの要となり、追加入力の弱中強選択も含め、的確な使い分けが求められる。
決まれば気絶も狙えるため魅力的な技だが、ただし追加入力のタイミングがこれまたシビア。
入力が遅れるとガードが間に合うため、ミスると硬直中にカウンター強斬り一発で手痛い反撃をもらうことになる。
他にも画面端を背負っている相手には繋がらない、コマンドの関係で暴発しやすい「光翼刃」が出ると三途の川が見えるなど、
成功すればリターンは大きいがリスクも大きいという、文字通りの「博打」技である。
そのため場合によっては二段目「角」ですれ違った後「燐」に繋がず仕切り直す通称「轢き逃げ」や、
ローリスクローリターンなダッシュ投げを選択するのも吉。
また武器破壊技「五光斬」は本作中最強と言っても良いほど性能が高く、覇王丸と同様怒りやすいため回転率も良い。
さらに 屈み強斬りor屈み中蹴り → 遠立ち強斬り というやヴぁい威力のキャラ限定連続技が
右京幻庵シャルロットチャムチャム狂死郎といった強キャラ陣に対してことごとく入るということもあり、
一発逆転要素の高い上位キラーとなっている(ただし攻めはあまり得意ではない)。
ちなみにこの連続技は最弱キャラであるナコルルにも入ってしまい、
アンヌムツベを1回でもガードしてしまえばその時点で勝ちが確定してしまったりする。
こうしたゲーム中の性能とキャラクター性との見事なまでの一致が、当時の幻十郎人気の爆発の大きな要因となった。

斬紅郎無双剣では極端に性能が強化、修羅時は「三連殺」が繋がり易い&返し刃追加で「五連殺」になる他、
通常技キャンセル「雫刃」(コマンド投げ)で当て投げつーか投げハメが出来たり、
羅刹時の「裏桜華・菖蒲」による固め+中下段の二択、それが決まるだけで気絶など、最強キャラの一角となってしまった。
分かりやすい斬サム永久・即死コンボ (裏回って)桜華斬×n
+ 参考動画:斬サム

天草降臨では調整の結果、「強キャラだが安定しないテクニカルキャラ」という位置を得た。
修羅は「三連殺」、羅刹は「裏桜華」を絡めた怒涛の攻めが相変わらず強力だが、これらを確定させるまでのプロセスが重要で、
使いどころが全く無い技「紅」と「紫暮」のコマンドが変更された結果、暴発に悩まされることとなる。
投げハメも出来なくなったものの、危険なコンボは割と残っているので自重しなければ簡単にゲームを終了させられるのだが…。
分かりやすい天サム永久コンボ (14連斬12斬止め → 弱桜華斬)×n
                     引っ張り → ダッシュ中斬り×n
ちなみに対破沙羅では「桜華斬」「光翼刃」とバサラウィルスを発症させ、そのまま永久に入り続ける技を2つも持っており、
引っ張りが決まった時点でほぼ確実に破沙羅をあの世に送ることができる
さらに羅刹幻十郎は 「裏桜華」(ガード跳ね上げ)→回り込み という確定バサラウィルス連係も持っており、
一部では「破沙羅殺しのスペシャリスト」「破沙羅を浮かすために生まれてきた」などと言われていたり…。

零、零SPでは壊れていた部分が上手く調整され、引き続きハマれば強いが扱いが難しい強キャラというポジション。
そのせいか使用している人はかなり少ない。
闘劇などでも5強に近い位置にいると思われたのだが、やはり安定しないことが災いしてか、ベスト8まで残ることはなかった。
有名プレイヤーは猪鹿課長、うめちんなど。闘劇本戦ではこの二人の幻十郎対決が期待されたが、残念ながら実現しなかった。
ウメハラの使用キャラでもあったようだ。
+ 参考動画:零SP(Youtube)

天下一剣客伝では何もかもが弱体化された結果、ほぼ最弱に近い位置に。
具体的には「桜華斬」(正確には「裏桜華」だが)の発生鈍化、食らい硬直短化、「光翼刃」の威力低下、コマ投げの「雫刃」消滅、
通常技の発生鈍化(特に対空の要である垂直J大斬り)、中段技であった近立ち蹴りがただのヤクザキックに(中段はコンパチのこいつに奪われた)、
コマ投げの代わりに追加された浮かせ技「酒振舞」もガードされると隙だらけ、しかも「桜華斬」とコマンドが被る
武器飛ばしもほぼ連続技用にしか使えないほどに性能劣化、秘奥義「鬼面割り」も最後までヒットさせて受身を取られると反確…などなど。
更にCVが桑田氏から氏に変更され、真サムを意識しすぎたのか 非常にチンピラっぽい声になってる せいもあって
使う人が激減と、色々と厄が憑いてまわっていた。せめて六番勝負バージョンがアーケードに出ていれば…

SVCではKOFキャラを差し置いて獲得した打撃投げ月華斬」が猛威を振るったGCステップを封殺でき、そのカウンター的存在として調子に乗ってた相手を斬り捨ててやれていた。
が、如何せんSVC自体の盛り上がりが微妙だったため地味に終わる。
NBCでも出場しているが何か影が薄い。月華斬も雫刃のような投げ技に変わって追撃できなくなり、使い勝手が変わってしまった。
どちらも声は真サムっぽくて良いのだが…。

+ RPG


MUGENにおける牙神幻十郎

+ Tin氏製作
+ 3㌶氏製作
+ E-FRY氏製作
+ capuchino氏製作
+ TightRiam氏製作
+ アリ氏制作
+ Noobic cube氏制作
+ SABA(旧ファンタズマ)氏制作


他にもkgenjuro氏(サムスピ風)、ActJapan氏(SVC)のものが製作されていたがいずれも公開停止。


+ 大会ネタバレ




 「この阿呆がッ!」

出場大会

+ ...

出演ストーリー