一条あかり



「GOODや!」

流派: 一条流陰陽術(見習い)
武器:幣帛(へいはく)「明暗」
生年月日: 嘉永3年9月26日
年齢: 13歳(一幕)、14歳(二幕)
身長: 4尺6寸(140cm)
体重: 計測できず*1
目的: 地獄門の調査
宝物: エングリッシュの辞書
趣向: 鈴収集、昼寝
特技: エングリッシュ(だと思っている)
利き腕: 右
好き: 勉学
嫌い: お饅頭、お茶
キャッチコピー: 小さな陰陽師 -Magical Little Girl-

月華の剣士』シリーズに登場する陰陽師見習いの少女。声優は麻績村まゆ子(現・おみむらまゆこ)氏。
NBC』や『ネオジオヒーローズ』では『月華』時代とかなり声が変わっているが、声優自体は変わっていない。
ただし、パチスロ版『月華』のみ設定年齢が上がった事もあってか、植田佳奈氏が担当している。

13歳(『二幕』では14歳)という幼さながらも、類稀な才能で様々な式神を使役する。
使役されている大半が式神とは思えない等と言ってはいけない
よく間違えられるが、陰陽師であり巫女」とは別物である。
明るい性格で、負けず嫌い。居候である神崎十三の世話を焼いてはお姉さんぶっている。
また、少し無鉄砲なところもあり、父から地獄門の調査 だけ を命じられたのに、すぐさま元凶退治に切り替えたり(『一幕』)、
姉・ひかりの病気の原因を地獄門と勝手に決め付けて家を飛び出したり(『二幕』)している。
なお、ひかりの病気はただの風邪だった。

関西弁八重歯アホ毛と、外見と設定だけならギャル格ゲーに登場してもあまり違和感が無さそうなキャラ
実際、原作における彼女のストーリーは、全体的にシリアスな作品全体の中で一種の清涼剤として機能していた。
一幕ではEDで四神に認められ、その力を預かることになるなどシリアス面もあったのだが、
二幕では完全に『 ギャグ・オチ担当 』になってしまった。*2
斬殺KOの際にも身代わりの人形が斬られるため、命は落とさない。
頂上決戦 最強ファイターズ SNK VS. CAPCOM』や『NEOGEOギャルズファイターズ』、
ネオジオバトルコロシアム』(以下『NBC』)、STGの『ネオジオヒーローズ ~アルティメット シューティング~』にも
プレイヤーキャラとして参加している。

SNK作品では初の 関西を話す女性キャラ だが、
原作が他のSNK作品と比べるとマイナーなせいか、あまり認知されていない。
まあ二人目はまたさらにマイナーなのだが…。

「のーぷろぶれむちゅーやっちゃ!!」




好きなものは 『勉学』 と見かけによらず結構しっかり者。
(ただ、本の読みすぎで大切な物の1つに『特注の眼鏡』と挙げるぐらいの
 ド近眼になっている。実際、一幕EDの将来像でも眼鏡を掛けている)。
外国の言葉、「えんぐりっしゅ(英語)」に強い関心を持っており、
作中の彼女の台詞や会話の所々に織り込まれている
日常会話程度は話すことができるらしいが、作中彼女がちゃんとした英語で話しているシーンはない。
『NBC』ではも使い始めている。

好きな食べ物は「黒糖味のカステーラ」と「ミルクたっぷりの珈琲」。
逆に、嫌いなものは「お饅頭」と「お茶」。
……あらゆる意味でどこぞの紅白と気が合うことはなさそうである。
『NBC』ではあかりも紅白*3なのに……。
まぁ、片や神道、こちらは陰陽道なので、それらを抜きにしても反りが合いそうにないのは
仕方ない。その割にこちらは「御幣(神道の祭具)」を振り回していたり、
向こうも陰陽術的な技を駆使するが。

なお、 嫌いとか言ってる癖に、挑発モーションで思いっきり饅頭を食っていたり、
勝利時にお茶を飲んでたりする。 つまり落語のアレである。御粗末様でした。

ついでに彼女の好きなタイプの男性は御名方守矢、『NBC』で共演したロック・ハワード 面食いである。
覚醒前の楓に対しては「もう少し修行して強くなったら、付き合っても良い」との事。
覚醒後は「異人みたいで格好良いし、あんな風になりたい」とPS版第一幕のキャラ紹介で明言している。
ただし小説版にて、覚醒前も好みである事を言っている。
+その様子
以下、いずれも嬉野秋彦『幕末浪漫 月華の剣士 上:青龍変生』(ファミ通文庫)より抜粋。
「……兄ちゃんなかなかの男前やなあ。ウチのたいぷやわぁ……」
(56ページより)

「黙っとれって……あンなあ、ワシは楓のためを思ってゆうとるんやぞ? いざっちゅう時に自分の身ィひとつ守れんでー」
「しゃらっぷや! 兄ちゃんはウチが守ったるさかい、このままでええの!
  何や知らんけどついつい守ってあげたくなるっちゅうか、世話ぁ焼いてあげたくなる っちゅうか……
 兄ちゃんのそういうトコがええやんか。ウチなあ、そういうたいぷ、わりかし好みなんよ」
(70ページより)

楓の事はドラマCDでは「楓ちゃん」と呼んでいる。小説では「楓兄ちゃん」。

PS版第一幕では十三と一緒にキャラ紹介をしている。セーブデータのアイコンもあかりである。




また、PS版ではイタズラ好きののポン太が化けた「一条あか狸」が
隠しキャラクターとして使用可能。ただし化けた姿は尻尾が出てしまっている。

ポン太はイタズラのためにあかりを閉じ込め、あかりに化けて旅に出る。
ちなみに「ポン太」という名前が示す通り オス。 何故か土佐弁を使う。
エンディングではやはりというか、あかりに追いかけられている。
勝利台詞ではに対して「好みのタイプ」と言っている。

格ゲー以外のあかり

+DOMでは……
SNK公式ギャルゲー『Days of Memories』では第9作『世界で一番熱い冬』に登場。
時代設定は現代だが、ミナが高校生として出ているようなシリーズなので、あまり気にしないように。
地獄門の開放を企む羅将神ミヅキ(と勝手にその仲間だと思い込んでいるナコルル)を追って京都からやって来た陰陽師の少女。
外見・性格共にほぼ原作のままなので意外と違和感は小さいが、「えんぐりっしゅ」の技能もそのままなので
現代ではむしろ不自由な部類に入る というのが大きな違いと言えなくもない。
外見に関しては、同作のキャラデザ担当が月華のイラスト担当と同じTONKO(現・せんのあき)氏なので
ある意味当然と言えば当然だろうか。

なお、彼女のシナリオのラストでは主人公のあだ名が 「ヘタレスケベ」 から 「ロリスケベ」 へとランクアップする。
だからどうしたという話ではないが。

+STGでは……


アーケードゲーム『KOFスカイステージ』も収録した
『ネオジオヒーローズ ~アルティメット シューティング~』にて、自機キャラとして登場。
遂にどこぞの紅白と同じステージに立ってしまったよ!

+そして……
なんと主役に抜擢された。
パチスロ『幕末浪漫 月華の剣士外伝~あかりと七つの妖珠~』というタイトルで、
月華の設定からさらに4年経ち、18歳となったあかりが活躍する内容となっている……のだが、
月華一幕のエンディングで示された成長したあかりとはまるで違う姿にファンはこぞって「誰!?」となったのであった。

月華一幕エンディングではこうだったのが……

こうなったのである




原作での性能

戦闘スタイルは式神を操ったり、泥田坊や清姫などの妖怪たちを呼んで攻撃したり、
紙の人形(ひとがた)を相手の姿に化けさせて、一定時間相手と同じ姿になるコピー技を持つなどテクニカルなキャラクター。
しかしテクニカルな部分は裏を返せば「知られたらおしまい」なわけで、現在の対戦では六合以外の妖怪を見ることはほとんど無い。

「力」と「技」では狙いが明確に異なるキャラクターである。
「力」では地上ではリーチの長い2Aをチクチク振りつつ、暴れ潰しの特殊技「符呪・唱閃」や飛び道具を絡めつつ体力を削っていく。
そして強判定を誇る対空の「天文・星の巡り」から、異常なゲージ回収量を誇る追加技「天文・転ずる北斗」でのゲージを回収し、
ゲージが溜まれば「掲げし北辰」から昇華して「式神・六合」を狙っていく。
「式神・六合」の威力は相当な物で、一発一発が非力なあかりとは思えないほどの体力を持っていく。
どちらかというと守りの方が強いので、守りながらワンチャンを拾っていくタイプである。

対して「技」は連殺斬がリーチが短いながらも総じて優秀であり、ほぼ全ての技から「符呪・唱閃」に繋げられ、
更にそこから小技が目押しで繋がるため、コンボの火力は非常に高い。
示源程では無いが連殺斬のディレイ猶予が長いためヒット確認しやすく、
上記の唱閃が隙消しに使えるため考えて振れば反撃を受けづらい攻めを組める攻めの自由度が魅力。
ゲージの回収量は「力」に劣るものの、乱舞奥義も確定ポイントがあり、
また連殺斬から普通に繋がる「式神・六合」も何故か「力」の時より減るため、ワンチャンスの爆発力も相当高い。
特に体力が減って点滅してからが本番で、「余裕で追い詰めたと思ったら2回六合を決められて死んだ」ということも日常茶飯事である。

狙いや動きは全く異なるものの、キーとなる技は両方とも「符呪・唱閃」である。
隙が少ない、判定が大きい、ノックバックがそこそこあるためガード硬直短縮からの反撃を受けにくい、目押しでリターンも大きいと至れりつくせりだが、
最大の特徴は「空中の相手にヒットしたら追撃可能な状態で浮く」ことにある。
これにより画面端で唱閃を当て続けるだけの永久が出来てしまい、斬鉄と共にこのゲームをズタズタにした張本人でもある。

ダイヤでは中の上から上の下と言ったところ。ただし永久アリだともっと強くなる。

ちなみに、彼女使用する武器は御払いに使う杖なのだが、
陰陽師とは仏教の聖職者に当たる職業であり、聖職者は宗教の制約上、刃物を使ってはいけないからしょうがない

「ホントニ、ヒドイネ」(10:10付近~)
また、余談だが勝利ポーズが結構ムカつく。

潜在奥義の「百鬼夜行」では妖怪達が勢揃いする。詳しくは後述。



「ええっ! もう終わりかいな!? よっわぁー」


+百鬼夜行の際に登場する主な妖怪たち
  • 一幕
白坊主、狂骨、輪入道、網切、猫又、油すまし、袖引き小僧、垢なめ、ぬっぺほふ、ぬらりひょん、丸毛、小豆洗い、畑怨霊、百鬼夜行絵巻の妖怪たち多数、一つ目小僧
  • 二幕
一幕の妖怪たち+一反木綿、河童、一本ダタラ、ナマハゲ、火取魔、お歯黒べったり、二口女
  • ネオジオバトルコロシアム



MUGENにおける一条あかり

二幕・NBCともにMUGENでは再現困難な仕様の技があるため、別の性能に置き換わって作られているケースが多い。

+M@PPY氏製作 二幕仕様
  • M@PPY氏製作 二幕仕様
現在は入手不能。
月華の剣士ベース。バランスの良いAIも搭載されており、ゲージが足りていれば
超奥義の「式神・六合」を積極的に狙ってくるため、それなりの強さを見せる。
+Roque氏製作 二幕仕様
  • Roque氏製作 二幕仕様
月華の剣士ベース。割と優秀なAIを搭載している。
しかし、まだβ版のためパワーゲージの初期最高値が1000しかなく、超必も搭載されていない。

+Ainotenshi氏製作 NBC仕様
  • Ainotenshi氏製作 NBC仕様
NBC版ベース。再現度も高く、優秀なAIも搭載されている。
また、双葉ほたるとのダブルアサルトが搭載されていたり、ブリスに対応していたりと、ちょっとしたアレンジ要素も加えられている。
+名無し氏製作 二幕アレンジ仕様
  • 名無し氏製作 二幕アレンジ仕様
Roque氏のものに超必殺技追加などの改変を加えたもの。
二幕をベースに、一幕の勝利演出やネオポケのギャルズファイターズの要素が加えられている。
原作での永久も再現しているが、Config.stで使えるかどうか決められる。
「劾鬼・百鬼夜行」は味方殺し技になっている。AIも氏によるものが搭載されている。
+アフロン氏製作 一条あか狸
  • アフロン氏製作 一条あか狸
スプライトこそあか狸だが、総合的な性能やシステムは二幕のあかりに近い。
またPS版のスプライトで枚数が少ない部分を、ネオジオ版のあかりに尻尾を加えて補っている。
完成度は非常に高いのだが、タッグだとちょっとしたバグが有り、
片方の相手に通常投げを行うとダメージ部分をなぜかもう片方の相手が喰らって、最初に掛かったほうはノーダメージ&吹っ飛ばないという不具合が存在する。
また一部のやられふっとびやダウンバウンド等に食らい判定が付けられていないので、特定のキャラ相手だとコンボが成立しない事も。
J・J氏とそーがん氏(現在は入手不能)のAIが公開されていおり、J.J氏は10段階に、そーがん氏は11段階にレベル調整可能。
+大垣氏作 NBCアレンジ仕様
  • 大垣氏作 NBCアレンジ仕様
うにゅほや月華仕様のキャラでおなじみの大垣氏作。
技構成はNBCベースなものの基本システムはKOFのADVモードへとアレンジされている。
超必殺を絡めたコンボではかなりの火力を誇り、NBCで出来た特殊テクニック「どどキャン」も高難度ながら可能。
NBCのドットが元だが、同氏のユリメイ・リーのように頭部が大きく描き替えられて表情豊かになっている。
ボイスもネオジオヒーローズのおっとり系に変更されており、月華のあかりとは大分印象が異なる。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm28700830
HAL氏によるAIが公開されている。
10段階にレベル調整できる他、どどキャン使用確率・成功確率・ループ回数や、
駆けつつ零閃使用有無の設定が可能となっている。
ちなみにタッグだと勝率よりも霊光陣で場を荒らす事に重点を置くようになり、
シングル戦とはまた違った動きを見る事が出来る。

上記の他にも、Fervicante氏、119way氏によって製作されている模様。


出場大会

+一覧
シングル
タッグ
チーム
その他
削除済み
更新停止中
【一条あか狸】

出演ストーリー



*1
『月華の剣士』並びに『NBC』共通の表記。『NBC』公式サイトに記載された開発スタッフによるQ&Aの返答によると、
計測当日に 一条あかりを名乗る鉄棒を持った大男が現れたため とのこと。

*2
EDだけで見るなら神崎十三天野漂も上げられる。

*3
『NBC』のあかりの服のデフォルトカラーは原作の『白と薄紫』ではなく『白と赤』になっている。